森ヒロシ建築設計所

神奈川県・鎌倉の建築家 森ヒロシ建築設計所

NEWS

DIARY

紀州材を勉強する修学旅行。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。あしたから2日間紀州材を勉強しに和歌山県に行って来ます。そのためボクは今日もお仕事。和歌山県の補助も少しいただくのでしっかり勉強して、紀州材を設計で使えるように地元の人とのネットワークを繋いできます。あしたは11時に南紀白浜空港に集合、2日間かけて木材販売所、原木市場、伐採現場、木材加工工場、紀州材でつくった住宅見学と盛りだくさん。和歌山といえば和歌山ラーメン、太地町といえば鯨。ちょっと食事も期待しちゃいますね。昭和の学生カバンのリモデル、STAR WARS+COMME des GARÇONSのマジソンバッグ持って気合いを入れて行って来ます。報告を乞うご期待!

龍神温泉 http://kirari-ryujin.com

建て主さんのご所望。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

建て主さんからあそこの素材がいい、雰囲気が好きだなんてご所望されると見に行ってきます。ここは鎌倉駅のホームから見えているカフェ。入り口の鉄と木で出来たドアと窓がいいらしい。行ってみるとなるほど、鉄は溶接したままで無塗装。鉄に木の押し縁でガラスを固定していて中々イカしている。少し錆びているところが鉄、鉄してすごくいい。さて、このまま真似るわけにもいかずどうしましょうね。

sahan http://sahan-etc.jp/pineapple1/

祝日の過ごし方 #2

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。きょうは金曜日だと思うと気が滅入る。土曜日はダブルヘッダーの打合せ、日曜日は和歌山への準備といない間の仕事をスケッチしないといけない。きのうはおいしいお昼の後、鎌倉駅のまわりをお散歩。久しぶりにchahatカマクラに入ってみると、あるんだな。奧ちゃんが前からTurquoiseが欲しいなと言っていたら自然な色合いの石が組み合わさったネックレスがあって素敵。アフガニスタンで採れたトルコ石。そろった色のターコイズブルーよりこれの方が天然ぽくてすごくいい。小さな袋はいろんな色の生地から選べるのもうれしいチャハットカマクラ。

chahatカマクラ http://chahat27.com/info/2011/10/07/鎌倉店/

祝日の過ごし方 #1

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。祝日が多すぎて困っています。大工さんは平日と重なった祝日はお仕事、だからボクにも電話は掛かってくる。祝日明けの打合せなんかあったものなら準備はその前に、他の設計を押しのけてでもしなくてはならないのがとっても辛い。ボク的にはお正月休みと夏休みで十分、祝日は全部なくしておくれ!17日からの三連休もお仕事、やっと春分の日は何も予定がなくと言っても木曜日だからね。スタッフはあしたの金曜日でまたお休み。いやぁ、困ったものですよ。日本の祝日、嫌い!で、小雨になったので駅まで出てコマチーナでお昼。前菜盛り合わせは豚のリエット、鯖のポテトサラダ、鯵のカルパッチョ、生ハム。パスタはレモンクリームスパゲッティ、トマトとペコリーノチーズのリングイネ。食後はディモンシュの豆をドリップした酸味のあるのコーヒー。ささやかな幸せ。

コロンビア中煎り http://dimanche.shop-pro.jp/?pid=98819424

眼光鋭い職人さん

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

この鋭い真剣な目つき、THE職人さん。大学で測量の実習はしたけどとっくに忘れました。トランシットは座標を入力するだけで正確に測量が可能、1mmの狂いもないのが怖いくらい。設計の図面もミリ単位だけどね。昭和の測量は尺単位ですからね、ものすごくいい加減で何十センチも寸法が狂っているのは当たり前。だって長いテープで測るんだから植木があったりして真っ直ぐ測れない、THE昭和。
 

NPOのお当番でお江戸。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

もうすぐ関東に台風が上陸か、なんとこれからNPOのお当番でお江戸市ヶ谷三番町であります。でも今日初めて履くHUNTERの長靴、サイドゴアブーツで気を取り直して行って来ます。PORTER x GARCONSのバッグはしっかり防水スプレーしてと。ちょっと悲しい。

大人のカフェでコーヒーとプリン

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

敬老の日。1967年創業の老舗、カフェ ロンディーノでプリンを食す。お店に入るなり「プリンはまだある?」って聞くのが鎌倉の通。窓からのぞいてプリンの入ったアルミの容器があるのを確認するのも通。今日はサイフォンで入れたちょっと酸味のあるソフトブレンド、紀ノ国屋では紀ノ国屋ブレンドと言われているお豆。まあ、そんな細かいことはどうでもよろしい。大人のカフェでコーヒーとプリンをいただく。粋だね、じゃなくて通だねぇ!

CAFE RONDINO http://kuchikomi.kamakura-2.com/cafe_rondino.html

ピロティーのある家を妄想する。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。吉村順三さんが軽井沢で設計した脇田和邸のピロティーであります。若いときに見学させてもらって隅々まで測量しまくったお陰で今があると言ってもいいほど素敵な家です。拙宅の出窓の高さ、窓のサイズはピッタリ同じ!新に設計の依頼を受けると、まずは今の仕事のスケッチを優先してゆきますが頭の中は全開で新しい家のアイデアも同時に考えている。だから移動中の車の中でもずっと考え事してボ〜っと、打合せ中も瞬間的に上の空で妄想。そうするとあるときパッと閃くんですよ!今回は地下の車庫から螺旋階段を上がると網戸に囲まれたピロティー、つまり部屋的な外部空間。ここに面して土間のある和室、土間には清家清さんが発明したキャスターの付いた畳を置いてピロティーに引っ張り出す。玄関は格好いい階段をデザインして2階。これ、上の空の妄想から生まれたアイデアだけど吉村さんが設計したピロティーに通じている。偶然だけどボクの原点なので必然でもある、という気がしました。もっともっと妄想しろ!

着物を着たチャッピー

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

京都で見かけた着物を着たチャッピー、超かわいい。何だか体調すぐれず今日はそれだけ、和んで下さい。ではまた明日。

groovisions http://groovisions.com/news/

風が抜けてリズムのある手すり。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。リビングルームの吹き抜けに接してつくったロフトの手すり。杉の縦の格子と横桟の組み合わせ、横漆の青く見えるのは白い漆喰の腰壁。風が通り抜けてリズムのある手すり、リビングの気配が感じられるのもいい。杉の柔らかい表情と漆喰の組み合わせがボクは一番好き。ときどき外材や集成材を無造作につかっている事例を見ますが安っぽく感じます。床につかう檜はいいですが、枠や見切りにつかうと表情が硬く感じられるので使うことはないです。こればっかりは建築家の好み、経験則としか言いようがないのかな。ちなみにパイン材は絶対につかいません、安っぽい。

お日さまとお月さまと暮らす家。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。土地はそんなに広くなくても快適な家は設計できる。まわりの風景を取り入れる窓の位置が大切。でも隣家が建て替えられて目の前に3階建てが出来たらどうしますか。建坪率や用途地域を知ることである程度の予測は出来るもの。そんなときに設計する方法が高い位置に付ける窓、例えば2階を吹き抜けのあるリビングルームにして高窓(ハイサイドウィンドウ)にする。または大工さんと板金屋さんがつくる大きなトップライト、このように杉のルーバーをつけると洒落ているしブラインドの役目もしてくれる。そんな工夫で「お日さまとお月さまと暮らす」、四季を感じる家が出来るのである。

電球だけでデザインする照明器具。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。LED化がドンドン進んで60Wの明るさが8wで得られ省エネになったはいいのですが電気料金が下がった気がしないのが不思議。LEDになって廃盤になってしまった白熱電球が懐かしい。うちのアトリエ兼自宅には写真のように電球だけでデザインした照明が3箇所ある。扁平の電球と陶器製の白いソケットだけでこんなきれいな照明器具をつくれる。この電球はTOKIという会社がつくっていたフラットボールランプ、とっくに廃盤になって代替品もなし。こうなるだろうと予想してうちに10個以上をストック、ちょっと買い過ぎたかなぁ。

9月のレッスン曲

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。9月のレッスン曲
David Bowie: Rebel Rebel
今年はRock ’n’ Rollの当たり年でカルチャークラブ、パティー・スミス、フジロックで横山健+BABYMETAL+レッド・ホット・チリペッパーズ、先週はエルビス・コステロ、11月はリンゴ・スター アンド・ヒズ・オール・スター・バンド、来年はガンズ。お〜燃えてくるぜ!
1000人が演奏するDavid BowieのRebel Rebelを是非聴いてくれ、セットリストも凄い。Rock ’n’ Roll!

https://www.youtube.com/watch?v=VFdG3htWJmA

Rockin’1000
1.Bitter Sweet Symphony(ザ・ヴァーヴ)
2.Come Together(ザ・ビートルズ)
3.Gold On The Ceiling(ザ・ブラック・キーズ)
4.Born To Be Wild(ステッペンウルフ)
5.Jumpin’ Jack Flash(ザ・ローリング・ストーンズ)
6.It’s a Long Way to the Top(AC/DC)
7.C’mon Everybody(エディ・コクラン)
8.Police on my back(ザ・クラッシュ)
9.Seven Nation Army(ホワイト・ストライプス)
10.Blitzkrieg Bop(ラモーンズ)
11.Smells Like Teen Spirit(ニルヴァーナ)
12.Rebel Rebel(デヴィッド・ボウイ)
13.People have the Power(パティ・スミス)
14.Rockin in the Free World(ニール・ヤング)
15.Song 2(ブラー)
16.Purple Haze / Foxy Lady / Kashmir / Moby Dick / Heartbreaker / Communication Breakdown / Whole Lotta Love
17.Learn to Fly(フー・ファイターズ)

