森ヒロシ建築設計所

close

ブログblog

浅草の牛めし @正ちゃん

見てくれはよくありませんが人間の食べものです!ボクの頭の中では煮込みと言えば、浅草の正ちゃんでしか食べられない醤油味の煮込み。具はモツではなく、牛すじとコンニャクなのがたまらない。よく言えば牛すじのすき焼き、褒めすぎか。みなさんも一度はどうぞ、煮込みだとお豆腐がのります!

正ちゃん https://osietesite.com/shop/gyunikomi

 

NPOの総会 @浅草文化観光センター

家づくりの会の総会で午後から浅草。今日の計画はバッチリ、お昼ちょうどに浅草寺をお参りして御朱印をいただく。花屋敷をぬけて正ちゃんの牛めしを食べる。そして総会が終わるや神谷バーでデンキブランを飲みながらビーフシチューを食べて、乃木坂に移動する。ボラ社の極東セールスマンからヤコブセンのと出会いから品質などの勉強をする。なかなか有意義なお江戸である。

浅草文化観光センター http://kkaa.co.jp/works/architecture/asakusa-culture-tourist-information-center/

 

玄関をしつらえる。

玄関で必要なものは、何だ。靴入れはもっともとして、あれですよ!大事な靴を履くために靴べらがいるでしょ、宅配便が来たらサッとハンコを出す。小さな箒が掛かっているのはご愛敬、小さなニッチとカウンターはハンコを入れた小さな篭を置く。余計なお世話と言えばそうだけど、でも必要でしょ!

Rover Mini を整備して現場回り。

ミニを定期点検に出してオイルを交換、グリスアップ、タイヤのローテーション、異常なところもなく一安心。ここのところ乗り味がドッカンドッカンしているのは、クッションのラバコンのヘタリ、次回は交換。半日で帰ってきたミニに乗って構造設計と打合せ、現場回りと狭い鎌倉で活躍する超スモールカーなのだ。

ALEC http://www.alecmini.co.jp

コダワリの切り欠き。

見ての通りです、トイレの上に小さなカウンターをどうしても付けたかったので切り欠いた!フタを開けてもぶつからない、一応住宅の建築家ですから抜かりはありません。仕事はキッチリ!

トヨタ、おめでとう!

中嶋一貴さん、そしてニッポンのトヨタ、おめでとう。ちょっとハンデがありすぎた気もしますがこれが技術というものなのでしょう、遠慮なんかいらないぜ。すぐ終わるからこのユーチューブを見て下さい、チビリそうです!

24 heures du Mans https://www.youtube.com/watch?v=EuEpygoE6Os

コダワリの水栓とカウンター。

ここのところ家のメンテナンスで建て主さんからの相談が続いています。今朝、十年前に設計した友だちの家でペンキ屋さんと待ち合わせしてメンテナンスする箇所、塗装の種類、色を決めて見積もりを依頼する。きれいに暮らしてくれていたためトイレの手洗いカウンターはシミや腐食はなし。洗面器上のところだけカウンターを切り欠いたデザイン、自画自賛で今見てもいいね!

 

24 heures du Mans。

中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソ組のトヨタTS050ハイブリッドが優勝しました。おめでとう!

24 heures du Man https://www.as-web.jp/sports-car/380946/attachment/7-4-2

テレビをほとんど見ない暮らし。

見ないと言いつつ、ラジオがつまらないと夕食時に公共放送をつけることはある。ワールドカップが始まりましたね、ロナウドのハットトリックはニュースで見ました。今日はル・マン丸一日レースをユーチューブで見る、モータースポーツが好きです。トヨタのハイブリッド車二台がぶっちぎりで快走中。映像を見ているとスピード違反だろうと言うほど他社との力は歴然、マツダ車以来、ドライバーでは荒聖治さん以来のニッポンが勝利するか、明日の朝起きたらすぐネットをチェックしよ!

