森ヒロシ建築設計所

神奈川県・鎌倉の建築家 森ヒロシ建築設計所

中庭のある二世帯の家

近隣の家からのぞかれないようにという要望から中庭 (コートハウス)のある二世帯の家を設計。隣家側に目隠しになるよう2階建ての親世帯の部屋、寝室、子供室をつくり、回遊するように平屋建てをつけて中庭を囲みました。どの部屋からも中庭を通して繋がるようにし、必要なときは障子を引き出して視線を遮る工夫をしました。平屋部分の上は広いデッキをつくり物干しと共にタープを掛けて周囲の山の四季を楽しむもう一つの庭としました。2階部分の屋根には4kwの太陽光発電パネルを設置し、さらに燃料電池で発電しながらお湯をつくり給湯と床暖房に利用、薪ストーブを付けたエコ住宅です。


あいうえおあいうえお


かきくけこかきくけこ


「口の字」に囲まれた中庭

中庭にはシンボルツリーのシマトネリコを植栽、屋上から全部屋が見渡せます。中庭に蛙やトカゲを放したら蚊がいなくなったそうです!


玄関のアプローチ

玄関の屋根だけ瓦葺きにして町にとけ込むようにし、御影石の踏み石と植栽でアプローチをつくりました。


薪ストーブのあるリビング

中庭側の窓はすべてガラスで床の位置に通風の窓を付けました。左上の木製の窓から裏山だけが見えるように高さを決めています。


アイランドキッチン

家族5人が料理を楽しめるようにキッチンも回遊できるよう設計、子供が2人座れるようになっています。


中庭に面するアイランドキッチン

家事をしながらでも中庭を通して家族の様子が分かるような向きに配置したキッチン。


趣味の作業室

自転車やオートバイを分解したり整備するための作業室。ご近所と交流できるように道路側に配置しました。


手作りの薪ストーブ

燃える薪が見えるように両面をガラスにしたデザイン。鍛冶屋さんと相談しながらつくりました。


↑PAGE TOP