IKEAに行くのもお仕事。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。IKEAに行くのもボクのお仕事。今回は子供室に下が勉強机で上がベッドのロフトベッドを置きたいという要望。これってそうですか、いいですねじゃ終わらせられない話し。天井高さを抑えた設計をするため上のベッドに座って天井に頭がぶつからないかが気がかり。ところがイケアでも無印良品でも全体の寸法は出ていてもマットレスの床からの高さが記載されていない。電話で聞くことも出来るけど当てにならないので高さを測りに行く、だからお仕事なんです。IKEAのSVÄRTA ロフトベッドフレームのマットレスの高さは床から1.6m、う〜んかなり微妙な高さ。小学生高学年になると天井に頭がぶつかるだろうなあ。建築家はこんなところでも悩んで戦っているのです、大変でしょ!ご褒美に牛ヒレローストビーフとポテト+ブロッコリー+ポロネギ+オニオン+チーズの野菜グラタン・ベジタブルメダリオをいただく。

IKEA FOOD http://info.ikea.jp/food/ikea_restaurant/restaurant.html

ひとり、Elvis Costello

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。ひとり、Elvis Costello「Detour」@人見記念講堂に行って来ました。娘の学校の音楽ホールでコステロを聴くなって思いもしませんでした。ひとり、つまりソロコンサート。急遽オープニングアクト(前座)が決まり、アンコールは共演してオールスタンディング、スタンディングオベーション。さすがベテランは盛り上げて満足させる術を知っている。座席はPAの真後ろで絶好の真正面、ヴィンテージテレビに映像を映しながらひとりソロ。アンコールではフェンダー・ジャズマスターを持ったコステロがテレビの中でAlison、Pump It Up (inside TV)を演奏する演出に痺れまくり。右の写真がそれ、イカしているでしょ!渋谷陽一さんのコメントの一部「弾き語りで歌われるキャリアを彩った曲たちは、センチメンタルな懐かしさより、時代を超えた名曲感を強く感じさせ、感動的だった。」では、感動のセットリストをどうぞ!

Elvis Costello「Detour」at Hitomi Kinen Hall, Tokyo, Japan

01.Hurry Down Doomsday (The Bugs Are Taking Over)
02.(Unknown)
03.Accidents Will Happen (Elvis Costello & The Attractions song)
04.Ascension Day (Elvis Costello & Allen Toussaint cover)
05.Church Underground
06.Stella Hurt (Elvis Costello & The Imposters song)
07.Everyday I Write the Book (Elvis Costello & The Attractions song)
08.Shipbuilding(Elvis Costello & The Attractions song) (on piano)
09.Deep Dark Truthful Mirror (on piano)
10.Face in the Crowd (on piano)
11.unidentified (on piano)
12.Walkin’ My Baby Back Home (Broadway Syncopators cover)
13.Ghost Train
14.She (Charles Aznavour cover)
15.Watching the Detectives (Elvis Costello & The Attractions song)
16.I Want You (Elvis Costello & The Attractions song)
17.Blame It on Cain (with Larkin Poe)
18.Nothing Clings Like Ivy (Elvis Costello & The Imposters song) (with Larkin Poe)
19.Clown Strike (with Larkin Poe)
20.Burn the Paper Down to Ash (with Larkin Poe, sung by Rebecca Lovell)
21.Vitajex (with Larkin Poe)
22.That’s Not the Part of Him You’re Leaving (with Larkin Poe)
23.American Mirror (with Larkin Poe)
24.Alison (inside TV)
25.Pump It Up (inside TV)
26.Side By Side (Cliff Edwards cover) (on piano)
27.Almost Blue (Elvis Costello & The Attractions song) (on piano)
28.My Funny Valentine (Rodgers & Hart cover) (on piano)
29.(What’s So Funny ’bout) Peace, Love and Understanding (Brinsley Schwarz cover) (with Larkin Poe)

たかがスイッチ、されどこだわる。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。大は小を兼ねる、でも小は大にはないかわいらしさがある。必ずしもそれが使いやすいわけではないのはご贔屓のSonyやApple製品で知っている。住宅用のスイッチやコンセントは押しやすい大きなものが主流、でも愛らしさがない。まだそれほど老いぼれジジイじゃないのでそんなに大きくなくていいさ。3つともうちの定番にしているホテル用のプレートを使ったスイッチ。特に真ん中は見たことないでしょ。16年前につくった拙宅でくっつけたもの、通常の半分のスイッチがあって1つのところに2つ入れられるのだ。使い勝手は慣れればまったく問題なしですが、さすがに設計した家で付けたのは拙宅だけ。もし気に入った方がいらしたらお付けしますよ!如何ですか。

たかが棚板、されど棚にこだわる。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。な〜んだ、普通の棚じゃないいかと思うでしょ。たかが棚板、されど棚の納まりにこだわるのだ。赤丸しているので分かっちゃったと思いますが、そうアゴが出ていない。引っ込んだ壁の巾と棚板が揃ってるでしょ、これがこだわりの納まり。ホント大したことじゃないとお思いでしょうが、普通に納めると棚板の両側を壁の中に埋め込んで取り付けるので角のようにアゴが両側に出る。これが嫌い、和室の納まりなどで角を出すのが一般的ですがイヤなものはイヤ。うちの標準図で石膏ボード12.5mmと仕上の厚み分だけ両側の板を切り欠くように指示している。そうすると引っ込んだ壁と棚板が気持ちよく揃う。たったそれだけなんですけどボクにとってはされど棚なのである。

階段はリビングの一部、遊び場にもなる。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。廊下をつくらないでリビングルームと繋がった階段は子どもの遊び場になったりお父さんの椅子にもなる。段板の間をスケルトンにしてあげると風と光が通って気持ちがいい。バルコニーに出るところをあえてフラットにしないで20センチほど立ち上がりを付けると、友だちが大勢来たときにベンチのようにになるのもいいですよ。こんなところがみんなの居場所の一部に出来ると小さな家でも楽しく暮らせるのだ。壁とドアで囲まれた何LDKなんていう家にはこんな広がりがあり豊かな暮らしは望めるわけがない。建築家と家をつくる最大のメリットだと思う。

なめらかなスチールの手すり

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。木造だからといって手すりを木にするわけではありません。もちろん既製品のビニール製なんてもってのほか、無粋だ。ボクはスチールのパイプではなく、芯まで鉄の塊の丸鋼をつかって壁から優しく浮かせて取り付ける。これなら途切れることなく手すりをつかまって上り下りできる。壁から浮かせる手すり子に手がぶつかるデザインをよく見かける。意外と有名な住宅建築家でもそれをやらかしている。実は15年前にそんな設計をしてしまって建て主さんに叱られたことがあり、それ以来デザインを色々考えて工夫してきました。著名な建築家は建て主さんに叱られないのが駄目なんだね、若いときに指摘されてよかったです。段が緩やかで光が落ちてくる階段に優しい手すり、とっても大事です。

Frank Owen Gehry のスケッチと建築

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。Frank Owen Gehry のスケッチした建築がブーローニュの森に完成して2年、自由な造形にたまげたものですがまたも驚かせてくれました。ダニエル・ビュレンの「光の観測所」を空から見た映像を見ると見に行きたくてウズウズするね!

https://www.youtube.com/watch?v=E91LnLAd-C4
https://www.youtube.com/watch?v=7XxM9A0k3uI

やっぱり堀商店はすごい!

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。新橋にある鍵の老舗、堀商店の営業さんがやって来た。普段仕事モードの時に人が来るとつい冷たい応対をしてしまいますが今日は違う。スタッフ浅場も説明に加わって「バックセット51に付けるときの補助錠は1211D-51でいいんですよね、シリンダーの回転方向をそろえたいときはどの型番」っと質問攻め。いや〜ぁ、マニアックで楽しかったぁ。拙宅のトイレのレバーハンドルは吉村順三さんの別荘に付いていたものと同じヨット用の小さなレバーハンドル。1965年のカタログにNo.881-Lとして掲載されていたものが復刻、MCSという新しい型番が与えられた。レバーが小さなMCSに使う堀込空錠はバネの力が弱い1210L-38を選ぶ。うん、うちのヨット用にもそれが付いている。そして新製品として2種類の鍵が発売。一番下が標準の鍵、上から通称「トローチ型」、握る部分を大きくして掴みやすく改良した「旗型」。トローチ型の標準が真鍮の金色、特注でブラッククローム、ホワイトブロンズが注文出来る。トローチ型は標準に+300円とすごく良心的なお値段、さっそく拙宅用にトローチ型と旗型を注文。今度打合せに来られたらお見せしますね。ホワイトブロンズと黒いフェロネリのクラシックなつまみも品がある、やっぱり堀商店はすごい!

