森ヒロシ建築設計所

close

ブログblog

腹が割れてきた、かも。

画像なし。仕事改革して、筋トレとプロテインの効果で腹筋が割れてきた、かも。五十肩を筋トレで克服する、波乗り復活は時間も問題。マジで、バキバキ俺最高、かも!

インテリアデザイナーになりたかった。

サンタナのレコードジャケットを見て横尾忠則さんにあこがれ、グラフィックデザイナーになりたく美術部に入ったのでした。子供の頃から絵を習い、小学校は六年間美術展に出展、一度は教育長賞、高校生の時は県美術展に入選。結局どうしたら横尾先生に近づけるのかすら分からず断念、横尾先生、未だに現役で昨日は担当者の遅刻でお怒りして展覧会をキャンセル、やってるねぇ!その後、あこがれたのが倉俣史朗さん、のめり込みましたねぇ。でも行き着いたのが工学部建築学科。まんざら「当たらずとも遠からず」で、消費されるインテリアではなく暮らしの場を設計する仕事に就いて満足です。とうさん、かあさん、ありがとう!

photograph COMME des GARÇONS @表参道ジャイル

「Macの向こうから」@ボク

久しぶりのお江戸、リフォームが完成して建て主さんの検査で薬師新井に行ってきました。キッチンは手作りのステンレスカウンター、面材はシナベニヤにうっすら白の薄化粧。喜んでいただける仕上がりでした。JRのホームには「Macの向こうから」の広告、相変わらずいけ好かないけどうまいよね。

「Macの向こうから」 https://www.youtube.com/watch?v=6gcesXWrn0o&feature=youtu.be

 

It’s a 「日本橋」。

It’s a 「Ginza Sony Park」と「ネズミ」。

It’s a 「Ginza Sony Park」と「HERMÈS」。

It’s a 「Ginza Sony Park」。

It’s a 「上野動物園」in 1882。

再びRASCALで「フォー」!

鎌倉市役所が移転する、かも。

鎌倉市役所が移転する手続きを進める中、市民は賛成反対で意見はバラバラ、そんなものでしょう。今の場所で、または移転するにしろ耐震性、手狭なことから建て替えはやむを得ないとして、人口減少に伴う職員、議員の削減まで踏み込んで設計してほしいものです。これは隈研吾さんが設計した新・富岡市庁舎。内藤廣さんはコンペティションで最優秀賞となり宮崎の日向市役所を設計しました、隈さんは次点でした。大手ゼネコンやデッカい組織設計事務所ではなく、建築家の隈さんや内藤さんが選ばれた訳が知りたい!ボクは公共建築の経験がないためどのようにして設計者が選ばれたのか、本を読んで勉強中です。

読んでいる本
1.GAのPLOTシリーズ:隈さん、妹島さん、ほか
2.なぜぼくが新国立競技場をつくるのか:隈さん
3.新・日向市駅:内藤さん(編者)

スチールの美しさ @基礎配筋

紀州の杉材でつくる家の基礎配筋が出来上がりました。整然と配筋されたスチールの鉄筋が美しいですね。細い鉄筋の継ぎ手は径の四十倍重なりと取る、太い鉄筋の継ぎ手は重ねではなく鉄筋同士を溶接してつなぎます。組み上がった鉄筋は上に乗ってもビクともしない、鉄筋工さんのスゴ技なのです。

マルニ木工、90th Limited Edition 。

マルニ木工90周年記念モデルの椅子がいい、特にジャスパー・モリソンがデザインした鉄と木の組み合わせが新鮮、も〜すごく欲しい。ところが90台限定、まだオンラインストアーでカートに入るから悩ましい。ノーマン・フォスター男爵が設計したアップル・パーク、ビジター・センターに置かれている深澤直人さんがデザインしたヒロシマアームチェアはマルニ木工謹製。IT企業と言えば成り上がりのように決まってイームズがデザインした高価なハーマンミラーの椅子でうんざりする、審美眼のなさをイームズに向かうのが許せない。マルニ木工創業百年に向けて応援します、買っちゃいそう!

マルニ木工 http://www.maruni.com/jp/

Apple Park https://wired.jp/special/2017/apple-park/

杉本博司さんと「フクヘン」さん。

ブルータス元副編集長こと「フクヘン」の鈴木芳雄さんが小田原の文化セミナーで講演をします。大好きな方なので宣伝します。ボクよりもっとロン毛で鬱陶しい御仁ですが、美術への思いは一流。そのくせ、公共放送の日曜美術館で見た記憶がない、ひと番組もって欲しいな、「フクヘンのマンダラ深夜美術感」。神無月の八日、小田原で会いましょう!

