森ヒロシ建築設計所

close

ブログblog

三橋食品 @鎌倉市農協連即売所

オリンピックと丹下健三。

「丹下健三 1938-1970 戦前からオリンピック・万博まで」が湯島の国立近現代建築資料館で開かれています、こんな時ですが時間予約をして行って来ます。これは、都立旧岩崎邸庭園を見学して、おすすめです!

Pho RASCAL @鎌倉

クルマは移動する住空間である。

クルマは移動する住空間であると思う。旅や実家に帰ったときに借りるレンタカーに乗ったときの違和感、天井が意味なく高い、ルームミラーは前方不注意で上を見上げないとならない、天井が高ければいいという建て売り住宅的な車は住空間とは言いがたい。スポーツカーならギュウと詰まった感のある密な空間。ボクの車は頭が天井につくくらい密で、実に自分だけの空間を醸し出しているのがいいのです。狭ければ狭いほど燃えてくる空間、小屋と同じです!

追記 相変わらずおかしなフォントと改行、サイトが壊れています。ボクには手に負えないのでカマコンバレーに助っ人してもらいます、それまではInstagramをご覧く下さい!

https://www.instagram.com/morley_kamakura/

モデルナワクチン @七夕の竹芝

モデルナワクチン(職域接種)、お尻に打っていただきました、ウソです。ありがたいことです。前日届いた招待メール、アプリからすべてデジタル申請で翌日の予約出来たことに感動。紙の書類は問診票の一枚だけ。ゴチャゴチャした説明など問答無用。オフィスへの入館QRコード、ひとりひとりに割り当てられるWi-Fiのパスワード、館内の誘導はスムース、かわいらしいお掃除ロボットが走り回る、完璧でした。民間企業とバタバタの鎌倉市、この絶景でお仕事をする、かたや薄暗く机の上は書類の山。想像を絶するデジタルな仕事環境に驚き、痺れました。感謝するばかりです。

いのくまさんのニューヨーク散歩道

岡本仁さんと河内タカさん編集のタブロイド。ボクが生まれる前の異国が写った写真。街の色、構図、猪熊さんの視点に釘付けです。明日は一回目のワクチン接種、二回打ったら丸亀に行くかぁ。丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で杉本博司さんの「アートの起源」を見てから十年も経ってるんだ。バイクで行った高知県立牧野植物園に奥ちゃんが行きたいそうなので、9月は四国だな!

https://www.makino.or.jp

楽しい編集って何だ?、展

コロンと可愛らしい岡本仁さん。チラシのデザイン、色、間、どれも元美術部のボクは痺れている。鹿児島かぁ、実家の宮崎に帰郷したときの行くぞ!

https://open-air-museum.org/event/event-38894

ULALA IMAI+暮らしの手帖

今井麗(うらら)さんの生ハムメロンが表紙の暮しの手帖。編集長はうちを取材してくれた北川史織さん。食べたことないので、なんでこんな食べ方をするのか理解出来ませんが、燻製と甘み、想像は出来ます。やっぱり片手で本、片手でスマホは息を止めない撮れません。

ULALA IMAI EXHIBITION MELODY #3

葛西薫さんと都築陽さんが装幀した、MELODYの図録。岡本仁さんの投稿をマネして本を持って撮影、重くてユラユラとコレが難儀でね。まっすぐ撮ろうと、左手で本、右手でスマホはムリです。

https://art.parco.jp/museumtokyo/detail/?id=677

ULALA IMAI EXHIBITION MELODY #2

今井麗(うらら)さんの絵を見てきました。その日は奥ちゃまのお誕生日、ちょっと、いやかなり奮発して赤坂の菊乃井でおひるをして渋谷のパルコ。こんな時に、この絵に出会えて感動しました。と、ここまで書いて、リターンすると改行しない。このヴァージョンは直感では操作不能です、フォントもおかしいでしょ、ヤレヤレ。

