森ヒロシ建築設計所

close

ブログblog

一色海岸で本を読む @葉山

快晴で無風、松林の日陰で読んだ写真の本。
LEICA M+SUMMARIT 5cm、jpeg.

BRUTUS 2016.9.1 「こんにちは、星野道夫。」
藤原新也「日々の一滴」

 

父の一周忌、2020.10.22。

今日は父の一周忌、お別れして鎌倉に帰る飛行機の中で、2020.10.28 PM19:17 JAL698便。

LEICA V-LUX 30

笑っている、アルン @上野動物園

 

アルンを見て、親子っていいなと思いました。縷々と続くボクたち、子供たち、両親、じいさん、ばあさん、ご先祖さんたちがアタマをよぎりました。ココロがキュンとしちゃいました!

LEICA D-LUX6.

アルン
https://www.youtube.com/watch?v=785Oj8T2LcI

アジアゾウの子ども、アルン @上野動物園

ずっと、ずっと会いたかった、アルン1歳、490kg!

LEICA D-LUX6.

アルン
https://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=news&inst=&link_num=26610

鳳凰雷紋赤巻

二十五年ぶりにラーメンどんぶりを買い換え、鳳凰雷紋赤巻にするか、赤三ツ龍にするか、支那画雷門竜鳳にするか、迷ってコレでしょ。二十五年間使ってきたどんぶりは、横浜中華街御用達の食器屋さんで買ったもの。それはうどん系で使いつつ、中華系は鳳凰雷紋赤巻でガツッっと気合いを入れる!

旭酒楼
http://asahisyurou.web.fc2.com/index.html

 

https://mstudio.jp/blog/

栗原友

やっとやっと、バージョンアップしたサイトの投稿方法が分かってきました。まだ不安定。こんな厄介なご時世、キホンマニュアルは読まないからね、直感でいじる。これって、高齢化社会では大事なのですよ。ボクの母は直感する想像力がないから、出来ないと信じている。「感」って、大事ですよね。こんばんは、感のレシピ、クリトモちゃんのアバウトなレシピ。これでいいのです!

お刺身のハーブマリネ
お刺身の盛り合わせ(出来ればスーパではなくお魚屋さん)を小さめにぶつ切りし、エシャロット、ローズマリー、ディル、タイム、塩、オリーブ油、レモン汁を加えて混ぜるだけ。ハーブはあるものだけで十分です、クリトモさんの言葉通り、「思いっきり適当につくってください」!

刺身の盛り合わせで つくりおき魚つまみ

https://crea.bunshun.jp/list/feature/crea2021-fish-appetizer

クリトモ商店
https://tkjm.jp/tsukijijougai/store512/

男弦、中弦、女弦 @逗子で三線

三線

 

三線のナカジル(中弦)を張りかえて日曜日のレッスン。今日は逗子の沖縄県人会の会長さんと朝練。この三線はコザの照屋林助三線店から持って帰ってきた、裏には上原知子さんのサインが入ったボクのお宝なのです。わたくしは沖縄のオジイのようになるのが目標なのです❗️

合、乙、老、四、老、乙、合!
ゲロゲロゲロゲロ、グア、グア、グア!

照屋林助三線店
https://www.teruya-rinsuke34.com/about-shop/

東風平高根

https://kochihiratakane.bitfan.id

 

古都の写真展 @北鎌倉の長寿寺

古都を撮る原田寛さんの写真展。基本のキホン、構図とピントの置き方に唸りました。雨の日の写真もいいですねぇ、写真教室は土砂降りでも中止にならないと、なるほどですねぇ。その時にしか撮影できない景色があるのです、参りました!

iPhone 12 mini back dual wide camera.

古都写真家 原田寛さん
https://www.haradahiroshi.com/index.html

 

Pacific BAKERY @七里ガ浜

おひるの買い出しに、七里ガ浜。

LEICA M+SUMMARIT 7.5cm、jpeg.

Pacific BAKERY
https://www.transit-web.com/content/shops/pacific_bakery/

  

邦栄堂製麺の生パス、タフレスカ!

