森ヒロシ建築設計所

神奈川県・鎌倉の建築家 森ヒロシ建築設計所

NEWS

DIARY

十和田石を貼ったお風呂。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです

鎌倉・御谷の家がいよいよ内装工事、お風呂の床と腰壁に十和田石が貼られました。乾いているとうっすらと緑色、濡れるとカメレオンのごとく深い緑色に変化するのが魅力。壁と天井はヒバ材で奢る。浴槽は天保二年創業、広島県で鋳造した真っ白は鋳物ホーローバス。気持ちいいだろうなぁ!もう少しで完成します。

大和重工 http://www.daiwajuko.co.jp

今日の現場はタイル。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです

設計者泣かせのランダムなタイルである。このタイルをキッチンの壁に貼ってほしいとのご所望なのだから仕方がない、割り付けを頑張ります。ご存じでしたか、小さなモザイクやランダムなタイルの裏はネットで連結されているのだ。腕に自信があればバラして一枚ずつ貼ることも出来ますが、そんな酔狂なタイル屋さんはいません。頑張ってください!

うちには蟹さんが住んでいる。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです

朝も早よから蟹さんと目が合った。うちには蟹さん、蛇、ヤモリ、ナメクジたちがお住まいである。今日は朝から健康診断で八幡宮近くのかかりつけ医に行った。胃カメラをのむので昨夜から断水で喉カラッカラ。無茶苦茶ストレスのある生活をしていながらボクの胃はきれいなピンク色で無事合格とお褒めのお言葉。まだ大丈夫、じゃないよ!

腰壁と漆喰壁をアルミで見切る。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです

工務店がちがっても収まりは同じ、図面通りに腰壁と漆喰壁をアルミ材のアングルで見切る。厚みはイチミリ半、す〜っと極細でシルバーの線が通るだけでスッキリと見切る。こうするために、下地材のボードを石膏ボード12.5mmとベニヤ4mmで組み合わせるのだ。すると上下の仕上がりがツライチ、段差なしで仕上がる、どうだ!

現場用のVANSが一足半になった。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです

片方落としたVANSのスリッポン。すぐにも現場で必要なので、泣く泣く一足買いましたで、一足半になりました、どうする半分。こんどは運良く左側を落とすとは思えないしねぇ。土禁で現場の室内でしか履いてないのでどこも傷んでいない。捨てるに捨てられず困った、お蔵入りだな。

炙って曲げる手すり。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです葉山の家は大工さんの工事がおわって仕上げ工事に入りました。きょうは建て主さんと外構の打ち合わせ。縦張りした杉材でつくる黒板塀の高さを室内の床面から何度も確認、周囲にある家の塀の高さと比べながら違和感のない高さに決める。いつもと違う鍛冶屋さんでしたが図面通りの手すりがついておりました。800度で炙って曲げた手作り、いいねぇ。帰りに現場専用の靴を片方、Vespaの荷台から落下して紛失。VANSの大事なスリッポン、無念であります。

古くてもいいものはいい、QuietComfort2。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

2003年発売、ボーズ社のQuietComfortをまだ使っている。ノイズキャンセリング機能が付いているので外部のノイズを打ち消してくれ、電車や飛行機の中で使うと快適なヘッドフォン。ただ、油断してボリュームを上げると音漏れするので注意しないといけない。最近はケーブルを外して音楽ではなく、もっぱら考え事をするときや寝るときに使う。寝室ではほぼ無音状態になりよく眠れるのだ!

QuietComfort https://www.bose.co.jp/ja_jp/products/headphones/noise_cancelling_headphones.html

古くてもいいものはいい、iPod photo。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

2004年10月に発表されたiPod photo。13年経ち、いまも現役で使っているんですよ!いわゆる第4世代のiPodでディスプレーがカラーになった。ボタンがなくなりクリックホイールだけのシンプルなかたち、連続再生時間は約15時間。まだまだ使うのだ。

iPod photo https://www.apple.com/jp/newsroom/2004/10/26Apple-Introduces-iPod-Photo/

お城の狭間(さま)を手すりにつける。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

家の配置、玄関の位置、バルコニーの位置は見える景色、お隣の窓、風通し、日当たりで決まる。その上でバルコニーの手すりは解放した亜鉛スチールの手すりにするか、周辺から覗かれない高さの手すり壁にするか考える。近隣が近いときは椅子に座ったときに覗かれない高さ、例えば1メール60センチくらいにする。すると外の様子が見えないのでこれが登場する。内側が広くて外側が狭いのぞき窓、鉄砲を撃つお城の狭間(さま)である。ちょっとでも外の様子が見えるとホット安心出来るのだ。小さな狭間から瓦屋根の風景が見えている。

狭間 https://ja.wikipedia.org/wiki/狭間

トイレの手洗いも手づくりする。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

インターネットの時代になって設計がホントにやりづらくなってしまった。画像で検索すれば住宅が出来ちゃうくらいの情報量。さらにネット価格で最安値が分かり建て主さん支給になる、建設会社との信頼感はどうなるんですかと愚痴る。これはメーカーの既製品と同じものを手づくりしたトイレの手洗い。唐松のパネルに洗面器を乗っけて扉だけつけるだけの超ローコスト、ネットの時代でも職人さんにゆだねるのがボクの設計。なかなかいいでしょ!