堀商店 http://www.hori-locks.co.jp/index.html

夕食しに羽田空港へドライブ。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。閑じゃないんですけど、夕食しに羽田空港へドライブ。3年目の車検だったのですが代車でやって来たのが最新の7人乗りグランツアラー、エンジンはダウンサイジングされた直列3気筒1500ccターボ。うちの車が直列6気筒だからピッタリ半分にしたエンジン。3気筒の音もなかなかよい、キビキビ走りはさすがバイエルン発動機で快適、家族で旅行するならステーションワゴンよりゆったりしていてこっちの方がいい。右がうちの車のお目々で垂れ目のパンダ風、代車はキリリと強面なお目々。リアのL型に光るランプがこのメーカーのアイデンティティーでイカしている。この3気筒をドライブして夕食は日本料理で「現代の名工」を受賞している長島博さんが監修した和風出汁ベースのカレーうどんを頂く。ちょっと太目のパスタって感じのうどん、スパイスが利いてクリーミーなうどんと酸味のある濃厚なトマトカレーのハーフ&ハーフで2つの味をお試し。うどんのモチモチ感と太さが絶妙で出汁の利いたカレーとピッタリ。残ったソースに和風出汁を加えて御飯と投入、品のあるカレー茶漬けで最後の一滴まできれいに頂きました。内装は建築家が手がけていてシックなデザインが優秀でした。

cuud http://tabelog.com/tokyo/A1315/A131504/13193378/

天井換気扇をデザインする。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。白状します、これは住宅建築家で尊敬している永田昌民さんのデザインを真似しました。実はちょっと予算に余裕があるとやっちゃうんですよねぇ。天井の下地枠材の深さだけ換気扇を埋め込むだけなので手間は大したことはなくてフタの加工費がほんの少し掛かる程度。板貼りの天井の場合はこんな感じで板割りに合わせて取り外せるカバーをパカッと。紙貼りや漆喰のときはシナベニヤ5.5mmを白く塗装する。ちょっとしたことなのですが手作り感がヒシヒシしてついつい真似してしまいます、先生すみません。アトリエのトイレは漆喰なので白く塗ったタイプ、来たときに見て下さい。真似したくなりますよ!

吹き抜けの火災警報器をデザインする。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。2006年に消防法が改正されて新築住宅の居室や階段上などに住宅用火災警報器の取付が義務になりました。天井付けと壁付けタイプ、電池式と電気配線式、単独で鳴るもの、1つがなると連動して全てが鳴るものがある。うちでは電池切れの心配のない電気配線式で連動して全部が鳴るタイプを指定している。一部屋だけ鳴ったって他の部屋で気が付かなかったら話しにならないでしょ。照明のダウンライトとレイアウトを合わせて付けることが多い、これは吹き抜けの上に付けるときに散々考えてデザインしたもの。家具職人さんにナラの無垢材を警報器に合わせて丸く削ってつくってもらったものに取り付けました。これなら下から見上げてもかわいらしいでしょ!

玄関にベンチと印鑑の棚、靴べら掛けの設え。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。ガラス戸で明るい玄関は気持ちがいい。入ると買い物カゴが置けるベンチ、座って靴紐を結ぶ。その上には小さなカゴに入れた宅配便用の印鑑を置く小さな棚。その下には茶室用の竹釘製フックに靴べらを吊す。コーナーだから体にぶつかる心配はない。どうです、ささやかですが毎日出入りする玄関に必要な作法がここにはあります。当然、鍵は新橋の堀商店の重厚なレバーハンドルを奢る。ぜんぶ豪華なものを使わなくてもいいんです。毎日出入りするところだから大切にしたい設え(しつらえ)なのです、ね!

大谷石の採掘場を見てきたぞ!

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。師匠の案内で建築家と言えども滅多に入れない採掘場を見せてもらいました。田んぼの向こうに表れた山の姿が怪しすぎるけどなぜか風景に馴染んでいる。ただ一歩奥に入ると景色は一変。今回は特別に地下50mにある採掘場の最前線にまで潜入。凄い湿気で足下の階段はツルツルで危険極まりない。山を削る採掘場にあるレールの上に乗った石切マシーンが野蛮なくらいシンプルな構造。地下には横に掘り進むマシーン、深ければ深いところの石ほど硬くて良質。この石を玄関の土間に敷くと品があるんですよ。

古い大谷石を再利用する。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。この人はボクのの師匠、宇都宮の植松時四郎さん。植松さんに聞けば石の種類、張り方、必要な厚み、入手方法、運搬費用が何でも分かる。特に宇都宮、鹿沼辺りのことは何でも知っている。運がよければお屋敷の塀などを壊したリサイクルの石が運搬賃程度で手に入る。駐車場に石をランダムに敷くと超すてき、いいでしょ!

解体現場で見た凄腕。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。雪の下の家を建て替えするために築44年既存建物を解体して確認のため現地に行って見たものがこれ。親方が操縦するユンボをトラックに乗せるのですが、とうぜん鉄製のスロープを出すかと思いきやいきなりトラックに覆い被さり乗せ始めるじゃないですか。すごい金属音ガリガリ、トラックがかわいそうだよ。

café vivement dimancheはプロレスで臨時休業。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。くもり、秋のような涼しさの日曜日。午前中は藤沢の家の見積もりが出たので打合せ、金額の調整をして着工です。夕方、裏駅の美容院で散髪。奥さんと待ち合わせてcafé vivement dimancheでコーヒーと思ったら社員研修のため臨時休業。え〜っ、日曜日に研修って怪しいよなぁ。どうせプロレス観戦だろうと思ったら大当たり、インスタグラムで白状しておりました。堀内隆志さんが載っている最新の& Premiumと赤沢かおりさんの本を持っていっておいしいコーヒーを飲みながらお話ししようと思ったのに残念な日曜日でした。

鎌倉 のんで、たべる。 http://cvdois.exblog.jp/25901400/
両国国技館 https://www.instagram.com/p/BJpmWXhjF2G/

何を食べるかが問題なのだ!

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

現場に行くMiniを運転しながら頭のなかは届いたメールや設計のこと、進んでいないお仕事などず〜っと、ず〜っと考え事をしている。そんなときにもう一つ、今日は何を食べようかも真剣に考える。良質なタンパク質は何か、今は初秋刀魚でしょ!てな訳で帰りに黒Pugの実家である魚梅さんに寄ると台風の影響で陳列棚がスッカスカ。でも北海道産の秋刀魚が入荷していた。旬の時期の3倍する値段でしたが口の中はカリカリの焼いた脂の乗ったお魚。早〜く秋が来い、来い。

十人十色、お風呂の入り方。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。家の設計は十人十色、建築家も違えば建て主さんもさまざま十分に承知しています。いろいろな提案やアドバイスを致しますが、よほどお薦めできない理由があるときは説得してでも止めます。でもキッチンの使い方やお風呂の入り方はちゃんと希望を聞いて設計します。最近お風呂で希望が多いのがこのヒマワリのようなシャワー、そしてボク的には驚くのですがお風呂で椅子を使わないという建て主さんがいます。そんなの自由勝手なので、そうですかと先にすすめますけど。器具を取付する高さが違ってきます。立ったまま入るのかぁ、いいんだけど酔っていたらふらついて危なそう。昭和人なのでお風呂と言えば銭湯、ケロリンの黄色い椅子と桶ですよね。平成の時代なんだなあ。

ケロリン http://www.kerorin.com/fanclub/yurai.html#

仕事の道具、ネズミさんが壊れた。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。ペンと消しゴムの次に使っているマウスが壊れてしまいました。使っていたワイヤレスのマウスはスタッフのお古でした。新しいものはまずスタッフに気持ちよく使ってもらいセッセとお仕事、動きが悪くなるとお下がりがボクに回ってくる。早速注文してまずはボクのパソコンでお試し、あれ〜Bluetoothには繋がったけどスクロールが出来ない。何だ、最新のOSにしか対応してないのだ。ソフトウエアのヴァージョンの都合でスタッフのOSはボクのより更に古いときた。ということでスクロールできない最新マウスがボクのものになりました。電池式から充電式になったのはいいけれど、逆さにして充電って納まり悪いでしょ。家の設計ならこんなところは許せないから徹底的に考えるけどね、Appleさまさまは頑なでイケ好かない。

簀戸を今ふうにデザインする。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。もうすぐ設計が完成する家、これから基本設計をする家に簀戸を付ける予定。きのうのブログで「京都の町屋は夏になると障子を簀戸に取り替えて坪庭に打ち水して暑さを見た目でも涼しくなる工夫をしてきました」と書きましたが、建て主さんに簀戸をそそのかすとみんな腰を抜かして感動してくれます。だた、コストが掛かるのが難点。さらにお江戸神田にいたスダレ職人さんが引退、簡単にそそのかしては大変。材木座の家で試したことがあるのはガラスの間に竹ひごのスダレを挟み込む方法、本来の風を通す役目をしないので格好だけなので反省。でも引き戸だから開ければ風が通るのでいいんです。この写真、実は葉山の一式海岸にある中村好文さんが設計した家を見せてもらったときにパチリ。とってもいいですよね、でも一目見てどうつくったか分かりました。この中空ポリカを知っているのでなるほどなと思った次第です。もしボクの設計で同じものを見たら、はい真似です。でも敬意を表してまったく同じデザインにはしないことを誓います。

ZEH、省エネルギーを考える。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。ネットゼロエネルギーハウス(ZEH)のビルダー登録を申請しました。写真のような日本の「木の家」をず〜っと設計していたかったのですが、そうはお国が許さない。平成32年までにゼロエネルギーハウスを設計する家の半分以上にしろという尋常でないことになりつつある。これまで講習会に行ったりソフトウエアを購入して準備をしてきました。理由は「省エネの設計を知っている、設計出来る」のとぜ〜ぜん関係ない、そんなの知らないとでは大違い。これまで通りお日さまが入って風の通る気持ちのいい設計をするのはもちろん、省エネのアドバイスが出来るよう勉強していきます。以下はWebsiteのHOMEに書いた、登録するために掲載しなくてはならない宣言文なり!