「錆びない肉体」のために #3

月に一度の健康チェック、今日は父兄同伴(奥ちゃん)でカテーテルの結果を聞いて来ました。特に病気の箇所はなく健康でひと安心。ただボクのカラダの癖というか、みんなどこかしらは花粉症とかあるでしょ。人間ドック程度では見つけられない癖が今回の検査で判明。持って生まれたボクの癖です。恩人の紹介で始めた検査、三ヶ月待ちと言われている先生方ですが問診は30分に及ぶこともある丁寧な説明、慎重で安易な結論は言わない、怪しいと思ったら徹底的に検査する。いい先生方に感謝です。

一年の半分が過ぎようとしている。

ほぼ日手帳のしおりを今日のページに移したら、手帳のほぼ真ん中なことに気がついた。うわあ、一年の半分が過ぎようとしているよ。この間、ほぼ日が主催した生活のたのしみ展に行ってきました。そこで見ちゃったんだなあ、「ほぼ日のキャップレス万年筆」。半世紀も前からこんなパイロット社の万年筆があったとは知らなかった、で、我慢出来ませんでした、残念。使い方をいろいろ考えたあげく、図面の直しで赤ペン入れるのが実は設計していて楽しいとき。ならばと、インキは紅葉という渋い赤を入れてあげる。ボールペンのようにノックするとシャッターが開いてペン先が出る。色はマットなブラックで、カチってノックする、いい案配です。

生活のたのしみ展 https://seikatsunotanoshimi.1101.com/2018_spring/

au光、NTT・ISDN、さようなら!

七月から三年縛りの光回線が更新月になります。確認の電話をしたら、この時期を逃したら違約金を払えというのが腹立たしい、慰留するためお金をくれるって、どんな企業でしょうね。今どきはメールでのやりとりでファクシミリの送受信は限りなくゼロに近い状況。決めました、事務所の電話はそのまま、旧態依然とファクシミリを送りたい方は電話番号と切り替え式、名刺のファクシミリは消すことにします。何年縛りなんてもうこりごりです。大手キャリアのみなさん、電電公社さん、さようなら。これで明朗会計、電話と携帯、メールだけ、ヨロシクです!

平日に魚浦さんで魚を買う。

薄曇りで涼しく、徳島の自転車が軽快。お昼前に鎌倉駅近くの魚浦さんまでお手製の鯛と鰆の味噌漬けを買いに行った。これが今日のお昼ご飯です。このくらいの余裕が鎌倉での仕事にピッタリだね。お昼をして昼寝して、さあお仕事!

今日の写真 @銀座ソニーパーク

今年の夏にオープンする銀座ソニーパークをメゾンエルメスの上からパチリ。建築家・芦原義信さんが設計した名建築を壊しやがって。交差点の角に建築家と盛田昭夫さんが日本一土地代の高い庭をつくった、ここでどれだけ待ち合わせをしただろうか。二年間限定のソニーパークの後はどなたが設計をするのでしょうか。平井会長殿、お願いだから芦原建築を、お隣のメゾンエルメスを超える新ソニービルを作って下さいね!

銀座ソニーパーク http://www.ginzasonypark.jp/about/

今日の写真 @銀座メゾンエルメス フォーラム

銀座メゾンエルメスのフォーラムでカントルの展示を見た。レンゾ・ピアノが設計したガラスブロックから着想したというが、正直よく分かりませんでした。ピアノ先生にかなうわけもなく、考えないと分からない作品は苦手です。一目でこれだという美しい作品か、えげつないくらい灰汁が強い、心に残る作品を見せて欲しい、って勝手なこと言うのもいけないね。

Le Forum http://www.maisonhermes.jp/ginza/le-forum/archives/693607/

 

結婚34年目の普通の土曜日。

結婚三四年目の普通の土曜日、一度は食べてみたいお店に予約した日。著名なシェフのお店に期待しつつも緊張して食べるのは勘弁して欲しい。ところが予想を見事に裏切ってくれました。それがね、違うの。随分前に行ったイタリアで二日続けて同じ食堂で食べた雰囲気そのまま、ザワザワしていて気取りのない街の食堂って感じがよかった。定食屋のように前菜、パスタ、メインはそれぞれ何を注文しても料金は同じ。ボクは鴨、クイーンポーク、地鶏のテリーヌ、ウニのスパゲッティ、群馬県産のクインポークのグリル。

徳島のソウルフルな自転車。

徳島からやってきた自転車を完成させたぞ。ホイールアライメントは初めにフックを引っ掛けるところから難儀、バイク用の工具を使って力技で付けたらあとは簡単、バネの力具合は想像通り微調整を繰り返す。アメリカ製のかごは問題なく付いた。さて、輪道さんのご厚意で分けていただいた発光ダイオードのライト用パーツがちょい難儀。それなりに工具はそろえてあるのですが、後ろのナットを支えながら締め付けるのにまたまた力技。まぁ、建築家兼素人職人ですからナンクルナイサ!何でも自分で出来ると思っているところがボクのいいところ、勝手に改造して失敗する懲りないおバカでもある、、。