歩いてチョイチョイのところにある製麺所、月に数回だけ販売される生パスタを朝一番で買いに行く幸せ。地元の商店って、魚屋さん、パン屋さん、お肉屋さん、製麺所どれも大切にしないとイケません。この生パスタで、鮭クリームパスタとトマトソースのパスタをつくります、ク〜、絡みつくパスタが最高です。

邦栄堂製麺
https://colocal.jp/topics/think-japan/kamakura/20190115_120754.html

浄土宗大本山光明寺 @材木座

光明寺

小雨の光明寺、今日からお十夜法要です。材木座に住み始めた、ずっとずっと前のお話、材木座海岸入口から光明寺までズラッと植木市と屋台が並び、交通規制されて大賑わいだったのですよ。参道は二列に通りが作られ、両側は三列に屋台や射的、民具屋さんや器、薬味屋さんがズラリ。ここに来れば、顔見知り、よく見かけるご近所さんでいっぱい、材木座はみんなお留守じゃないかというほど賑わったのは昔の話になってしまいました。実に昭和的でたくましく、友だちと一緒にお小遣いを持って駄菓子を買って射的をする。スマホを持った今どきの子供が貧弱だなんて言っていけないですね。

iPhone 12 mini back dual wide camera.

https://komyoji-kamakura.or.jp

夕方の風景、再びピンボケ @由比ガ浜通り

 

ひとり、こんな時間を楽しみたいものです、今すぐじゃなく、いつかきっとでいいので!

LEICA M+SUMMARIT 7.5cm、jpeg.

夕方の風景、再びピンボケ @鎌倉御成通り

お花がある風景って、いいですねぇ!

LEICA M+SUMMARIT 7.5cm、jpeg.

夕方の風景、再びピンボケ @鎌倉御成通り


御成通りから裏道に入って市役所の方に行くと、左にステキなお花屋さんが気になります。窓越しに偏向フィルターで反射を押さえてパチリ、お客さんがいたのであえてピンボケ、ピントの合った写真より雰囲気が伝わりますよねぇ。ここのところ、レンズごとにアダプターを付けて偏向フィルターをくっつける。すごく気に入っている写真なのですが、これがが今の気分です!

LEICA M+SUMMARIT 7.5cm、jpeg.

https://news.mapcamera.com/maptimes/【leica】何コレっ-第17回-%E3%80%80『13356』/

 

夕方の風景、ピンボケ @鎌倉御成通り


週末の土曜日、日が暮れるのが早くなり夕方のお散歩を出遅れると、あっという間に夜ですねぇ。今週から、古都鎌倉の写真家原田寛先生の写真教室に出席して写真の基本を教わりました。先生の作例をなぞって、せっかちなボクがじっくり考えて撮影するのは初体験。ベテランの生徒さんに敵いませんねぇ、みんなとっても構図が上手で参りました。基本は何事も大切ですねぇ!

LEICA M+SUMMARIT 7.5cm、jpeg.

https://www.haradahiroshi.com

websiteの住所を変更します!

2021.10.01
ウエブサイトの住所を変更します。
これまでの「http://」に「s」を付けて、「https://」になります。

New website
https://mstudio.jp

New blog
https://mstudio.jp/blog/

秋の修学旅行 #3 @那須

LEICA M+Summaron-M 1:5.6/28、jpeg.

水庭
https://www.artbiotop.jp/water_garden/

 

秋の修学旅行 #2 @那須

二期倶楽部が星野リゾートに売却された経緯が悲しすぎます。震災後、あのときに見た景色が二期倶楽部の最後だったとはつゆしらず。今回、奥さんに任せていたため、まさかあの二期倶楽部に宿泊予約していたとは、到着してはじめて気がつき驚きとともに感謝したのでした。宿泊した棟はテレンス・コンラン卿が率いるコンラン&パートナーズによる設計。小川の音が涼しげな中庭のある独立型ヴィラ。明日は第二の二期倶楽部、アートビオトープ那須を見学してきます。

iPhone 12 mini back dual wide camera.

https://discoverjapan-web.com/article/52771

https://www.artbiotop.jp/history/

 

秋の修学旅行 #1 @那須

春に予約して、行けるのか不安だった栃木県那須町。あれ、ロビーに入ると前にも来た気がする、なんと渡辺明さんが設計したもと二期倶楽部でした。東日本大震災後、壊れて休館している時に中まで見せていただいたことがありました、瓦屋根と大谷石がもとの通り修復されていました、気温は18℃で紅葉し始めています。

LEICA M+Summaron-M 1:5.6/28jpeg.