ULALA IMAI EXHIBITION MELODY #1

ブログをご無沙汰しております、元気に設計しております。じつは、このサイトはワードプレスで作っていて、もちろん地元のプロの方にお願いして。システムのヴァージョンアップのお知らせが頻繁に届くのですが、使い方がかわるのが怖くてずう〜っとほったらかしておりましたが、何を血迷ったかポチッとしてしまったのです。で案の定、投稿画面が全く異なり直感では無理な状態。写真一枚なら、配置がずれますが投稿は出来ました。が、二枚以上は投稿できず納得がいきません。ということで、更新するのが億劫になってしまったのでした。そのかわりに、インスタグラムへ写真をジャンジャン投稿しております。無理して見ていただかなくてもいいのですが、お時間がありましたら、ココにいます。

https://www.instagram.com/morley_kamakura/

湯河原の現場 #2

That’s an amazing photo @根府川

湯河原の現場 #1

みかん小屋かな、ケロケロな煙突 @江之浦

お花のある暮らし。


毎日が、捜しもの #AirTag

朝、仕事場の席に着くとまず捜しもの。図面の山の下にペン、定規、消しゴムが埋もれている、たまにスマホも出てくる。プリントしたばかりの書類は、電話が掛かってきた途端なくなる。無意識にどこかに置いていたり、うらにメモしていたり。いちばん消えてなくなり大騒ぎするのが打ち合わせした図面やメモしたスケッチ、他の物件トレーに入っていたりする。出かけるときはおサイフ、メガネ、ペンを探すのが恒例行事。なので、これを財布に忍ばせることにしたのです。

AirTag https://www.apple.com/jp/airtag/

住み継ぐ、家 #BRUTUS 938

横須賀市の秋谷、海沿いの道路から山側にくねった道を上ると建っている、宮脇檀さん設計の住宅は、一目見てこじんまりとしたスケールですごくいいんです。1階は玄関周りがパックリ口を開けたかのような打ち放しコンクリート造、2階が木製の建具が整然と並ぶ木造。シンプルな形と対照的な素材感に痺れます。もうひとつは極楽寺の山の上にある建築家、武基雄先生のご自宅。大学一年生のぺいぺいの時に先生は早稲田大学建築学科の教授。鎌倉学生建築倶楽部で、きつくご指導いただいたのです。先生の奥様がつくったお昼ご飯をいただきながらの貧乏学生。その後、僕の奥さんは小町の名門喫茶「門」で、武先生にコーヒーをおだしし、そして先生は高田馬場にご出勤なのでした。どちらも新しい住まい手が住み継ぐ、幸せな建築なのです!

秋谷の家 https://bukkenfan.jp/e/6078720633640864776

旧武基雄自邸 https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kisya/data/2020/documents/20201009-2.pdf

柏餅 #こどもの日

こどもの日、酸味のある浅煎りのコーヒーと柏餅のツブ餡。季節ごとにさまざまな和菓子をつくる、ニッポン人はエライ!

@大町四つ角の、大くに

雲の上の台 #GITZO G2020

いちどハマると夢中になる、なりすぎてしまう困った性格。前から不満だった、三脚のセンターポールをウッカリ上げすぎると抜けてしまうことを改善させたい。外に持ち出してカメラごと落下なんて悲しすぎる、転ばぬ先の杖である。テープを巻く、やってみるといい塩梅、黒のテープじゃないのがイマイチ。ポールの底を観察していたらネジ切りがされている、なぜ。何かを付けるためか、古いパーツリストを探したら、ちゃんと抜け止めと三つの脚がセンターポールに干渉しないパーツが載っていた。恐るおそる検索すると、今も同じ型番で販売中、やはり長く使えるいいモノを持つべきだと、改めて考えさせられたのでした。

追記
PDFの形状と今の現物は進化しているのにもかかわらず、装着出来ることに感動します。

GITZO G1127MK2 https://www.gitzospares.com/pdfs/G1127/g1127-20040707.pdf

雲の上の台 #GITZO G1127MK2

ずいぶん前のこと、フェリーに乗って釧路湿原へ行ったとき、ジッツオの三脚で家族四人の写真を撮った二十数年もののお古。せっかちなので、三脚をすえて、構図を決めてという間が面倒なのですよね。庭のお花を新しいボール雲台を乗せて撮るうちに三脚愛が目覚めてしまいました。雲の台とは、仏像さまが蓮の花に乗っている台のこと。ニホン人はうまい表現をしますよね、英語ではヘッド、無粋です。雲台は進化しており、カックンと垂れないようにブレーキが付いていて、三百六十度ストレスなくカメラを動かすことができる。フィールドスコープで国際宇宙ステーションきぼうを追いかけることも容易になりました。次回は5月14日金曜日20:29、南西の空、仰角12°ですよ!