RINDOW https://www.rindowbikes.jp/about-us/

アルミで下地窓をつくる高等技。

ここは大磯にある吉田茂邸であります。建築家・吉田五十八建築ではお馴染みのアルミパイプを組んでデザインした下地窓。ホントなら細い竹で編むところを金属で表現するところが五十八先生の真骨頂、近代数寄屋なり。鎌倉の吉屋信子記念館、葉山の山口蓬春記念館、上野毛の五島美術館、シャンシャンを見に行ったら上野公園にある日本芸術院会館を忘れずに見て下さい。

吉田茂邸 http://www.town.oiso.kanagawa.jp/oisomuseum/kyuyoshidatei/ex/teinai.html

 

今日のお花 @ミドリとシロ

湯河原の敷地にあった梅の木に爽やかな緑色でお尻のようにプリッとした小さな実がついていました。梅の実がなるころに降る雨が梅雨、五月雨。太陽の日差しが強く紫外線に注意しないといけませんね。今日のお花はデッカい大輪のアナベル、アガパンアス、ホタルブクロです。新緑のミドリとシロ、ちっちゃな庭ですが自画自賛、可憐で素敵です!

鎌倉のアジサイ https://enoshima-maji-aishiteru.com/kanko/955

湯河原 @お仕事

湯河原は子供が小さな頃、幕山公園の梅林を眺めながらハイキングしてバーベキューしたものでした。帰りはお約束の町営の温泉でゴロゴロ。花粉症になったのは幕山公園の杉林のおかげ。きのう有名なラーメン店とパン屋さん、フレンチレストランがあることを教えてもらった。ズッシリと重たいパンをお土産にいただき夕食はサラダとスープとパン、絶品でした。お次は飯田商店のラーメンに行きたいところですが整理券を出すほどの繁盛店で難関のお店。早めに行って整理券をもらい温泉で時間待ちだな。リンクした記事を読んで下され、食べたくなりますよ!写真は湯河原の町中で見かける源泉の櫓です。

飯田商店 https://toyokeizai.net/articles/-/204287
BREAD & CIRCUS http://www.breadandcircusjapan.com/index.html

 

江之浦測候所の下 @江之浦港

二年前に総会で源泉上野屋さんに宿泊して以来の湯河原、建て主さんが購入した敷地を見てきました。十国峠がある日金山の山々と広い空を望む絶景、敷地には既存のウメ、マキ、モミジ、ミカンなど豊かな植栽がたくさん残され緑に包まれた敷地。温泉がひかれていて、ドンドン設計の妄想にふけてワクワクする。湯河原行きの途中で江ノ浦港の看板を発見、黄金週間に行った江之浦測候所の下だ。帰りに港まで下りてパチリしました。

上野屋 http://www.uenoya-net.jp
江ノ浦港 http://www.town.oiso.kanagawa.jp/oisomuseum/kyuyoshidatei/ex/teinai.html

 

仕事始めのコーヒー @cafe vivement dimanche

朝一番のルーチンワーク、仕事は必ずハンドドリップしたコーヒーを飲みながら始める。豆で購入して、ディモンシュ謹製特注色のフジローヤル製みるっこで挽く。お気に入りのお豆は酸味のあるゲイシャのような浅煎りなのですがあんまり売ってないんですよね。ゲイシャは高価なので毎朝は無理無理、丸山珈琲の浅煎りは手頃な値段でいいです。今月はカフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ渾身のほぼ浅煎りに近い中煎りのグアテマラ、エル・インヘルト農園のお豆にしました。今朝に焙煎したてのお豆だそうで堀内マスターがお疲れのようす、無理しないで下さいね!

dimanche web shop http://dimanche.shop-pro.jp

大磯に遠足 @日日食堂

早起きしたので東京に行くか、葉山の一色海岸でゴロゴロするか散々迷ってベスパでニケツして大磯に行ってきました。お昼は日日食堂で大磯の地魚の竜田揚げをいただき大満足、レンコンのシャキシャキ感があるカレー風味のおからが絶品でした。薄味の洗練されたお味にお次は夕食に伺います。そのあとは、だいぶ前に見たような気がする、吉田五十八大物建築家が設計した戦後の内閣総理大臣吉田茂邸を見学してデッカい庭を散策する。中村好文さんが設計した村上春樹邸もある大磯は大人の町という雰囲気ですね、国道一号線の松並木がいつ行っても印象的で素敵です。

日日食堂 http://nitiniti-shokudo.com

逗子で自転車を買った @RINDOW Parallel

逗子銀座商店街にある明治四三年創業の老舗自転車屋さん、しまむらサイクルに徳島市で製造している輪道(リンドウ)を受け取りに行ってきました。希望したオプションのシート、グリップ、スタンドを適格なパーツに交換して完成。逗子から鎌倉まで乗って帰るときに気になったサドルの角度、ブレーキの位置を帰宅後微調整して完璧になりました。あしたはアメリカ製のバスケットとリンドウの弾丸型ライト、ハンドルが傾かないパーツをボクが付けて完成です!