鎌倉の暮らしは大きな窓をあけると入ってくるお日さまと海からの風がとっても気持ちがいい。京都の町屋は夏になると障子を簀戸に取り替えて坪庭に打ち水して暑さを見た目でも涼しくなる工夫をしてきました。しかし今は夏の暑さ、冬の寒さを大きなエネルギーをつかって暮らしている。家づくりの大きなテーマが省エネルギーになるなか、建築家もデザインや暮らしやすさだけではすまされない。「省エネの設計を知っている、出来る」ことが大切だと思います。長期優良住宅自立循環型住宅ネットゼロエネルギーハウス(ZEH)への取り組みをはじめました。長期優良住宅、ZEHでは専用のソフトウエアを導入しました。平成32年までにZEH、ZEHに準ずるNearly ZEHを設計する家の半分以上を目標にして屋根の緑化なども取り入れて新しい「木の家」の提案をしていきます。

ZEH http://minsuma.jp/interview/zeh/about/

Vespa 50s 改75ccとお別れ。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。ビンテージタイプのVespa 50s 改75ccをとうとう手放しました。久しぶりに燃料コックをオンにしてチョークを引いてキック、キック、キック。10回目くらいでパンパンパパンと甲高い音を立てて2ストロークのエンジンに火が入りました。75ccにボアアップしてあるのでピンクのナンバープレート、これなら原付のように30キロで走らなくても白バイにとめられることはありません。134号線の茅ヶ崎付近に機動隊の基地があるのですが、影で待ち構えていてス〜っとVespaの後ろに付くのですがピンクナンバーを見たとたんにUターン、ざま〜みろ!国産のプラスチック製のバイクと違ってスチールのモノコックフレームなので古くなっても上質感があって持っている喜びがあるバイクでした。

Vespa http://www.vespa.com/en_EN

夏休みの遠足@松本・穂高 #5

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。松本の〆はお蕎麦と馬刺し。地元の人のおすすめで明治末期に創業したこばやし本店に行く。分厚い無垢板のテーブル、民藝な照明器具、テキパキと働くきれいなお姉さん(たぶん家族だと思う)がとってもいい雰囲気をかもし出して居心地のいいお蕎麦屋さん。冷たいそば茶を飲みながらお蕎麦が出てくるまでの間、安曇野穂高のわさびをおろし金で用意する間がよい、よい。まずは特大の卵焼き、大根おろしと細かく刻んだネギと一緒に食べるとすご〜く旨い、生姜もよく合う。次は馬刺し、新鮮なのだろう甘みがあって深みのある味で絶品。明治5年創業の地酒「岩波」と馬刺しで痺れる。いよいよお蕎麦、こま板を使わず手で切っているという極細の二八そば。つゆは松本大久保醸造所の甘露醤油、三河九重味醂、利尻昆布、薩摩の鰹節でつくるやさしい味。ボクは暖かいかけ蕎麦で出汁のうま味を堪能する。じつはとてもいいお店だったので2日続けて行ってお蕎麦と馬刺しをいただいたのでした、ごちそうさま。

こばやし http://www.kobayashi-soba.co.jp/oshinagaki/

夏休みの遠足@松本・穂高 #4

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。遠足に行くとついつい散財してしまう、小学生が修学旅行で木刀を買うようにね。松本民芸館を創設した丸山太郎さんのちきりや工芸店で小谷栄次さんがつくった倉敷ガラスのコップ、三谷龍二さんの10cmで手彫りの角トレイと三谷さんがデザインした柔らかい羊の皮で出来た巾着、the BOX SHOPでShaker風のピンクッション、faber LABORATORIOでhomspunの長袖Tシャツ(松本で買うことはないだろうと思うけど)をお買い上げだったのでした。

ちきりや工芸店 http://nakamachi-street.com/shop/chikiriya/
10cm http://www.mitaniryuji.com/10cm_about.html
the BOX SHOP http://laboratorio.jp/theboxshop/
homspun http://www.homspun.com/homspun2.html

階段を軽やかにつくると楽しい。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。1階と上の階をつなぐだけの階段じゃあつまらない。毎日上がったり下がったりするときに外の緑や空が見えたり、家族の気配が伝わる工夫があると楽しくなる。拙宅の階段の上はガラスのトップライトで杉のルーバーがつけられていいるのでとっても明るい。夜はリビングの明かりが1階にも伝わり、階段の照明を付けなくても上ることが出来る。夜中はお月さまが出ていれば月明かりで真っ暗になることもない。階段の手すり壁にスリット空けて風を通したり、踊り場の壁にリビングと繋がる穴を空けるとご覧のようにジャックラッセルがリビングをのぞき見してとっても愉快。飾り棚のある階段も楽しくていいでしょ!階段は工夫するところがいっぱいある。

きれいにデッキ・濡れ縁をつくる方法。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。なんだ普通のデッキじゃないか。そうじゃないんです、よ〜く見て下さい。板の表面にビスがないでしょ。板の上からステンレスの皿ビスを打つのがほとんどというかすべて。でもボクはそれが許せない、お寺の濡れ縁のように釘など使わないで張りたい。そこで使うのがこのステンレス製金物、板と板の間にはさみこんで固定するので上から金物は見えない優れたアイデアの製品。板の形状もこだわる、「米杉 t-35×210 (両端をカットして巾180に製材すること。全面糸面鉋仕上げ)」と図面に指定してお寺さんの雰囲気を出すのがうちのきれいにデッキ・濡れ縁をつくる方法。古くなって張り替えるときはこの金物を再利用出来るという利点があるのもとってもいい。

夏休みの遠足@松本・穂高 #3

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。旅行に行ってまで建築を見るのはイヤだねぇ、と思いつつも後悔したくないので一応さらっと見る。伊東豊雄さんが設計したまつもと市民芸術館、これは重要無形文化財にはなりえない消耗品とは言い過ぎですが一見目新しいけど店舗ビルのようなチープ感。プログラムが100年の設定ではないのだから建築家の責任じゃないでしょうが、築130年の木造3階建てまるも旅館や今井兼次さん設計の築60年になる碌山美術館は何度見ても重みがある建築で見飽きることがない。今回は車ではなく歩行だったので松本の街並みのよさを知ることが出来ました。長く残る建物の意味を痛感した遠足。住宅はお手入れすれば軽〜く50年は大丈夫。建ったときから消耗品と思われるような設計をしては駄目だと思ったお盆なのでした。

10cm http://www.1101.com/10cm/
minä perhonen 松本 http://www.mina-perhonen.jp/shop/matsumoto/
松本民芸家具 http://matsumin.com
まるも旅館 http://www.avis.ne.jp/~marumo/index-j.html
碌山美術館 http://www.rokuzan.jp
まつもと市民芸術館 http://www.mpac.jp

夏休みの遠足@松本・穂高 #2

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。松本のお昼は明治20年に建てられた商家で登録有形文化財に指定された日本料理のヒカリヤヒガシで葉月のお料理を楽しみました。強肴(しいざかな)は丸茄子と鱧の揚げ出し、パプリカ、煎り出汁つゆ。炊合は冷やし煮合せ、ジュレがけ、ズッキーニ、椎茸、いちじく、とろ湯葉、人参。御飯は土鍋で炊いた安曇野産こしひかり。甘味は黒糖の杏仁豆腐。内装は高取邦和さんの設計です。

ヒカリヤ ヒガシ http://hikari-ya.com/index.html
高取空間計画 http://www.takatorikukankeikaku.com/hikariya/

夏休みの遠足@松本・穂高 #1

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。快晴のお盆、新宿駅から8時発のスーパーあずさ5号に乗って一泊二日の遠足に行ってきました。やっぱり渋滞の車より電車は楽ちん、楽ちん。梅雨の頃、夏休みはどうしようかと、奧ちゃんが早割のチケットを取りあえず予約。昨年もバイクで松本に行こうかって話していたので松本情報はたっぷり。学生の時に250ccのバイクに奧ちゃんをお乗せて行ったのが最初の松本、覚えているだけで5回以上は行っているので今回は松本城をパスして目的は食べることと三谷龍二さんの10cmってな感じで早朝にいざ鎌倉を出発。行きのあずさはSashikiさんのパナマ帽をぶら下げて、帰りはご覧のようにちきりや工芸店で見つけた小谷栄次さんの倉敷ガラスで松本の銘酒岩波を飲みながらのんびりとした電車の遠足だったのでした、つづく。

帽子店Sashiki http://sashiki-hat.com/top.html
小谷栄次さん http://www.hibinokurashi.com/jp/pottery/21

鎌倉にCheck&Stripeがやって来た!

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

由比ヶ浜の一の鳥居の近くにあったLONG TRACK FOODSのあとにCheck&Stripeがやって来た。うちから歩いて5分、鎌倉でオリジナルの布地やリバティプリントが買えるのがいい。お祝いのお花がいっぱい、有名なスタイリストや出版社、「ほぼ日刊イトイ新聞」からのお花もありました。カードは左から芦屋店、自由が丘店、吉祥寺店、鎌倉店。Kamakuraが一番爽やか!

