森ヒロシ建築設計所

close

ブログblog

馬が駈けぬける鎌倉、湘南。

どこからどこまでが湘南か、毎度の疑問ながらブラタモリは面白かったですね。鎌倉は湘南。まぁ、冷たいこと言わずに相模湾沿いは湘南でいいじゃないですか。きょうの鎌倉は湘南日和に神事の衣装がミスマッチでしたが、これが鎌倉、そして湘南なのだ!

馬が駈けぬける材木座海岸 @流鏑馬

快晴の材木座海岸は波乗り、パドボ、ウインドサーフィン、ヨットで賑やか。そんな海辺を五年ぶりに流鏑馬で馬が駈けぬけた。今年は鎌倉宮の神事として行われた。海岸は材木座の住民みんながいるかのように、建て主さん、商店主、会場の準備をする電気屋さんと次々にご挨拶。土ではなく砂浜を走るためドドッ、ドドッ、ではなくザザッ、ザザッと駈けぬけて的を射る!

流鏑馬 https://kamakura.keizai.biz/headline/293/

RHODIAとMOLESKINE @和歌山。

和歌山では紀州材の杉と檜の製材工場、伐採現場を見てきた。こんなときに必須な道具が小さなロディアのメモ帳とカヴェコのクラシックスポーツシャープペンシル。歩きながらメモ、立ち止まってメモ、メモ。ミミズが這ったような字でボクにしか読めませんがメモは大事です。そして帰宅したらモレスキンの蛇腹式ポートフォリオに整理しておく。そしてミミズが判読できるうちに清書して、もう一度職人さんの言葉を思い出す。この道具と思い出すという過程が大切なのです!

Kaweco CLASSIC SPORTS https://store.ito-ya.co.jp/item/42502786008221.html

MOLESKINE Portfolio https://www.moleskine.co.jp/ポートフォリオ-ブラック/p0407?variantName=n1DaaFormat&variantValue=XS%20(cm%206.5×10.5)

弘法、筆を選んで筆不精、再び。

家づくりの会の仲間、建て主さんと紀州材の見学旅行に行っておりました。再び、では、筆無精のプレイバックをお楽しみに。宿のお風呂から見た絶景の紀伊水道、向こうは徳島県です!

 

Paul McCartney FRESHEN UP TOUR 2018

Paul McCartney
FRESHEN UP TOUR 2018@両国国技館

A Hard Day’s Night
Hi Hi Hi
All My Loving
Letting Go
Come On to Me
Let Me Roll It
I’ve Got a Feeling
My Valentine
1985
I’ve Just Seen a Face
In Spite of All the Danger
From Me to You
Love Me Do
Blackbird
Queenie Eye
Lady Madonna
Fuh You
Being for the Benefit of Mr. Kite!
Something
Ob-La-Di, Ob-La-Da
Band on the Run
Back in the U.S.S.R.
Let It Be
Live and Let Die
Hey Jude

Encore
I Saw Her Standing There
Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band
Helter Skelter
Golden Slumbers
Carry That Weight

NME Japan https://nme-jp.com/news/

 

葉山で北欧の自然を感じる @Alvar Aalto #3

葉山町の神奈川県立近代美術館で開催しているアルヴァ・アアルト「もうひとつの自然」は行きましたか。展覧会を見る前にペンのサイトが参考になります。フィンランドとアアルト、奥さんのアイノ・アアルトを予習して行けば、どうして日本人が、建築家たちが好きな訳が分かります。読みやすくとってもいいリポートです。展覧会は11月25日まで!

Pen @山田泰巨さん https://www.pen-online.jp/feature/design/AALTO2018/1

アルヴァ・アアルト「もうひとつの自然」 http://www.moma.pref.kanagawa.jp/exhibition/2018_aalto

 

ご当地カレー @宮崎

旅をするとご当地の麺類とカレーが食べたくなりませんか。今週木曜日から紀州、とくれば和歌山ラーメン。鯨のカレーがありそうだな、よ〜し楽しみ。赤いカレーは宮崎観光ホテル総料理長の牛すじ煮込みのレトルトカレー。もう一品は宮崎空港発祥のガンジスカレーである。どちらも美味である。もう一つ買ってきたのは航空自衛隊、新田原基地(しんたわらでも、にったはらでもなく、にゅうたばるきちと読む)カレー。パッケージは絆の文字にF15戦闘機と謎のひと品。

新田原基地 http://www.mod.go.jp/asdf/nyutabaru/

新田原基地カレー http://miyazaki.fool.jp/himukamon/?p=101

ガンジスカレー https://mainichi.jp/articles/20171202/k00/00e/040/294000c

弘法、筆を選んで筆不精。

弘法、筆を選んで筆不精、なんてね。すっかりご無沙汰でしたが元気にお仕事しています。土用の入りは宮崎で鰻を食べて、代官山でホンマタカシさんの対談を聞いて、熱海で杉本博司さんの展覧会で国宝・色絵藤花文茶壺(宮坂羊山こと、仁和寺門前の御室窯・野々村仁清作)を見て、茅ヶ崎でまんぷく塩ラーメンを食べた。きょうの話題は朝、白いペリカンのアオサギがうちの屋根にとまってい〜るじゃないですか。屋根で毛繕いしたり伸びをしたりして「ぎや〜」、「ぎゃ〜」鳴きながら悠然と飛んでゆくのでした。月曜日の朝から縁起がよろしい。では、筆無精のプレイバックをお楽しみに!

