森ヒロシ建築設計所

close

ブログblog

ピン角と、面取り仕上げ。

オレンジのエコバッグは気に入っているコムデギャルソンの渡辺淳弥さんデザイン。それではなく、ピン角と、面取り仕上げでこんなにも表情が変わるんですねぇというお話。コンクリート打ち放しでは、小叩き仕上げという手法で石のような表情をつくることがある。でも、天然の石で出す表情は作為的でなく、職人さんの手業を感じますよね。どっちがお好みか、ボクにも分かりません。どちらも魅力があります、お好みでどうぞ!

大谷石 https://ooyaishisangyo.com/type/

エコバッグでおつかい @半夏生

半夏生、あっという間にニイゼロニイゼロが残り半分になりました。レジ袋からエコバッグに、ボク的にはオシャレのアイテムが増えたことでうれしいばかり。ただ、そもそもゴミを自然や街中にポイッとすることなんて考えられない男なので、おバカどもにどれだけ効果があるのか、まあ無理でしょうね。さて、ボクのエコバッグはロングトラックフーズの真っ赤、ショウゾウコーヒーの淡い水色、コムデギャルソンのオレンジ、パタゴニアのブラック、そして極めつけは宜野湾の宗像堂で買った皆川明さんデザインの布製エコバッグ、ミナムナバッグ。暮らしを設計する男のコダワリである。これがあるから、ステイホーム結構毛だらけ猫灰だらけ、お仕事もおつかいも楽しい!

ミナムナバッグ http://munakatado.shop-pro.jp/?pid=143885809

LONG TRACK FOODS https://longtrackfoods.com/a-to-z/

SHOZO COFFEE https://shozocoffee.stores.jp

 

浄水器のカートリッジを交換する。

これ、交換するのをうっかり忘れるんですよね。使う頻度、家族構成でかわりますが、水の出が渋くなったなと思ったら交換するタイミング、このタイプは基本一年を目安にすればいいです。ボクは水にうるさい訳ではないのですが、カルキ臭などはしないのでお料理が一段と美味しくなる、気がするだけ。これは20年前のシーガルフォーの浄水器、他社の製品と比較検討もぜず、そのころやっていた料理の鉄人を見て付けたもの、適当な男です。これがお勧めという、訳ではありません。

Seagull® IV https://www.granddukes.com/?mode=lp

工場長のセンス @Vespa PX改

歩いて五分、信頼する工場長のガレージ。これは、ボクが思いもしない使い方で驚き、ベスパのホイールをホースリールに、このセンスが彼に整備をお願いする、信頼なのです!

 

Vespa PX改 @ブレーキパット交換

パットの残量がまだあると安心していたらイケませんよ。本体の鉄が腐食してパットと剥離している、これは怖いです。ブレーキのローターが引きずっていると感じたら、腐食している可能性大です。ボクはローターが錆びたのが原因ときめつけていたド素人、工場長が気がついてくれたのが命拾いでした。機械は信頼できる、経験豊かな工場長に任せるのが肝、だと思います。

Malossi https://www.malossistore.eu/brake-pads-mhr-vespa-px-150-2t-euro-3-6215006BR-vepx1503-M-P

MotoVillage http://motovillage.jp

はじめてのマイホーム2020-2021改訂版

駆け出しの若い頃に、はじめて建築雑誌に掲載されたときの喜びはいまでも忘れられません、もちろん有料の広告ではなく、取材です。今年も、改訂版として再版され嬉しい限りです。いまどきなので、ステイホームな暮らしの取材募集がきています。そうだなぁ、自宅に仕事場がある自営業の方の事例をもっていいるのですが、たぶん趣旨は突然のリモートワークを、暮らしと仕事を上手に、快適に対応できている事例が欲しいのだと思う。そんなお宅がひとつ、あるんだな。採用されると嬉しいなぁ!

2020-2021改訂版は8/23発売予定です(x-naowledge)。

こんな時だから、節水。

これは、下が20年前のシャワーノズル、上は最新の節水型。10年前からジャパネットたかたで買った6割節水するノズルを、部品交換しながら使ってきたのですがとうとう壊れました。そもそも壊れるか、高田さん、10年使ったのでよしとします。そこで、純正品の節水ノズルに交換、空気を取り込んで水の体積を増してババっと水粒を大きくして力強いシャワー、イケてます。交換する間、久しぶりに20年前のシャワーノズルを使いましたが力強い流量に超気持ちいい、でも時代が代わっているのですよ、節水にね。最新式にメンテナンスすることお勧めします。

エアインシャワー https://jp.toto.com/products/faucet/bath/shower_head/

 

今日のお散歩 @逗子の久木大池公園

ここは、設計した家の前にある鉄の橋を渡ると久木大池公園、なので土地勘はあったのですがお仕事中にお散歩することはなかったので、橋の奥まで入ったのはお初。材木座のアトリエからスマートフォーツーで五分ほどでこの景色、山の奥は池子の弾薬庫(大日本帝国海軍)、今は米軍の住宅地です。ステイホームのおかげさまで、日の長い夕方のお散歩!