Check&Stripe http://checkandstripe.com
LONG TRACK FOODS http://longtrackfoods.com

出産祝いの定番、葉山のSUNSHINE+CLOUD。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。葉山の洋服屋さん、SUNSHINE+CLOUDで買った赤ちゃんのTシャツとタンクトップ。タンクトップのうしろは葉山周辺の地図が描かれている。元スタッフの山﨑さんがご夫婦で7ヶ月の赤ちゃんを見せに来てくれ誕生祝いにプレゼント。幸せそうで何より、嬉しいですね。若い設計者には厳しい世の中で家族、仕事とも充実して頑張っていました。今はインターネットの時代で設計者は選び放題、その分プレゼンをしなくてはならず厳しいご時世。ボクらのときは雑誌に掲載されそれを見た方から依頼が来るのを待つだけでしたが、それ以外に設計者を探す方法もなく仕事に繋がりやすかったと思います。2020年のZEHの義務化に設計者は生き残るのがたいへんになるはず、しっかり勉強してみんなで生き残って行こうね!

SUNSHINE+CLOUD http://www.sunshine-cloud.com

西川材の檜を床に張る。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。300年以上の歴史がある「西川材」。江戸時代に木材を筏にのせてお江戸へ運搬していたため、「江戸の西方(埼玉県飯能市・日高市周辺)から川を渡ってやってくる木材」からそう呼ばれました。杉、檜のほかに特産品のサワラは抗菌作用、色むらが少ない、節が薄い色で目立たない、耐候性があって腐るにくいことからボクは床や浴室の天井によく使っている。今回、鎌倉市今泉台の家は建て主さんの希望から西川材の檜を床に敷きました。杉やサワラよりツヤと張りのある表情が上品ですねぇ。価格は杉・サワラの1.65倍しますが、産地直送で手配すると¥4000/平米ですから驚きの安さ、どんどん使いたい!

PS 今日までお仕事、明日13日〜16日まで夏休みでお休みです。

西川材 http://www.city.hanno.saitama.jp/0000000358.html
岡部材木店 http://www.zaimokuten.com/material8.html#08

窓には小さな庇をつける。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。住宅の窓には出来るだけ庇を付けるようにしている。小雨なら窓を開けたまま風を通すことができ、木製の庇ならスダレを掛けられるのがいい。うちの定番はこれ、木製+板金、アルミ製、ガルバリウム鋼板製の3種類。木製はから松のパネル30mmの上にガルバリウム鋼板をかぶせる。アルミは厚さ3mmの板をアルマイト処理してクリア塗装したもので色はシルバー、出は30センチと60センチの2種類。ガルバリウム鋼板製は4色つくれますが屋根の色に合わせて銀黒、出は1.6mm厚で18センチ、2.3mmで30センチの2種類。写真はガルバリウム鋼板製の庇、先端が優しくRに加工されてすごくきれいでしょ。庇の巾はピッタリとサッシの幅に合わせたいので特別注文する!

大谷石を室内に敷いてみたい。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

大谷石を室内に敷いてみたいとずっと思っている。でも何だかんだ、建て主さんに却下されてしまう。何種類もの素材を使うことをとても嫌うボクですが、大谷石の柔らかいクリームがかった白がいいですよね。この写真は泉幸甫さんが設計した家を見学したときのもの。正確には大谷石ではなく深岩石、大谷石が採掘される宇都宮の西にある鹿沼市でとれる石。グラファイト塗装されたスチールの手すりと深岩石の室内階段、さすが泉先生はうまいなぁ!

深岩石 http://jindai.biz/product/top.html

キッチンをデザインする楽しさ。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。ボクの仕事はいつが楽しいかというと集中してスケッチするとき。書類をつくったり会計する事務仕事はまあどうでもいい。てっ、勝手なこと言ってますが優秀なスタッフがいてくれるので成り立っているワガママなアトリエ。建て主さんと相談しながら2列のキッチンを一気にデザインする。アイランドのような使い方をするダイニング側のカウンターにはガスコンロと野菜や魚を洗って調理できる小ぶりのシンク。巾は1mほどでダイニング側には食器棚と薬などを入れる引き出し、そして一段低くしたデスク。もう1列は洗い物専用のシンク、食洗機、カウンター上は電子レンジとオーブンを引き込む扉で隠す。カトラリー、サランラップ、タッパー、調味料、食器、料理の本棚。そしてなくてはならない生ゴミ、プラゴミ、紙類を捨てるためのスペース。これをたたき台として建て主さんが使いやすくなるようにヴァージョンアップさせるのがボクのお仕事。コンロやシンクの横はゆったり30センチのスペースを確保するのがうちの定番、鍋や薬缶が置けることが肝心なのです。ボクはスケッチするだけだから楽しいんだけど、この絵を解読しながら寸法を入れて清書するスタッフはまた来たぞと曇った顔をする、毎度すみませんねぇ。

皮の引き手をつける。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。出来たばかりの佐助の家に行って皮の引き手を付けてきました。キリで下穴をあけてインパクトドライバーでしっかり取付。けっこう器用なのでこんなことはお手のもの。この皮の引き手は小泉誠さんがデザインしたもので「こいずみ道具店」で注文できる。小泉さんには増沢洵さんが設計した最小限住9坪ハウスをリデザインした家の見学会でお目にかかったことがありました。それ以来、皮の引き手をご贔屓にしております。磁器のソケットで改造したダクト用のスポットライトはこんなデザインのものが欲しかった唸らせるからすごい人ですねぇ。

こいずみ道具店 http://www.koizumi-studio.jp/douguten

エアコンを家具に納める。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。エアコンの季節、設計ではエアコンを家具に納めてタモ材でつくったルーバーで隠すことをよくしています。右上の梁下にある縦格子のところです。冷媒管とドレン管を先行して配管。後から付ける場合は室内機を前から見て右に穴をあけて配管しますが、先行して隠蔽配管する場合はその逆の左から冷媒管を出しておきます。これ、間違えると取付不可なので要注意。今日は友だちの電気屋さんとボク、息子の3人で拙宅のエアコンの取り替え、2階の外壁に吊っていた屋外機をチェーンブロックをつかって交換。普段ペンしか持たないので疲れ果てて体ボロボロ。多少はスペースに余裕をみて設計していますが、ついついギリギリを狙うのでたいへん。エアコンを家具に納める設計って難しいんですよ。

HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

ポール・スミス展がはじまりました。初日に行って先着でもらえるノベルティでテーマカラーのピンクに塗られたイヤフォンを狙っていましたがお仕事でまだ行けていません、ガックリ。

ポール・スミス展 http://paulsmith2016.jp/index.html

鍵穴にCRCを吹きかけていませんか?

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

鍵の抜き差しが渋くなってきたら潤滑剤のCRCを吹きかけていませんか、ぜったいにやってはいけませんからね。初めのうちは調子いいんですけど時間と共に細かな砂や埃と潤滑剤のオイルが練り合わさってもっと動きが悪くなります。そんなときは新橋の堀商店で売られているとっても細かい鱗片(りんぺん)状の粉末黒鉛をシュッとひと吹き。その名も「チービー chee bee」って不思議なネーミング、弊社製品名と書かれているからますます怪しい。鍵には「チービー」、ちゃんと覚えておいて下さいよ!

チービー http://www.hori-locks.co.jp/products/index.php#/item/?id=1130099999255

アイデアを具現化するための新・道具

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。鎌倉の設計仲間と話していたときのこと、電子水準器がすごいという話しからお隣の建物の高さが測れるものってないかって質問。ゴルフをする時にピンまでの距離、ボールの軌跡が測れるものが使えるんじゃないって、いろいろ調べると数万円でハンディーな測定器がいっぱいある。貯まっていたポイントを使って1万円台で買いました。これが凄いんです、家だけじゃなくて木の高さも簡単に測定できる。ピタゴラスの定理で水平を測って上に向けると角度から高さを瞬時に表示。もちろん水平や天井の髙さなんてお手のもの、精度は±1.0mmなのでまったく問題なし。さぁ、長谷で設計している中庭のある家のためにお隣2軒の軒の高さを測ってあげましょう。東が道路で細長い敷地のため南に庭をつくっても目の前がお隣の家、だから建物を南いっぱいに配置して中庭とお隣の屋根の上からお日さまとお月さまを拝もうという家。お隣の家はこちらの窓から全く見えない設計にしたい。そのためにも前の家の高さを知ることが重要なのだ。これまでは釣り竿にメジャーを引っかけて測っていましたから相当にアバウト、よしよしこれがあれば完璧。

Leica DISTO http://www.leica-geosystems.co.jp/jp/Leica-DISTO-X310_98484.htm

電気自動車と住宅の関係

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。2009年8月、はじめてドライブしたsmart electric drive。地元の友だちがモニターに応募して3ヶ月借りた電気自動車。横浜から鎌倉まで30kmほど運転した感想は音もなく宙を走り抜ける未来的な感じ、メルツェデスがつくった車だから小さくても加速感、ハンドリングは完璧。どうも葉山の友だちが電気自動車を買おうとしているらしいのだ。そこで今設計中のZEHを目指している家の話し。6Kwの太陽光発電パネルをつけてお日さまの出ている間はせっせと家の電気として使う、ただ使い切れなかったら売電するのではなくて電気を貯めて一番電気が必要な夜に使いたいよねって当然の発想。でも、蓄電池の普及はまだ先。そこで余った電気を電気自動車に充電しておくという考え、どうもコンセントを差せば家の電気として使えるらしいのだ。ただ家全体の電気として使えるのかは不明、友だちが買ったら聞いてみたいと思っています。メーカーに仕組みを聞いておいて頂けませんか!

smart electric drive http://www.webcg.net/articles/-/3816
BMW C evolution http://www.motorrad-central.bmw-motorrad.jp/sync/showroom/jp/ja/urban_mobility/k18/urban-mobility_c-evolution.html
LEAF to Home http://www.nissan-global.com/JP/TECHNOLOGY/OVERVIEW/leaf2home.html