天正少年使節と杉本博司さん @熱海

 

天正少年使節と杉本博司さん @MOA美術館

 

ホンマタカシさんの換骨奪胎 #3

ホンマタカシさんの換骨奪胎 #2

photograph @代官山
iPhone7+Adobe LightroomCC Lr Camera.

ホンマタカシさんの換骨奪胎 #1

台風の影響で電車が計画運休したため延期になっていたホンマタカシさんと後藤繁雄さんのトークショーを聞きに代官山に行ってきました。その前に新橋のビーフン東で夜だけの献立、あんかけビーフンの汁と紹興酒をいただいて、いざ代官山へ。

秋の宵、鎌倉の天平大雲。

天平大雲の間からでた満月がすてきです。
縁起の良い瑞雲で神頼み、運気を上げる。
pm06:28:58、iPhone7 @材木座

 

土用の入り、秋深し宮崎 #5

高知県足摺岬の西、宿毛市付近を飛ぶ羽田行きの全日空機。どんどん日が暮れて西日が水平線をオレンジ色に照らし出す、天国である。なくなったホーキング博士の言葉がだい好きだ、「宇宙の誕生は無だ。人が死んだらあるのは天国も、地獄も、来世もなく無だ」。この景色を見て天国と思ったお幸せなボクである。

 

霜降で寒い鎌倉 @2018仕事展

きょうは霜降、ほんとうに霜が降りるかと思うほど寒い鎌倉。手帳を見ると「くもり」「うすぐもり」でたまに「晴れ」ばかり。パリッと秋晴れでポカポカってのはなしで冬になる予感。

お知らせです。
来月、鎌倉生涯学習センターで「鎌倉の建築士・仕事展」を開催します。鎌倉駅近くにお買い物に来たついでに見に来て頂けたら幸いです。

場所:鎌倉生涯学習センター
期間:平成30年11月16日(金)〜18日(日)
時間:10時〜17時(18日は16時終了)
ボク:17日(土)10時〜18時、います!

 

土用の入り、秋深し宮崎 #4

フェニックス・シーガイア・リゾートの四十二階で食べるイタリアン、リストランテ・アルコの前菜とボロネーゼ。銀座にある落合務さんのお店と同じ何を食べても一律料金なので、お料理を選ぶのが楽しい。シーガイア一体は元防風保安林の国有林、林野庁が保安林を解除し売却したのが始まり。宮崎出身で大阪で財を成した佐藤棟良と岩切章太郎元宮崎交通社長がいなかったら出来ていなかったであろう、となぜか父がこの頃のいきさつにとっても詳しいのが怪しい。「つわものどもが残した夢」である。

Ristorante ARCO https://www.seagaia.co.jp/japanese/rbs/sgor/ristorante_arco.html

土用の入り、秋深し宮崎 #3

秋深し宮崎のソウルフードを三品食べた。知っている方もいるかと思います、まずはグリル爛漫のチキン南蛮。現役のマスターが修行先で編み出した甘酸っぱいもも肉の南蛮、いつまでもお元気でいて下さい!あとの二品も宮崎県民にはお馴染み、すき焼きのタレのような出汁と歯がなくても飲めるうどん、博多とはちょっと違う豚骨ラーメンは茹でた細〜いもやしがシャキッとスープとよく馴染む、B級と言ってはいけない!

グリル爛漫 http://www.grill-ranman.net/index.htm

大盛りうどん https://oomoriudon.stores.jp

きむらラーメン http://kimura-r.co.jp/menu.html

土用の入り、秋深し宮崎 #2

西都市の国分寺跡にある木喰五智館で木喰上人が楠から彫った坐像五躯を見た。つい最近、公共放送の日曜美術館で木喰さんの特集があり柳宗悦さんが西都まで調査に行った映像を見てたまらずに微笑む仏像を拝んでまいりました。西都と言えばうなぎの入船である。祖父母と両親は常連だったそうですがボクはお初。井戸水で泥臭さを抜き、蒸さないで焼き上げる鰻は外パリッパリ、肉を食べているような食べ応えのある食感と香ばしさが旨い。上手に炊かれた絶品の地元米とお手製一夜漬けのお漬物、そして豆乳のような呉汁にまいりました。

うなぎの入船 http://www.u-irifune.com/smartphone/tenposyoukai.html 

木喰五智館 http://www.saito-kanko.jp/sightseeing/mokujikigochikan

土用の入り、秋深し宮崎 #1

土用の入り、秋深し宮崎に行ってきます。ちょこっと親孝行して、ドライブして、温泉に入って、おいしいものを食べる食欲の秋なり。全日空機は東京湾から上昇して一万メートルの高度で鎌倉上空を通過して和歌山県の田辺市、四国と大分沖合を飛んで快晴の秋深し宮崎空港に着陸。