https://business.nikkei.com/article/interview/20150326/279177/101200026/

https://www.atpress.ne.jp/news/197961

リフォームで瓦屋根を修繕する。

リフォームの難しさ、悪い場所を発見したら見なかったことにする、じゃないです。家の根本、構造や屋根回りは予算どうこう言っている場合ではありません、直すのです。でも、予算あってのこと、痛んだ箇所だけしっかりと直すことが肝心なのです。

http://www.yane.or.jp

再び、鉄の螺旋階段、そして The End。

湯河原の家以来の螺旋階段です。鉄の師匠が半引退状態に入っているため、大きな鉄骨会社のお仕事です。1階から3階まで緩やかに上れるように設計。鉄は材料費、手間賃が年々高騰しているため、螺旋階段の設計は今回が最後になります。鉄の師匠とは、暑くない時期なら、手すりなど小さな仕事はお願いできる約束をしています。師匠と丁々発止で鉄のことを教わることが出来き感謝するばかりです!

https://www.yokomori.co.jp/stair/spiral-ornamental/

本牧の現場+生ザーサイ。

本牧の現場は螺旋階段の取付で佳境、昨日の夜から明日のお昼ごはんは、奇珍楼のバンメンと初めての生ザーサイを食べると誓ってから就寝。有言実行、出てきたザーサイはうっすら塩味の浅漬け、一人分としてはチト量が多い、醤油味のバンメンが来るまでムシャムシャ食べ続ける変な情景。絡みつくようなしっかりした歯ごたえは唯一無二。是非お召し上がり下さい。

http://www.satonao.com/list/chinese/kichin.html

コーヒーのビーカー

中川ワニ珈琲から特注のビーカーが届きました。毎日ドリップするコーヒーだから、たまに気分転換で道具を替えたくなるなるんですよね。このビーカーにカリタのドリッパーを乗せると、あら不思議、ピッタリ。ペーパーフィルターを発明したカリタでドリップすると、オフセットした1つ穴から勢いよく抽出。なかなかよい組み合わせであります。

https://nakagawawanicoffee.com

写真を勉強中!

photograph:Todd Anthony

この写真をツイッターで見たときの驚きと、ボクの嗜好が一致して、コレだぁと。ソール・ライターのカラー写真に通じる色の魔術。なだらかな景色の中に強烈な色、コレに惹かれます。また、逆光でブラックアウトした中の鮮やか色にも惹かれます。カラーでも、モノクロームでも写真は色の対比、コントラストが面白いと思います。広角か、グッと寄った写真か、構図を勉強中!

https://birdinflight.com/inspiration/project/cholity-iz-bolivii.html

スケルトンにして、リフォーム。

大胆にスケルトン、壁と天井を剥がして耐震補強をしながら改装の大詰め。上り下りがキツ目の階段は段数を増やして緩やかに掛け替える。リフォームの難しさは、壊してみないと建物状態、耐震性が分からないこと。そして悪いところを発見したら、予定の予算を度外視してでも直さないといけないこと。その分、希望を諦めてもらうことが辛いとこなのです。

夕方のおつかい @真名瀬海岸

葉山のスズキヤスーパーマーケットにおつかい。10月5日から20日まで改装のためお休みです。長〜いお休み、ご注意くださいませ!

LEICA M+Elmar 2.4cm、jpeg.

スズキヤ葉山店 @葉山町一色2012
http://www.suzukiya-inc.jp/tenpo/suzukiya/tenpo22.html

おひるご飯のおつかい @大町

快晴の祝日、敬老の日。おひるご飯は大町の北村牛肉店までおつかい、シウマイ、じゃなくてシューマイなのです。もう一度、蒸籠で蒸してからいただきます。

LEICA M+SUMMARIT 5cm、jpeg.

北村牛肉店 @大町1-2-13
https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14050700/

夕方のお散歩 @材木座

材木座の「べつばらドーナツ」、売り切れごめん!

LEICA M+SUMMARIT 7.5cm、jpeg.

べつばらドーナツ @材木座1-3-10 
https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14058030/

住宅の、ミニマルな階段 #8

スケッチして、出来た階段の手すりがコレ。踊り場まで下りたら、手すりを握りながらクルッと回る。見えないところでガッチリと固定しているので、微塵も揺らぐことはない。見えないところのディテールが凄いのですよ!

住宅の、ミニマルな階段 #7

抜け感のある手すりにして欲しいという要望でスケッチする。考え続けていると閃くものです。踊り場までは普通に、そこから回る段のところからまっすぐ立ち上げて掴まりながら上れるようにデザイン。たかが階段、されどやることはいくらでもあるのが階段。


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/0/moo.jp-zaimokuza/web/ms-renew2018/wp-content/themes/mstudio/category.php on line 95

↑PAGE TOP