きぼう https://lookup.kibo.space/observation/tokyo/?t=1620991770000&s=1620991530000

GITZO https://dc.watch.impress.co.jp/docs/interview/brand/1160264.html

葉山のお花屋さん @SUNSHINE+CLOUD OHANA

お友だちのココロちゃんが4歳で亡くなり、せつない憲法記念日。葉山までお花を買いに行ったら強烈な渋滞。小坪のめしやっちゃんは大行列、逗子を通るのは諦めて16号線で横須賀、衣笠を経由して山側から下山口の裏道通ってやっと到着、みんな出かけたいんだよね!

OHANA https://kurashi-to-oshare.jp/life/56659/

あんみつ #錦市場の冨美家 vs 7&i

コーヒーブレイクは大切ですね。そしてお供のお菓子が肝心要、和菓子派なので大町四ツ角の大くにの豆大福かコンビニのあんみつがいいですねぇ。セブンアンドアイのあんみつは侮れません。伊右衛門監修の抹茶シロップをかけるあんみつがなかなかよろしいのです。右は、京都錦市場の冨美家謹製の甘味は味よし、お値段よし、見た目はジミでよろしいのです。京都から毎朝新幹線で届くのでしょうか、横浜高島屋で手に入るとは神奈川県民でよかった、なんて。

冨美家の甘味 https://www.kyoto-fumiya.co.jp/shopbrand/ct8/

7&iの甘味 https://iemone.jp/article/gourmet/iemone_editors_172279/

結婚記念日 @0502

なにもかわりのない一日。ですが、大切な三十七年目の結婚記念日。不安定な仕事を支えてくれ、感謝するばかりなのです、ありがと!

京都の味 @錦市場の冨美家

快晴で風少々の朝、今日からゴールデンなお休み。水曜日まで四日、ゴロゴロして本を読んで音楽聴いて、少々お仕事します。お昼は京都錦市場の冨美家謹製の冨美家鍋とカレーうどんをいただきます。何と、京都以外の直営店が横浜高島屋のデパ地下にあるのですよ。店員さんはヤンワリ京都弁、なぜ横浜なのか妄想すると眠られない。お値段は意地の京都価格で安い、そしてフニャフニャのコシがないうどんがうまいんだ。カレーに入るお肉は京都だからもちろんウシ。読谷村で買ってきた小ぶりのヤチムンでいただくと京都と沖縄にいる気分!

・読む本 伊丹十三選集3
・聴く音 John Frusciante
・おやつ 豆大福 #大くに
・たべる アジのお刺身と自家製塩辛 #魚梅さん
・そうじ Vespa PX150 Euro3
・お散歩 妙本寺、材木座海岸
・ひるね George Harrisonを聴きながら
・お仕事 Chick Coreaを聴きながら
・ひと休 Taylor Swiftを聴きながら
・ゴロリ Billie Eilishを爆音で聴きながら

冨美家鍋 https://www.kyoto-fumiya.co.jp/shopdetail/000000000007/ct5/page1/recommend/

冨美家 https://www.kyoto-fumiya.co.jp/shopbrand/ct5/

錦市場商店街 https://www.kyoto-nishiki.or.jp/stores/fumiya/

「いらっしゃい、らっせい」 @奇珍楼

今日こそは謎のバンメンを食べると誓って、本牧の現場に向かうも、「いらっしゃい、らっせい」といわれて奇珍楼に入るなり竹の子ソバくださいと、今日も竹の子に負けてしまった。竹の子ソバを食べにきたのか、配筋検査にきたのか、検査に決まっているじゃないですか!