杉本博司とアートへの誘い http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/culture/event/181008_semina.html

蒼天の地、湯河原でワンタンそば。

蒼天の地、湯河原でワンタンそばを食べた。お店は「しあわせ中華そば食堂にこり」、ニコッとするいい名前。濃いめに感じるでしょうが豚のうまみ、野菜の甘さを感じる深みのあるスープが、たいめいけんのラーメンを思い出す。ラーメンとワンタンの組み合わせはどこでもあるようであんまりないですよね。具がしっかりと詰まっていてスープととてもいい相性、このスープはやみつきになりますぞ。

にこり https://nikori.iidashouten.com

蒼天の地に大人の隠れ家を設計する。

蒼天と名付けられた山々を望む絶景の湯河原で大人の隠れ家を設計します。朝から開成町の県西土木事務所、湯河原町役場で下調べ。お昼にご当地ラーメン、ワンタンそばを食べて建て主さんと打合せ。何度も行っている湯河原がいつの間にか小田原系と言われるラーメン激戦地になっていた。ある店は早朝から整理券を取るところからはじまり、来店時間が指定される過激さ。まあ、このリンクを見れば食べたくなるよねぇ。五時起きで湯河原かぁ、恐れ入りました。昨年出来たJR湯河原駅前大屋根広場は隈研吾さんの設計です。

photograph 土砂降りの真鶴港

飯田商店 https://toyokeizai.net/articles/-/204287?display=b

JR湯河原駅 http://www.town.yugawara.kanagawa.jp/chousei/toshikeikakudoboku/p03787.html

RASCALが鎌倉に来た!

アジア食堂ラスカルが大磯から鎌倉にやって来ました。うちから歩いて十分、おひるまえにはすでに満席でした。美味しすぎて観光の方たちに知られる前に食べましょう!優しいスープと酸味のあるトマトがピッタリ、サッパリとスープの旨さが味わえるシンプルさがボクの好みです。里芋の春巻きはアツアツでモッチリ、初めての食感に痺れました。

1.ベジタブルフォー
2.焼きなすとオクラのヤム
3,エビと里芋の春巻き

PHO RASCAL https://instawidget.net/v/in/1791796825280231520

半ドンで仕事してゴロゴロ精進日記。

半ドンだけ仕事して、午後は録画したビデオを見てゴロゴロ。奈良県桜井市の山奥にある尼寺の精進料理を紹介する料理番組で、登場する住職さん、慈瞳さん、まっちゃんの愉快な「アハハ、ウフフ、キャキャカ、ケケケ」とぎやかな笑い声が癒やされる。でも三人の目は真剣なので油断は禁物。この本を読んで、精進したら奈良まで行きたいです。ゴロゴロして見た録画は精進日記と藤田嗣治画伯の生涯。見ましたか、藤田画伯が自ら録音した落語のような晩年の言葉に、やり残した仕事への思いを死に神さまにお願いする音声に芸術家の真の魂を見ました。録画している番組はこれ、薫堂さんの東京会議はお暇なときに是非どうぞ!

1.やまと尼寺 精進日記 :NHK
2.美の壺 :NHK
3.ブラタモリ :NHK
4.タモリ倶楽部 :テレビ朝日
5.小山薫堂 東京会議 :BSフジ
6.超入門!落語 THE MOVIE :NHK
7.グレーテルのかまど:NHK
8.サラメシ :NHK
9.日曜美術館 :NHK
0.ドキュメント72時間 :NHK

ナラ材の家具と漆喰の家との相性。

ボクは家を建てるときにデンマークの家具デザイナーであるボーエ・モーエンセンのふたり掛けの椅子とオットマンを置く前提で設計をしました。そして椅子の正面にテレビが置ける間取り。腹筋をしていたらオットマンにプレートが付いていることに気がついた。長〜く使うことが前提にデザインされつくられるデンマークの家具。クッションを支える桟は丸く面が取られフレーム自体も美しい、そして味の出たナラ材の質感と白いしっくい壁、床は北海道産のブナの木。ナラ材はニッポンの家にしっくりくる相性のいい素材だと思います。

Børge Mogensen Model2252 http://www.bellbet.net/onlineshop/?p=21825

防災に備えていますか?

豪雨、台風、そして北海道の地震により被災された皆さまへお見舞い申し上げます。二百十日に防災のイベントに参加、今月末の日曜日は自治会主催の津波避難訓練。鎌倉は東日本大震災で計画停電したくらいでも大混乱、忘れた頃にやってくる災害。あのときのことをもう一度思い出して備えようと思います。

photograph 沖縄県南城市

東京防災・備蓄 http://www.bousai.metro.tokyo.jp/book/pdf/jp/20p7o407.pdf

 

告、営業のみなさまへお願い。

正午五分前に来る、正午一分過ぎに電話する、いきなり!ステーキではない、いきなり来る、これ全部マナー違反です。髪の毛がサラリーマンの十倍長いボサボサ、半パンにTシャツと気楽なように見えるでしょう。仕事は真剣なので、いきなり!ステーキはお願いなのでご勘弁下さい。生意気なのは承知です。まず秘書にお伺い、秘書いませんが、無駄足にならないよう、お願いです。

デジタルからアナログ回帰する。

デジタルから取り残されつつあるボク。パソコンで図面を描くことからまた遠ざかろうと自業自得。今更ながらドラフターなる手書き用の製図板を買うという暴挙に、スタッフが「クスッ」と笑うのを見逃さない。いいんだ、オレは手書きなんだよ!