夕暮れの材木座海岸がいいんだな。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。平日の夕暮れ時の材木座海岸はのんびりしていていいんだな。海水浴客は帰宅して海にいるのはボクと犬の散歩のご近所さん、そして訓練中のライフセーバーと漁師さん。海からの風をあびて波の音をききながらボ〜っとボンヤリ。40年ほど前は友だちと砂浜で125ccのオフロードバイクに乗ってアクセルターンしながら遊んだものですが、今ではそんなことは御法度。楽しかったんだけどなぁ。

材木座海岸 http://zaimokuza.net

玄関土間と格子の床がある家。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。設計した家が出来るととっても気になる。特に夜の風景が町並みにどう見えているのか、馴染んでいるか。建て主さん家族の幸せな明かりが路地を照らしているだろうか。引っ越ししてまだ3日、夜行ってみると緑の多い佐助の谷戸に2階ダイニングの障子窓から暖かい明かりが射していてホッとする。だから住宅の設計はやり甲斐があるのです。シラス壁、杉の梁、杉の格子の床、スチールの手すり、玄関のガラス格子、三和土仕上げの土間が佐助の家の特徴。請負契約した工事費は税別で約2200万円、枠や建具、家具、キッチンはぜんぶ手づくり。信頼する工務店ですが、よくこの金額でまとめてくれたと感謝なのです。

スポーツカーをモチーフにしたTシャツ

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。海辺に住む人たちのクールビズといえば昔から変わらずTシャツと半ズボン、ビーチサンダル。ボクも遊び、仕事ともこれが制服。たまに営業さんが上司を連れてきたりするとちょっとまずいかなとは思いますが、窓を開けてエアコンOFFの暮らしなので気にしないことにしています。これ、スポーツカーのデカールをモチーフにしたレーシーなTシャツ。わかるでしょ、アバルトの赤いストライプ、ゼッケン、チェッカーフラッグ、ステアリング、60年代のフォント。これでバイクに乗るとすごく気分が上がるのがいいのです。電動やハイブリッドとは別、ピストンが回転するエンジン好きにはたまらないMaid in Japanのモーターウェアブランド。

Overtakers http://overtakers.jp
LE GARAGE http://www.legarage.jp/shop/user_data/new_160624.php

宙に浮いたバスルーム

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。快晴の鎌倉、でも風があるので今日も窓全開でエアコンOFF。青空に浮かぶ松の木はうちから4軒先にある元陸軍大将だった方のお屋敷。ほら、敷地が広いから電線がないでしょ。このお屋敷の先に建築家・山田初江さんの自宅があります。細い路地をクネクネ入っていくと見えるのがこのへんてこな造形をした建築。大屋根からはみ出すようにあるアクリル板の壁と屋根の正体は宙に浮いたバスルーム。40年の歳月ですりガラスのようになっていますが、完成したときは全部透明でした。ね、これで山田先生が男っぷりな建築家だということが分かるでしょ。下がコンクリート造でアクリル板の部分の壁と屋根は鉄骨造。今回この鉄骨部分の腐食がはげしいので、全部取り壊して元の設計図通りに復元するお手伝い。今日は鉄骨屋さんが温室のようにまさに蒸し風呂の中で採寸、ホント請け負っていただいてありがとう!

夏は屋上にのぼりたくなる。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。梅雨明けして雲ひとつない青空。今日も海風が気持ちいい鎌倉です。紫外線が気になりますがこの季節になると屋上は付けられないかという要望が増える、気持ちはよく分かります。日が落ちて海からの風が気持ちのいい時間に屋上で星を眺めながら飲むビールは最高ですよね。この家の屋上からは江ノ島が見えています。つくりは屋根と一体にバルバリウム鋼板でつくった上に米杉のスノコを置いた設計。手すりは鉄の無垢材(中が空洞のパイプではなく)をつかって溶融亜鉛メッキをすると耐久性バツグン。全部木でつくると10年もてばいいかな、でもこのつくり方ならスノコだけ取り替えればいい。今設計中の葉山の家も同じ構造。葉山公園の松林ごしに相模湾を一望する、まさにビーチハウスを設計しています。

梅雨明け、風が通る家はいいですよ。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

快晴の鎌倉、関東地方が梅雨明けしました。午前中、Vespaで現場に行ったのですがちっとも暑くなく海の冷たい風がとっても気持ちよかった。今14時ですがアトリエは窓全開で海風が通り抜けてまだエアコンOFF、西日になるころになるとパソコンの熱気でさすがに暑苦しくなりますが今日は海風があるので大丈夫そう。西日よけのゴーヤも大きくなってしたし。風が通り抜ける家は気持ちいいですよ〜!

「基礎」の基礎を勉強する。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

フジロック帰りでヘロヘロの月曜日は夕方から横浜で木造住宅の防耐火構造の勉強会、今日はその時の講師だった山中信悟さんに「基礎」の基礎を教えてもらうために鎌倉の事務所に伺う。高低差のある敷地で髙基礎になる場合の基礎形状と地盤の強さをサッと計算して確かめる方法を教わりました。「知っているつもり」がきちんと自分で計算できるということはすごい自信につながるので知らないことは素直に教えて頂く、が肝心です。

自分で取り替えられるLEDダウンライトが出た!

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。これを待ってました、オーデリックは偉い!きのう大汗かきながら照明器具の新しいカタログを営業くんが届けてくださいました。早速こういう製品はないの、傾斜の天井のときは、自動点灯させるにはこれまでに器具は付くのとたくさん質問。営業くん、会社で調べて電話をくれました。全部希望する機種が新発売になって嬉しい反面、これまで使ってきた器具はほぼ全部廃盤。これ、結構図面に描くときにデータをいちからダウンロードしてうちの定番にリストアップするのは大仕事。自分で電球を取り替えられるLEDダウンライトが出たことは建て主さんには超朗報、フラットでへんてこな形ですがこれでよい。LEDが切れたら器具交換なんて作っちゃイケませんよ。

Red Hot Chili Peppersをフジロックで観た。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。Red Hot Chili Peppersを観るために新潟県湯沢町の苗場スキー場に奥ちゃん、娘の3人で行って来ました。最終日のチケットはソールドアウト、入場者4万人の夏フェス。雲ひとつない快晴、風が涼しく気持ちいいのですが、日が落ちはじめると急に寒くなりTシャツの上に綿のパーカー+防風のジャケットを着はじめる。2CELLOS、Ken Yokoyama、BABYMETALを聴いて苗場食堂でバクバク食べて、21時から始まるレッチリのためにグリーンステージで3時間場所取りしてちょこっとお昼寝。フェスは疲れるのだ。フジロックでレッチリを聴いたのは2006年だったから10年ぶり。会場が一体となる野外フェスは至福のひととき、まだ若い奴には負けないぜ。では、興奮のセットリストをどうぞ!

SETLIST
01.Goodbye Angels
02.Dani California
03.Scar Tissue
04.Dark Necessities
06.Parallel Universe
07.Otherside
08.Look Around
09.The Getaway
10.Californication
11.Go Robot
12.Under the Bridge
13.Detroit
14.By the Way

En1.Dreams of A Samurai
En2.Give It Away

Red Hot Chili Peppers https://www.youtube.com/watch?v=Q0oIoR9mLwc

20th Anniversary FUJI ROCK FESTIVAL’16

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。Rock ’n’ Roll!

「山田初江」という本物の建築家

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。うちには「山田先生」というファイルが存在します。先生から送られたファクシミリを保存しているもの。近況報告や叱咤激励、おしかり、そしてお褒めのお言葉。先生の直々の所員ではありませんでしたが、それ以上に建築を教えて頂きボクが設計した家を見てもらい、褒めて頂いたり収納は駄目だと遠慮なく指導して頂いた本物の建築家です。同じ材木座3丁目にお住まいの先生とはご近所、今も月に何度もお散歩でボクのアトリエに来ていただいてお元気です。この写真は先生が設計した群馬県嬬恋の別荘、ボクら家族が毎年3回は泊まりに行った山田先生の最高傑作の建築。行くたびにメジャーで寸法を取ってはため息ついてボクにはとても敵わないと惚れ惚れした建築でした。写真は山田先生が村井修さんに特別にプリントを依頼していただいたもの、うちの家宝なのです。これから山田先生がデザインしたキッチンのある新潟県湯沢の家に寄ってからフジロックに参戦してまいります。フジロック最後のグリーンステージは明日の21時からRed Hot Chili Peppers、暴れてきます!

2016フジロック http://www.fujirockfestival.com
The Getaway https://www.youtube.com/watch?v=Q0oIoR9mLwc

いつもとちがう仕様の設計。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。鎌倉市今泉台の家の中間検査でした。2階建ての申請ですがフロアーが4層にスキップした間取り。外壁はいぶし瓦色のガルバリウム鋼板を平葺き、サッシはいつも使う製品よりデザインが細身で断熱性にも優れるサーモスⅡを使用、前から使ってみたいと思っていましたがきれいな納まりでいいですね。オール電化の家なので床暖房はヒートポンプ式、これまではエコキュートでつくったお湯を床暖に回す方法が一般的でしたが気が付いたら別体式に仕様変更。貯湯タンクの容量では給湯と床暖には不足していたことが理由のようです。いぶし瓦色のガルバリウム鋼板で甲羅のように被われた外観が見どころ、格好いい家になります。

minä perhonenの巾着を見っけた!