「今日の買い物」 @YAECA

ヤエカに行ったらディスプレーしている服だけだと思ってはだめです。へんなお店で、リクエストすると「ありますよ〜」っていろいろ出てくるところがちょっと敷居高く感じますが、リクエストしてみて下さい。このコーデュロイのジャケットも隠れておりました。奥ちゃんの「今日の買い物」。

YAECA http://www.yaeca.com

 

無垢材でつくるテーブル板の値段は。

アルヴァ・アアルト「もうひとつの自然」で展示されていたバーチ材(白樺)のフレームと白く塗装された座面の椅子。傷がついて飴色になってもいいものは味となる!こんな椅子に似合うテーブルを買うのではなく作ってみませんか。今日、懇意にしている材木屋さんが愛知県からやってきました。無垢板を五枚ほどはぎ合わせて畳一枚サイズの天板に仕上げる。値段が気になるでしょう、こっそりお教えします。テーブルの脚と送料、消費税は別です。では材ごとの立米単価とはぐ手間を計算すると、畳一枚の天板のお値段は小さな声で。

1.ナラ     ¥70,761-
2.タモ     ¥50,349-
3.カバ     ¥55,792-
4.ビーチ    ¥44,226-
5.ウォルナット ¥79,606-

こんな感じ、内緒です。

 
 

鉄筋工と電気屋さん @二階堂

秋らしくなりました、でもパッと秋晴れになりませんね。自動車が二台入る地下駐車場の配筋工事が完成して、いよいよ壁と天井のコンクリート打ち。壁と天井の型枠は図面通りキチンと割り付け出来ました。今回は安藤忠雄さんのようにきれいな打ち放しではなく、あえて普通型枠を使ってザックリ仕上げます。道路側は杉板の型枠で、木目を転写した打ち放し仕上げ。電気屋さんは型枠の割り付けに合わせて、ダウンライトの仕込みをする。このあと、きれいにお掃除してからコンクリート打ちです。

「今日の買い物」 @地元

「今日の買い物」の著者は岡本仁さん。単行本が二冊、そして今は暮しの手帖で連載をしています。夕方、ディモンシュにお豆を買いに行ったら岡本仁さんが口癖の「コーヒーブレイクは大切ですね。」をしておりました、すてきです。帰りにロング・トラック・フーズで熊さんを買う、ベスパのキーに付けて和むだけの無駄使い。もうソールドアウトです。

岡本仁さん https://ontrip.jal.co.jp/article/tips/interview_okamoto/

LONG TRACK FOODS https://longtrackfoods.com

Ctrl+Alt+Delete。

マイクロソフトがあったからアップルがある、アップルがあったからきらいなウインドウズがある、のかな。ポール・アレンさんが亡くなり、当たり前ですが大富豪であっても永遠なんてないんだよな、と思ったとても寂しい今日の朝でした。あまりにも早すぎますよね、それだけです。

お鍋を磨きたくなるキッチンの収納。

キッチンカウンターの下を引き出しにするか、開き戸、引戸にするかはさまざま。設計者がこれって決めつける訳ではなく、建て主さんの使い方をお聞きして、「では、こうしましょうか」と提案します。ホント、みんな使い方が違うので毎度デザインし直すところが造り付けキッチンの面白いところ。これは扉なしでステンレスの棚板が引き出せるお鍋とフライパンの収納例。見えているからお鍋を頑張って磨いてから仕舞うことが肝心、だからいつもピカピカなのです。

バイブレーション仕上げのキッチン。

パーマネントヘアーライン、通称バイブレーション仕上げとはランダムにヘアーライン加工されたステンレスのこと。よくある一方向に研磨されたステンレスよりちょっと格好いい、かな。設計者としては予算ありきなので、正直どちらでもいい、かな。以外やそこまでのコダワリは持っていないので気になる方は「バイブレーション仕上げがいい」と言って下さいね!

菊川工業 https://www.kikukawa.com/metal-sample-catalog/stainless/

SNEEBOER社の植栽用スコップ。

オランダのスネーブール社製、ステンレスとタモ材で出来た植栽用ミドルサイズのスコップがすこぶる使いが勝手よい。この小ささが、か弱き奥ちゃんでも穴掘りが楽々、土と培養土を入れ替えていく。アトリエの際にヤブランの白花を植えてあげる。台風の塩害でやられてしまった植木のお手入れと植替えをした日曜日。

SNEEBOER http://sneeboer.jp/index.html

再び、再、再RASCALで「フォー」!

秋はキノコ、新メニューのキノコのフォー。毎週行く度にフォーのメニューが入れ替わっていて楽しみなラスカル。試作中のサンドイッチとテイクアウトのお弁当が待ち遠しい秋なのです。

Pho RASCAL @鎌倉市小町1-15-5

YAECAのGジャン。

「今日の買い物」は白金のヤエカホームストアでインディゴのジーンズジャケット。厚手のデニムでズッシリと重たい。かたちは体にすい付くスリムなパターン、ピッチリと着るのがボク流。奥ちゃんの「今日の買い物」はそのうち、また。

YAECA http://www.yaeca.com

↑PAGE TOP