奇珍楼 https://imakana.kanaloco.jp/article/entry-460067.html

配筋の検査 @本牧

ゴチャゴチャな鉄、鉄。地震のたびに法改正され厳しくなる建築基準法。このすさまじい数の鉄筋、構造設計で必要な鉄筋は長いママだと作業が出来ないので鉄筋同士を二重に重ねることで一体化させる、コレを重ね継手と言います。ブっとい鉄筋は重ねるのは厳禁、溶接して連結させて一本化させる。一本いっぽん構造図通りに入っているか確認する、配筋検査の日。

40d http://kentiku-kouzou.jp/tekkinkonkurito-40d.html

職人さんは祝日もお仕事 @明月院

こんな時は、ステイホームで曜日の感覚が麻痺していますね。今日が昭和の日で祝日だなんて意識もせず、雨の中九時から大船で打合せ。お仕事があってありがたいことです、八幡さまに感謝しないとイケマセン。帰りは北鎌倉の石かわ珈琲で連休のお豆を買おうと思ったら定休日でつめが甘い。明月院の前で、旗日で国旗がヒラリヒラリ、雨に濡れた新緑がきれいですねぇ!

石かわ珈琲 https://ishikawa-coffee.com/

外構につける散水栓 #TOTO vs KVK

たかが水栓、されど最新の水栓なのです。左のタケノコみたいな先っぽが旧名東洋陶器製の水栓、数年前にリニューアルした最新型。あとの二つは旧名北村バルブ謹製、だれもが探していた、痒い所に手が届く的な発明品と言っていでしょうな水栓。タケノコ製の先はホースを力任せに差し込んで、ステンレスのバンドで固定する、置き型のガスコンロにガスホースをつける要領で昭和な香りです。北村製はホースリールに付いているソケットをカチャッと接続する先っぽ。真ん中はタダの手洗い用とカチャッとの両刀使い、よくぞ考えたモノです。ついつい、有名ブランドの器具を選定してしまいますが、アイデアある会社の製品を発掘しないとイケマセン!

二口横水栓 https://www.kvk.co.jp/products/parent/category/item/item.html?category_id=402&item_id=K124CSPJ

KVK https://www.kvk.co.jp

21年目のキッチンで蒸す @拙宅

ご近所の山本さんがつくる絶品餃子を焼きと、蒸しでいただきます。拙宅のキッチンは年代ものになりつつありますが、旧式のホーロー製ガスコンロ、人造大理石のカウンター、薬品にも耐えられる白く塗装された燃えない壁、ほんの少し黄ばんできた気もしますが、まだまだ現役できれいなのです。家づくりは、ロングライフなモノ選びが肝心、流行りモノはイケません。キッチン道具同様、お手入れすれば一生ものです!

アスラックス https://www.nichias.co.jp/products/product/housing/building/naiso01.html

山本餃子 http://aquadina.com/kamakura/spot/314/

照宝 http://www.shouhounet.jp

猫のだんご、と石川直樹「極北へ」。

猫の「だんご」がかわいくて、この記事から七年経っているのですね。久々に記事を見て、田部井美奈さんのウェブサイトで石川直樹さんの装丁デザインをされたことを発見。お若いのにいいお仕事をされています。ボクはこの本をジャケ買いしました。帯を外すともっといいです、空の濃いブルーがとてもいい色ですね。「だんご」の毛のように縮れた、イケアで買ったヒツジの敷物の上で、パチリ!

だんご https://casabrutus.com/design/17081?cx_testId=4&cx_testVariant=cx_1&cx_artPos=19&cx_type=rate#cxrecs_s

田部井美奈さん https://minatabei.com/3525929

テイクアウト @中華大新 鎌倉店

終電で鎌倉駅をおりて、パタゴニアを過ぎると赤提灯がともった中華屋がある。深夜なのに満員御礼、みんなシメのラーメンを食っている。こんな時になる前のお話。ここの麺は細麺なので、注文すると立ち食いそばの如くすぐ出てくる、それで旨いのですよ。こんな時の今日も繁盛でよろしいことです。ひとつ難点なのは路地に面した厨房の扉が開いていること、ゴケとチュウが出入りするでしょう。だからうちの奥さんはお店に入れないのですよね。ならばと、一度は食べさせてあげたいとソーシャルディスタンスでテイクアウトしました。三谷龍二さんがデザインした器に盛りつけすると、おうちでもご馳走になる!

追記
鎌倉市農協連即売所の一画にある、昔からある地元の中華屋さんだとばかり思っていたら、藤沢が本店で、茅ヶ崎にもあることが判明。早い、おいしい、量多め、お値段ちょっと高め、お腹が空いたらぜひどうぞ!

大新(たいしん) https://www.kanaloco.jp/news/life/article-404719.html

大新ラーメン https://shonan-umichika.jp/topics/4216.html

↑PAGE TOP