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

ず〜っと巾着を探しておりました。ちょっとやそっとのデザインじゃ買いません。これはというものに巡り会うまでは出かける度に巾着、巾着とキョロキョロ、時間が掛かるのです。三連休の一日だけのお休みにminä perhonenで見つけました。気持ちデカいのですがこの巾着にLeicaの交換レンズをいれるのです、それだけなんですけどね。大事なレンズはお気に入りの巾着じゃないと駄目なのです。先日買ったminäのブックカバーにはキョンキョンの古い文庫が入れてありニヤニヤしながら読んでいる、すっごく面白い。

koti http://www.mina-perhonen.jp/shop/kanagawa/koti/

「間」を楽しむのが鎌倉の花火。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。「山国や空にただよう花火殻」は好きな俳人金子兜太さんの俳句。我が材木座海岸と由比ヶ浜海岸で第68回鎌倉花火大会がはじまり、はじまり〜!一発ずつ解説のアナウンスが流れる中、バババン、バババン、パリラパリラではなく間を取りながらパン、間、ドン、間、パンと大人の花火大会が鎌倉流。海と山に囲まれた田舎町らしい「間」が武家のまち鎌倉。派手な演出のエンターテイメントなど糞食らえ、海風を感じながら砂浜に座ってゆっくり流れる時間がいいのです。

鎌倉花火大会 http://hanabi-map.com/kanagawa/kamakura-hanabi/

左官仕上げに張り付く我が家のヤモリ。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

ぼくの家には手のひら大のアシダカグモ、ナメクジ、虹色のトカゲ、カマキリ、ヘビ、カニ、そして手が可愛いヤモリがお住みになっております。東京に車で行ったときのこと、車のドアにナメクジが張り付いてるんですよ。タイヤからしか登れないはずですよね。鎌倉に帰宅するまでずっとくっついておりました。おかえりなさいませ!

快晴の海の日、ニケツVespaして江ノ島。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。猛暑のような海の日、お昼を葉山でたべてから江ノ島のヨットハーバーでお茶。一応、ハーバーの契約者なので関係者立ち入り禁止区域を無視してズケズケ入ってお散歩。1964年、第18回オリンピック東京大会のヨットの会場が江ノ島でした、2020年もヨットは江ノ島。すべてのヨットを他のハーバーに移動させて選手の施設にする計画ですが説明会が何度も行われていますけど大変だね。ひっそりと当時の聖火台が保存されているのですがなかなかいいデザインですよね。この時のヨットハーバーの設計は谷口吉郎さんとローマオリンピックヨット日本代表の山田水城さんによるもの、今はもう壊されてありません。せめて残された聖火台をもう一度使いませんか、素敵ですよ!

江の島ヨットハーバークラブハウス http://www.s-n-p.jp/enoshima-yacht-harbor/

みなさんは三連休、僕は一連休。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。みなさんは三連休、僕は一連休。土日は打合せ、来客でお仕事、ありがたいと感謝しないといけませんね。先週の月曜日の朝、奧ちゃんに起こされて一言、きょうは日曜日だよねって寝ぼけて月曜日でガックリ。今週は土日お仕事、月曜日は祝日で嬉しいっす。休みの頭の中は先週のバイク、予約いれました!来年の冬、313cc。

三連休の美味しいもの。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。
神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。
神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

JOURNAL STANDARDのカフェが今日鎌倉にオープン、270円のオーバーメンチカツバーガーは肉が詰まっていて旨い。タニタハウジングの友だちとコマチーナでランチ。牛・山羊・羊の3種チーズ、挽き肉をトマトと赤ワインでうま味の濃いボロネーゼは麺が太くていい。たいめいけんはレバーフライとともに外せないのがラーメン、そして初めて洋食屋さんで食べる味噌ラーメン。赤味噌がブレンドしてあり鎌倉ひら乃の味噌を思い出す味。ピリッとしたスープが旨い。

J.S. BURGERS CAFE http://burgers.journal-standard.jp/#/
コマチーナ http://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14033522/
たいめいけん https://www.taimeiken.co.jp/menu/index1.html

56歳の住宅をお色直しする。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。山田初江先生が1959年5月に設計、1960年に完成している鵠沼の家を見てきました。モノクロの写真は建築文化誌1960年12月号に掲載されたもので、建築写真の第一人者である村井修さんが撮影した貴重な写真。屋根の軒が1.5m張り出しダイナミックな外観、階段を上がったデッキが玄関という大胆さ。常々思うのですが山田先生の建築は男前!中に入るとうわぁ〜、先生だぁ。スキップさせて1階と2階の天井高さをうまく調整して見事な吹き抜け、回遊性がある間取りもスッゴくいい。今は部屋に改装されていましたが、モノクロ写真の左の空間は外部で裏に通り土間として繋がっている。ここを「アウトドアダイニング」と命名、もう山田先生らしすぎて超素敵です。図面を見ると今はない食器棚がすごい、空気が流れるように網を張った200mmφほどの丸が9個あるデザイン性の高い意匠に復活させたくなるくらい痺れる。この家を見て考えたとこと、出来るだけ元の姿に近づけたい、使う材料は60年代に使われていたラワン材など当時のもので手直しする、その上で設備や電気の配線は現代の暮らしに合わせる。特に「アウトドアダイニング」は建て主さんの理解が得られ予算が合えばぜひ復活させて、山田先生をお連れしてここでお茶を飲みたい!大切に使われて頑張ってきた家とお色直しして3代目につなげようという建て主さんにお目にかかれてとっても嬉しい日だったのでした。

引き戸の取っ手は手づくりがいい。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。ボクの設計する家の出入り口はほとんどが引き戸。日本は襖の文化、風を通すためにはドアより引き戸が適している。玄関戸だって引き戸にして内側に網戸の引き戸をつけると風が通って気持ちいい。でも今時は防犯も大事なのでまわりの環境を見てから考える。引き戸の取っ手は金物っていう手もあるけど、職人さんに彫り込んでもらう方がシンプルでいいと思っている。でもただ彫り込めばいいと言うわけではなくボクはやかましい、半円を描いて端部の船底が丸く立ち上がらないと許せない。端部が爪のような形も駄目、絶対に半丸。これはU溝ビットという刃物じゃないと出来ない。これは家具の師匠に相談、試作してもらって決めた形なのだ。階段の鼻先の滑り止めも同じ仕様にしている。埃がたまってもサッとかき出せる形がいいんです。だから図面のあちこちにU溝ビット彫りと描きまくって念を押している。それでも言うこと聞かない奴がいるんですけどね、全部やり直し!!!

スイッチ、コンセントにこだわる。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。住宅はこだわるところがいっぱい。うちの定番、一口のスイッチはホテル用のプレートを使う、金属製もある。ガス栓は東京ガスのマニアックな資料にしか載っていないコンセント付きガス栓を必ず使います。だってファンヒーターは電源が必要でしょ、いくつもプレートを付けるのは無粋だからこれじゃないと駄目なのです。

早起きしてAmazonプライムデーにドキドキ。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。みなさん、今日は年に一度のAmazonプライムデー。そんなのやっているなんて数日前にはじめて知りました。24時間各時間帯ごとにPrime Dayセール対象の商品が出てくるので今表示されているのは通常の価格ですからポチッとしたら駄目ですよ〜。ボクは4つだけ、Fire TV Stickを7掛けで3,486円也、64GBのSDカード、16GBのmicroSDカード、そしてトンボ色鉛筆36色を格安でご購入、うれしい!

既製品の照明器具はいらない。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

左官仕上げの壁を照らす照明の明かりがきれいです。これは既製品の器具ではなく勾配天井から吊り下げた白いコードと陶器製のソケットにLED電球を付けたもの。コードが数百円、陶器のソケットが200円、LED電球は安くなってきたので1500円ってところ。土間のある吹き抜けを照らすには十分な手づくり照明器具、こんなシンプルな明かりもありだと思いませんか。

飛行機を見に羽田へ遠足。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。快晴の日曜日、お昼を食べに羽田空港にVespaで遠足。暇なわけじゃないんですよ、念のため。空港に着くとバイクの駐車スペースがあるP1にとめて、連絡バスで国際線乗り場の展望デッキにいくといない、エールフランスもブリティッシュ・エアウェイズもコンコルドもいない。西の大国から来ている飛行機はいたけどデザインがぜんぜんイケてないからどうでもいい。あああっ、着陸して走っているのはSTAR WARS ANA JET!第2旅客ターミナル方向に行っちゃう、ボクらもあわてて連絡バスに乗って第2に向かうのでした。あの、暇じゃないんですよ。そして撮影したのがこれ、90mmのレンズなのでこれが精一杯。まわりは撮り鉄こと、撮り鳥たちがバケツの様なでっかい望遠レンズで連写、耳には無線機のイヤフォン。なんか傍受してるんだろうな、う、ボクもちょっと貸して欲しい。お土産は羽田限定の箱に入ったとらやの羊羹でした。

STAR WARS ANA JET https://www.ana-sw.com/jets/

オートバイを見にお台場へ遠足。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。お仕事をして午後からお台場で日本初公開のオートバイを見て、またがってきました。今日からオープンしたショールームは歴代の名車が展示され、外ではレーシングドライバーのデモ走行でドリフト。お目当てのオートバイG310Rはこの1台しか日本になく、発売日、価格とも未定。このイベント後G310Rはすぐドイツにお帰りになるそう。小ぶりなボディーが軽快に走れそう。奥さんを後ろに乗せてみてタンデムのライディングポジションを確認、すっごくいい感じ。予約いれそうで怖い。お台場に向かう途中、車はベイブリッジの上で9999Km、もうすぐ3年目の車検なのにやっと10000Km越え。子どもが大きくなると車に乗らなくなりますねぇ。そこで、やっぱりオートバイがおもしろい、でしょ!