しまむらサイクル http://ishonan.com/shimamura-bicycle
BROOKS http://www.diatechproducts.com/brooks/

京都の二葉家具を贔屓する。

いつからだろう、ボクにとって北欧家具といったら京都河原町にある二葉家具、日本で最初にアルテックを扱った老舗。学校を卒業して初めて買ったアアルトのスツールは東京営業所にいた笠間さんという方にお願いした。今も当時のカタログを大切に持っている。街にある普通の家具屋さんって店構えながら中に入ると北欧!二葉オリジナルの家具は優秀な出来で、先日もオフィスのリフォームで注文しました。ここのテーブルがいいんだな、見た目はアアルトのデザインそのまんま。脚の付く向きが違うだけ、そしてとっても安い。建て主さんをそそのかして結構な数を注文したものです。京都人の女将さんがいいんだな!

二葉家具 http://www.futabakagu.com

 

今日の写真 @ニッポンの美

熱田神宮 http://www.atsutajingu.or.jp/jingu/

逗子で自転車を買う #3 @RINDOW Parallel

これはホイールアライメントとというパーツ。片足のスタンドを立てると前輪が傾くでしょ、かごに荷物が入っているものならそのまま転倒する。何と、この傾くハンドルをバネの力で踏ん張ろうとする代物、よく考えるよね。取付は簡単そうだけど、たぶんハンドルを切るときも踏ん張るんだろうな。まぁ、付けてみてのお楽しみ!

RINDOW https://www.rindowbikes.jp

 

逗子で自転車を買う #2 @RINDOW Parallel

徳島からパーツが届きました。このライトは青色発光ダイオードを開発した徳島県阿南市にある日亜化学工業のバルブを使っている信頼の逸品。ブラックはブロンプトン用、奥ちゃんが乗る輪道(リンドウ)にはシルバーを付けてあげる。右の棒はかごのステーから離して付けるために輪道さんが特別に分けて下さったパーツです。さぁ、すんなり付けることが出来るか、力技になるか乞うご期待。

日亜化学工業 http://www.nichia.co.jp/jp/about_nichia/index.html

 

逗子で自転車を買う #1 @RINDOW Parallel

逗子銀座商店街にある明治四三年創業の老舗自転車屋さん、しまむらサイクルに徳島市で製造している輪道(リンドウ)を注文してきた。ヨーロッパの街で見かけるようなクラッシックで飽きのこないスタイルがいい。色はもちろんホワイト、この自転車を改造する。シートは英国のブルックス社製で耐水性のあるブラックシート、グリップはイタリアのカッサーノ社製、オールドファッショングリップのブラック、バスケットは創業百年以上のケンタッキー州にあるウォルド社の深型、ライトはリンドウオリジナルの弾丸型で、バルブは地元企業の日亜化学工業謹製LED也。

RINDOW https://www.rindowbikes.jp
しまむらサイクル http://ishonan.com/shimamura-bicycle

和歌山県の杉で家をつくる #7

産地を指定して家をつくる、そんな取り組みから和歌山県の紀州材を使った家づくりが鎌倉で始まります。和歌山の材木屋さん、神奈川の加工工場の協力で運送賃を入れても、産地指定しない時と比べてほぼ予算内にまとまることが分かりました。今後の設計にも繋げたいなと思っていたところ、和歌山県から紀州材・産地見学会のお知らせが届きました。二年前にボクらが行った時は設計者だけでしたが今回は建て主さんの参加が目的の見学会です。何と飛行機代、宿泊費など全額和歌山県が補助して下さいます。見学先は紀州材の伐採現場、日本農林規格認定の工場、世界遺産の見学です。宿泊の予定地は建築家・竹原義二さんが設計した海椿葉山です。これから家を建てるみなさん、秋に和歌山まで紀州材を見に行きませんか!海椿葉山の真下は太平洋で絶景、むこうは徳島県の室戸岬です。

海椿葉山 http://umitubakihayama.com/index.html

↑PAGE TOP