ドラフター https://www.mutoh.co.jp/products/~drafter/drafter/d_JRA2S.html

美術館に行ってますか?

葉山の神奈川県立近代美術館で「アルヴァ・アアルト―もうひとつの自然」展がはじまります。この展覧会は国際巡回展なのだそう、ようこそ神奈川。ギャラリートークなどイベントも充実しているので、これから家をとお思いの方は必見です。ラーメン屋さんやイケアの椅子はアアルトさんがオリジナルだったんだと、バッタモンとオリジナルを知るだけでも価値があると思います!

Alvar Aalto – Second Nature http://www.moma.pref.kanagawa.jp/exhibition/2018_aalto

TRIPしてますか?

うぉ〜、創刊号の貴重な本が出てきました。全開に出来るよう糸で綴じた仕様で綴じ代の色合いがうっとりするほど美しい、この凝りようは雑誌とは思えません。この本の編集長は奥ちゃんの知り合いなのがちょっと自慢です。フクヘンは鈴木芳雄さん、杉本博司さんが登場しています。十年前と思えないクオリティです。

追伸
この綴じ方は「コデックス装」、日本語で「糸綴並製本」と呼ぶことが判明。いや〜、気になっちゃって、スッキリした!

BRUTUS TRIP https://magazineworld.jp/books/paper/8523/

relaxしてますか?

写真家・高橋ヨーコさんの話を聞いて古い雑誌を探したら出るわあるわ。これは建築家ル・コルビュジエが設計した夏の小屋から見たカップ・マルタンの海。撮影はホンマタカシさん。半世紀前にここで海水浴して心臓発作で天国にいったところ。海にピントを合わせて手前の葉をボケボケにしているところがル・コルビュジエを失ったアンニュイを感じる写真、p05。

旅をしてますか?

那須でブラタモリ、見ましたか。もう気持ちは山体崩壊による扇状地の那須にある。秋の遠足は那須にある奈良美智さんのアトリエに行ってきます。子供が育って自由な時間が出来た途端、奥ちゃんと旅行三昧。会話は「今度はどこ行こうか、何を食べる」と至って天然な夫婦。この本は暮しの手帖で若菜晃子さんの連載をまとめた大好きなお宝。このときの編集人は松浦弥太郎さんでした。七年前の本ですがボクには全く色あせないドキュメント。鎌倉のページにある「木犀堂」はとびっきりな古書店でした、でも今はありません。建築の貴重な本もあって、高価で躊躇したのを後悔しています。あのときの本はまだありますか。ご主人の平井さん、どうしているのかなあ。118ページはボクの鎌倉です。

N’sYARD http://www.nsyard.com/en/#top

二百十日、旅のお話を聞く @SUNSHINE+CLOUD

夕方から葉山に旅のお話を聞きにいく。写真家の高橋ヨーコさんが出版した写真集「ホワイトランド」を撮影した経緯や雑誌「リラックス」のハワイ特集に関わった岡本仁さんと高須勇人さんが解説するゆったりした二百十日の二時間でした。帰宅して岡本さんが編集し高橋ヨーコさんの写真が載った古いリラックス誌を引っ張り出す、いいなと思った雑誌は探すと出てくるのがいい。

SANDY HEAT, WHITE LAND https://casabrutus.com/art/84516

SUNSHINE+CLOUD http://www.sunshine-cloud.com/news/_20180815_118.shtml

二百十日、防災の日。

立春から二百十日、曇り空をお散歩。下馬四つ角で開かれた防災の日のイベントに参加して消防士さんから心臓マッサージの仕方を習いました。丁寧に教えてくれた若くて爽やかな消防士さん、地元で命をかけているお仕事に感謝する気持ちが大事だとつくづく思いました。ARIGATO!

立春から二百と九日。

立春から二百と九日、明日は二百十日で九月。鎌倉の子供たちはあと三日で学校、今頃宿題をお母さんと一緒にやってるんでしょうね、頑張れ!夕日が秋らしく感じられます。東北が豪雨、台風も接近中、ご用心下さい。

靴入れに引き出しをつける。

小さな玄関にたくさんの機能を加える。透明硝子の扉を開けると三和土仕上げの土間、左にベンチと靴べら掛け、印鑑を置くニッチ。靴を脱いで上がると左は姿見付きの引戸を開けると靴と傘を仕舞う靴入れ。その下に引き出しを付ける、ココには靴磨きのクリーム、ブラシ、外で使う工具を仕舞う、これが便利なんだ。

焼き杉の家 @葉山 #3

ペントハウスは螺旋階段の部分が畳二枚、床の部分が畳一枚、合わせて畳三枚の狭いスペース。上の階はどうしても暑くなるので南北に窓をつけて風を通す。この狭いところでぼ〜っと外を眺めるもよし、本を読むもよしの居場所なのです。

↑PAGE TOP