池子 https://ja.wikipedia.org/wiki/池子住宅地区及び海軍補助施設

スケルトンな、店舗と住宅のリフォーム。

つまらない仕上げをした建築が多いですねぇ。ビニールクロスの壁、昭和な吸音材のブツブツした天井板、巾木はビニール貼り、床はチープな建材の木目模様、店舗もクリニックも建て売りの仕様。思いきって内装は無し、設備丸出し、間仕切りは家具、ザックリ、ザックリって発想が出来ないんだな。鎌倉にできた無印良品はこの、ザックリ仕上げ方式❗️

無印良品 @鎌倉 https://kamakura.keizai.biz/headline/405/

 

無印良品と平ブト麺。

毎日、毎日朝昼晩のごはんをステイホームで食べてお仕事。日ごろからお引き立て頂いている奥さんのために、たまにはパパッと作れるおひるご飯。鎌倉に無印良品が出来て、そんなに嬉しくはないんだけど、こんなのがパッと手に入るのは悪くはない。そして、ご近所の製麺所謹製の出来たて平太麺が肝心。これと、これがそろって初めてごちそうとなるのですよ。今日も正午ピッタリに頂きます。

胡麻味噌担々スープ https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/detail/4550002860325

邦栄堂製麺所 https://colocal.jp/topics/think-japan/kamakura/20190115_120754.html

杭打って、地固まる。

日ごろの行いですねぇ、雨が上がって朝から片瀬山で杭打ち。今回は建て主さんの強い要望から、ただの鋼管杭ではなく、先っぽに羽が付いた杭を打ち込む。最初の一本は慎重に、二十分ほど掛けて設計通りの深さまでねじ込んだ。重機のエンジンがブ〜ンと音を奏でるだけで、静かに、振動もなく、これを四十本打つ!

LEICA V-LUX30.

ハットウィング工法 http://hatwing.jp

隧道マニア @五岳荘隧道

まだまだ、ステイホームでお仕事して、夕方から夕食のお買い物ついでにお散歩、閑なわけではありません。今日は思いっきり遠回り、ひと山ぐるっと回って鎌倉駅までお散歩、駅に逆行して大町から宝戒寺トンネルを通って小町、途中寄り道して、ワタクシ道の五岳荘隧道を不法侵入で探検。短いトンネルなんだけどドキドキ、奥はひと山向こうの個人のお宅。明治時代「トンネルの加藤」と言われた名人、加藤新松さんが掘ったと伝えられる、ロマンだよねぇ!23°c、5.63km、88拍/分。

LEICA M+SUMMILUX 35mm 、jpeg.

鎌倉の隧道 http://www.hetima.net/blog/archives/8119

 

冬至のお散歩 @東勝寺跡

梅雨空ですこし肌寒い夕方のお散歩。鎌倉駅前に出来た無印良品で金木犀のお香を買ってから辻説法通り、旧大佛次郎邸の路地を抜けて小町三丁目の宝戒寺をお参り。もみじ山のやぐらを見てから東勝寺橋まで引き返して東勝寺跡、北条高時腹切りやぐら辺りで背筋が寒々気味が悪い。小町から大町に抜ける天井高さ一間のこれまた薄気味悪い隧道(宝戒寺トンネル)を、抜けないで東勝寺橋にもどる。うちからたった十五分ほどでこの風景、滑川の川底が泥岩でキラキラ光って渓谷のようでしょう。蛭子神社の境内から見下ろすと関があって流れの勢いが増していた。24°c、7.58km、80拍/分。

LEICA M+Summaron-M 1:5.6/28、jpeg.

東勝寺跡 https://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/207063

宝戒寺トンネル http://www.hetima.net/blog/archives/8119

快晴の地鎮祭

梅雨の合間に気持ちのいい青空、片瀬山でおめでたい地鎮祭。はじめての建築会社にボクの師匠、職人さんを送り込んで、高台の二階リビングルームから江ノ島、辻堂海岸を見晴らす家がいよいよ着工します。きょうは、おめでとうございました!

iPhone7+Adobe LightroomCC Lr Camera.

地鎮祭 https://www.jinjahoncho.or.jp/omatsuri/katei/jichinsai

 

住宅をリフォームした YAECA #3

ここに来ると、何もしないことが最上の家であると妄想する。余計なものは何もない、白い壁と木があれば、あとは建て主さんにお任せする。ボクはお膳立てだけするだけでいいじゃないかと!

iPhone7+Adobe LightroomCC Lr Camera.

YAECA HOME STORE https://brutus.jp/article/775/31584

住宅をリフォームした YAECA #2

ここに来ると空間のしつらえが心地よく、セレクトショップで買うのではなく、ここで。そして、設計者としてはいろいろと妄想をかき立てられる空間でソワソワ。住宅でも服を飾る、そんなのもありだよなぁ。少しのもので、選ばれたものだけで暮らす、理想だよなぁ!

iPhone7+Adobe LightroomCC Lr Camera.

YAECA HOME STORE https://www.pen-online.jp/blog/k-takahashi/1398445051/

住宅をリフォームした YAECA #1

ここに来たら妄想する。この空間を見たら、気持ちよさが分かるでしょ!

iPhone7+Adobe LightroomCC Lr Camera.