G310R https://www.youtube.com/watch?v=VPfIOG8C8n0

吹き抜けの手すりは軽やかにスチール。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。佐助の家の特徴はガラス戸の引き戸を開けるとペレットストーブが置かれた三和土の土間。上を見ると吹き抜けと格子状の床があるおもしろい空間がすごく印象的。格子の空間はペレットストーブの暖気を2階のリビングに送り込みたいけど部屋としても使おうというアイデア。厚めにラグや座布団を敷けば下から暖かい空気が上がって来る書斎になる。吹き抜けの手すりは木では野暮ったくなるのでスチール製丸鋼19φ、16φ、13φ、10φを組み合わせて軽やかにデザイン、子どもが小さいうちは万が一落ちたりしないように白いネットを結束バンドで結べば安心です。2階リビング+ダイニング+キッチンの床板は埼玉県飯能の西川材特産サワラ材です。抗菌作用があり、節が少ないのが特徴。値段は節ありの杉材と同額だからどんどん使いたい材料です。水にも強いので浴室の天井にも張りました、気持ちのいいお風呂ですよ〜。

サワラ http://www.zaimokuten.com/material3.html#03

トイレは階段の踊り場に1つでいい。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。トイレは階段の踊り場に1つでいい。設備の費用が下がること、ウォシュレットだって故障するんだから1つでいい。寝室から近い位置の踊り場にすることが重要。リビングから多少上がったってぜんぜん平気!トイレの壁は防音のため断熱材を入れて石膏ボードを2重張り、引き戸は吊りレールにしてソフトクローズ機能をつけて静かに閉める。寝室の近くなので注意が必要。そして極めつけに凄いのがトイレの下に大きな階段下収納が出現、さらにトイレの上の天井裏にも収納がつくることが出来るのだ。枠をなくして壁と同じ紙張りの扉にして目立たないようにして、お友達に「あれっ、ここ何なの」と聞かせて建て主さんが自慢するポイントになるのだ。

壁と床を見切る巾木をきれいに納める。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。いよいよ佐助の家がお引き渡し、建て主さん家族5人がとっても楽しみにしてくれていてボクも嬉しいです。階段下収納の換気をするためお隣の洗面室の巾木をうちの標準の高さ35mmから90mmにして30×500の細長いスリットを開けました。腰壁は水が垂れてもいいようにメラミン化粧板、アルミのアングルで見切ってその上は左官仕上げ。ロフトと吹き抜けの境は巾木(高さ30mm)が急になくなるのも変なので先端をRに納めるデザイン。コンセントの位置、高さは二十分の一の展開図に描き込んできちんと指定、高さはコンセントの中心で150mm、ハウスメーカーなどと比べると100mm低くしています。壁面に付くコンセントやスイッチも大事なデザインなのです。こいうところが気になるんですよねぇ。妥協しないで丁寧な設計のお仕事でしょ!

小屋裏収納というワクワクする居場所。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。小屋裏収納のことをみんなはロフトと呼んでいる。でもお役所はそれを明らかに嫌っている。屋根の中にあるのが小屋裏収納、収納だからテレビの差し込み口や大きな窓は付けて欲しくないのだ。神奈川県の条例は窓の大きさは小屋裏収納の面積の二十分の一以内までとしている。天井高さはご存じのように一番高いところで1.4mだ。嫌う理由はよく分かるんです、写真のように実態は天井の低い3階建てなんですね。3階建ては防火の仕様、構造、基礎と厳しい基準があるから、2階建てと3階建てを区別したいのだ。この建物は確認申請の許可を得て、完了検査に合格しました。コンパクトな家には小屋裏収納(ロフト)という居場所が実に心地いいから困った。吹き抜けに大きな窓を付けることは制限がないのでとっても明るい小屋裏収納が出来る。階段は蹴込み板をなくしてスケルトン階段にして軽やかに上ると秘密の居場所にやってくる、まるでツリーハウスのごとくワクワクするはずだ。今設計中の3棟も秘密の居場所がある、お楽しみに!

積ん読本を減らすブックカバー。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。通勤時間5秒のボクが本読むためには特別に時間を取らないとなりません。5秒で仕事場に入ると夜までずっとスタッフと一緒にお仕事、移動は徒歩、自転車、Vespa、miniだから本は読めない。せっかちだから仕事の帰りに喫茶店に寄ることも全くしない。だからどんどん積ん読本が増えて困るのであります。そこでずっと前から注文していた、このminä perhonenの端布をパッチワークしてつくったブックカバーが本を読みたくさせてくれるということにする、ようは物に弱いのである。5種類使われた端布の手触りが全部違うので持っていてとっても気分が上がってくるのがいい。裏地は皆川さんがデザインしたリバティーの生地、いいでしょ。これでももともとは読書家で大学生の頃は1日一冊ペース、大のサガンファン、アンドレ・ジッドの「狭き門」にウルウル。登場人物が異常に多くて難解なロシア文学も大好きでした。さ、もう少し時間に余裕を持って生活して「書とカメラを持って街に出よう」。

「旅」という題名のある本が気になる。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

本の題名に「旅」という言葉が入っているとついつい買ってしまう。必ずしも内容が旅行ではなくても欲しくなるのは不思議な力なのだ。「旅」と言えば、着ていく服、靴、時計、カメラ、バッグとドンドン妄想が膨らんでワクワクする。中目黒のdessinで買った「皆川明の旅のかけら」を読んでいると無性にどこかに行きたくなってきた。夏休みは電車で松本、秋は建築の仲間たちと和歌山県に紀州材の視察、そして実家の宮崎に行くのさ。何を着ていこうか、カメラのレンズは何mmを持っていこうか、食事するところを探しておかないと。今日から春夏のセールが始まるんだよなあ、困ったなぁ。でも、後悔したくないので見るだけでも行ってみよう、ぜったい買わないからな。

踊り場からキャットウォークに上がる方法。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。南からお日さまの光を取り入れるために吹き抜けの上につくった窓、ここに夏は簾を掛けたいという建て主さんの希望からキャットウォークをつくりました。そこでキャットウォークに上る方法が宿題になっていたのでした。階段が出来るにつれていろいろ悩んで固定の足かけを提案をしましたが即却下、子どもが上りたがって危険との理由。そこで出来たのがこれ、杉材でつくりすぐ押入に仕舞えるように段は3段にして超軽量ハシゴ。既製のアルミハシゴよりもずっと軽く、簡単に仕舞えることが重要。

6月30日は水無月を食べる日。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。6月30日、厄除けの水無月祓にちなんで京都を中心に食べるのが水無月。小豆の赤い色が邪気を祓うと信じられてきたんだそうです。昨年は鶴屋吉信の水無月でしたが、今年はとらやの水無月をいただきます。器は大嶺實清さんの息子さんが焼いたコバルトブルーのやちむんとMARGARET HOWELLの湯飲み。季節ごとにいろいろな色があって、この湯飲みがず〜っと前から気になってました。初めて見たうすいグレーを手に入れました。宇治市の朝日焼でMARGARETさんが形と色合いを何度もだめ出しして完成した器だそうです。外観はグレーで内側は飲み物がきれいに見えるように真っ白。飲み口の縁をきれいに2色に切り替えることにMARGARETさんはこだわったそうです。今日は日本茶ですが、毎朝仕事始めに浅煎りのコーヒー豆を挽いてハンドドリップしてこの器で飲むのが日課、朝一番気合いが入ります。

水無月 https://www.toraya-group.co.jp/toraya/products/event/minazuki/

敷居と鴨居のお尻は丸く納める。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。佐助の家の玄関は防犯硝子が入った引き戸。引き戸には敷居と鴨居が付くのですが、このようにしたかったんですね。引き戸を開けた戸尻の納まりを優しく丸〜くする。敷居は三和土仕上げの階段の先端に合わせて丸〜く。気になるところは図面を描いてトコトン職人さんに頑張っていただくのがうちの設計。ARIGATOU!

手紙を濡れないで取るポスト。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。佐助の家の外壁はブラック色。山の風景は葉っぱのグリーンと影のブラックの2色。山の上に白い建物が建ているとすごく目立つ、折角の風景を台無しにしてしまう。だからこの家は黒。玄関の格子戸ごしに見える白木の板はポストのフタ、硝子の引き戸をあけると屋根の掛かった玄関ポーチ。から松のパネルをポストのフタに利用して、手紙を濡らさないで取ることが出来る仕組み。黒の外壁とから松パネルのコントラストがきれいでしょ。郵便屋さんは外の堀商店謹製のポスト口から手紙を入れて、建て主さんはポーチで受け取る。フタを開けるのが楽しみになるデザインだと思いませんか。

障子を戸袋に仕舞って借景を見る。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。佐助の家の完了検査、偶然検査員が材木座在住のご近所さんでいい家だとお褒めいただきました。北側が道路なのですが、佐助稲荷に通じる路地なので北側がこの家の顔。設計では北側の借景を取り入れため、ダイニングの窓を出窓にして障子の戸袋に仕舞えるようにして窓を全開に出来るように工夫。さらに夜になるとダイニングの明かりが障子越しに佐助の路地に暖かい暮らしの様子を伝えてくれる、これって住宅の設計でボクが大事にしていることの1つです。枠は国産材の杉材、障子はタモ材です。

↑PAGE TOP