YAECA HOME STORE https://www.asahi.com/and_w/20170510/26841/

 

Vespa PX改 @タイヤ交換

くもり、午後から小雨。なかなか予約が取れない工場長にお願いして8年目に入ったベスパのタイヤ前後を交換してもらう、ついでに空気バルブのオーリングも交換。鉄のホイールからアルミにしてチューブレス化してから4年でタイヤ交換、すり減った訳でなくサイドのひび割れが原因、ちょっと早いな。新品タイヤがグリップするまで慣らし運転が500キロ、うん〜我慢できるか?

TIRE:MICHELIN S1 3.50-10 59J REINF

MICHELIN S1 https://www.michelin.co.jp/motorbike/tyres/michelin-s1

今日のお散歩 @妙本寺

だれもいないお寺で過ごす贅沢な時間。
4.39km、91拍/分。

LEICA M+Summaron-M 1:5.6/28、jpeg.

妙本寺 http://www.myohonji.or.jp

 

旅と料理の本 @now.

そろそろ、そわそわ。毎年実家がある宮崎に春と秋に二泊三日で帰郷しているのですが、今年はこんな時なので帰っていません。来月小暑のころに飛行機の予約を入れてみました、飛ぶんでしょうか。両親と何を食べようか、久しぶりのドライブはどこに行こうか。こんな本を読みながら、そわそわ!

LEICA M+Macro-Elmar 90mm 、jpeg.

翼の王国 https://www.ana.co.jp/ja/jp/mediastation/magazine/2005/

今日のお散歩 @本覚寺

2.16km、71拍/分。
LEICA M+SUMMILUX 35mm 、jpeg.

段板と壁の納め方 @階段

階段の板と、壁の納まりが大事なのです。ここを上手に納める建築家と、無頓着な設計者の違いが出てしまうキモなところ。些細なデザインではあるのですが、この気遣いが家全体の空気感、心地よさに関係していること、分かりますか!

皮を巻いた、鉄の手すり。

なにごともやり過ぎにはご用心。こんなデザイン、けっして嫌いなわけではないんですけどね。鉄はフラットな形状ではなく、上部がラウンドした鉄を使っています、まあよくあること。これにブラックの革紐を巻き付けているのだ。では、どんな職人さんの仕業なのかが問題。こんなことをしてくれる建築の職人さんはいません、設計事務所のスタッフが巻いているんです。鉄に、皮を巻いてみたいですか?

 

梅雨闇、のお散歩。

週末はステイホームにピッタリの梅雨空。お仕事して、お片付けして、ゴロリとして沢村貞子さんの本を読んで、革靴のお手入れをして、ライカをみがいて、トマトを煮詰めてナポリタンをつくって、夏のセールでサンキュッパのラコステのティーシャツを注文して、梅雨闇のお散歩。小坪漁港から入ったことがない路地をのぼって、建て主さんの家を偵察して、静かな小町通りで記念撮影。どなたさまとも接触せず、実に真面目な週末でありました。

追伸
沢村貞子さんご夫婦は横須賀の秋谷にお住まいだったのですね、そこで執筆した本を、窓から見える江ノ島と富士山を思い浮かべながら読んだのでした。素敵です!

秋谷 https://tokosie.jp/living/380/

365日の献立日記 https://www.nhk.jp/p/ts/DGZMN8GNRZ/

Pierre Jeanneret、のタフな椅子。

コルビュジエ、ペリアン、レーモンド、坂倉準三、この時代の家具、建築の造り付け家具に共通するタフさにひかれますねぇ。この椅子は、チャンディガールのためだけに、木とラタンでつくられた、大工さんがこさえたような手づくり感が不格好にも思えます。六本木の国際文化会館で旧岩崎邸の庭を眺めながら、坂倉さんがデザインしたタフな椅子に座って、ナイフとフォークで食べるシュークリームは極楽な時間。同じ時期に、イームズがデザインした工業製品としての洗練度が際立つ家具、ハーマンミラー社の技術力に驚きます。工業化を追求したプルーヴェの椅子は木でデザインした坂倉さんの椅子につうじていると思う。鉄やアルミの繊細さも魅力的ですが、ジャンヌレの、職人でなくてはつくれない家具はもっと好きです。@YAECA HOME STORE

Pierre Jeanneret https://www.5wari1bu.jp/note/14

国際文化会館 https://www.i-house.or.jp/garden/photos.html

YAECA HOME STORE https://www.pen-online.jp/feature/fashion/yaeca_newshop/1

Untitled.

Rat https://bijutsutecho.com/magazine/insight/19750

Street art

Street art https://bijutsutecho.com/magazine/insight/20674

BANKSY GENIUS OR VANDAL?

BANKSY GENIUS OR VANDAL? https://banksyexhibition.jp

WHAT ARE YOU LOOKING AT?

God Save The Queen https://www.youtube.com/watch?v=knBNkpTIm3w

Banksy @YOKOHAMA

Banksy https://www.banksy.co.uk/menu.asp

↑PAGE TOP