タイル割りにこだわる。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

なんでもピリッとしないとイヤな性格。コンセントの高さ、左右の位置、リモコンの並べ方も正確に図面化している。で、建て主さんがタイルをご所望したときはたいへん、割り付けで半端が出るのだけは許さない。これは洗面台とカウンターの間に貼ったタイル。カウンターの高さは決めているので長方形と小さな正方形を組み合わせて設計した。気持ちがいいくらい、うまくいった!

不便さが遊びとなり儀式になるのだ。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。なんでも自動じゃぁつまらない。手動で露出、シャッタースピード、ピントを合わせるまどろっこしさが道具を持つ喜びになる。レンズにアダプターのリングを付けてから偏光フィルター本体を装着。フィルターを上に跳ね上げて先端を回しながら効果を確認したら、180度回転させてレンズと合体させてパチリ。これを使うと空や緑のコントラストが上がり鮮やかになる。この大げさな所作が撮影を儀式にしてくれる。

円偏光フィルター https://jp.leica-camera.com/Photography/ライカMシステム/ライカMシステム-アクセサリー/フィルター/フィルター

3つのG-SHOCK

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。 マニアではありませんがボクのG-SHOCK。真ん中は波乗り用でタイドグラフ(月と太陽の公転、地球の自転でおこる海面の昇降)機能付きで滑り止めのワックスがくっついているので丘では使いません。左右はMHLとコラボしたG-SHOCK。右は息子にプレゼントしたソーラー発電付き、使ってないとのことで出戻りしてきて3つになった。

MHL×G-SHOCK https://www.margarethowell.jp/news/2016/11/g-shock-1.html

建具屋さんと打合せ @葉山

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。快晴の葉山、建具屋さんと図面の仕様を確認しながら打合せ。何度もお願いしている一寸木(ちょっき)さんは南足柄の超物知りの建具職人。展開図と建具表にすべての金物、彫り込む引き手の長さと位置を描き込んであるのがうちの図面、間違えがないか確認していく。堀商店の小さなレバーハンドルが現場に届いておりパチリ。浴室のヒバ材でつくる框ドアにこれをつける。縦框の巾は75mmにしてど真ん中にMCRがつく、かわいんだよ!

パンツをはいた鍵穴!

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。どうだ、鍵穴はいないいないばぁ〜だ。外構の門扉につける鍵の相談を堀商店の営業さんに伺ったらこれを教えて下さった、知らなかったなぁ。特注品ですが追加費用が二千円ほどと驚くほど良心的です。雨がかりの外構だけじゃなく、玄関ドアにも付けてみたい誘惑に駆られる。掘さんに痺れました、職人だねぇ!

photograph by HORISHOTEN Mr.MATUZAWA

合資会社 堀商店 http://www.hori-locks.co.jp

とうさんが隠居する。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

とうさんという響きがとってもいい、いま設計している家族が「とうさん」って呼ぶのが素敵。ボクのとうさんが今日から入院する、見た目は元気そのものなんですよ。で、いつでも帰郷できるよう毎週末の航空券を取りました。なにもなければキャンセルして日程を調整します。予定が入りそうな日はよけていますので大丈夫です。
 

水無月の上棟

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

長谷の家が上棟しました。梅雨入りした水無月、薄曇りでしたが無事に上棟。おめでとうございます。いろいろ仕掛けのある凝った住宅、キッチンのカウンターはスクラッチ加工したステンレスでガンメタのように濃いめのグレー、仕上がると格好いいと思います。工房丹の川上師匠とステンレスの師匠ハカタさんによる手作りキッチンです。ご所望のトグルスイッチはサンプルとして購入したので今度現物を見て決めましょう。楽しみですね!

温故知新、金属のトグルスイッチがいい。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。既製品より手づくり、プラスチックより金属が格好いいに決まっている。温故知新、金属のトグルスイッチをご所望の建て主さんがあらわれたので、試しにひとつ買ってみた。アトリエのプラスチック製スイッチは横長につけている、通常は縦長ですよね。このトグルは最初から横向き仕様だからそのまま付くはずだ。乞うご期待!

トグルスイッチ https://www.r-toolbox.jp/service/トグルスイッチ/

シエスタ @葉山一色海岸

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。梅雨入りした日曜日、薄曇りの湘南。午後からお日さまが出て日差しが暑い。道の駅・葉山ステーションでお弁当と日影茶屋の大福を仕入れて一色海岸でゴロゴロ。今日は早起きだったのでシエスタ、タップリお昼寝。奧ちゃんに新しいカメラをプレゼント、小さいけどレンズは解放F値が1.4。いい写真を撮って下さいませ。葉山はいいよね、御用邸の警備の方は「こんにちは」と挨拶してくれる、お散歩している人たち、子供たちも実にジェントルですてきな町だね。

葉山ステーション http://www.hayama-station.jp

鎌倉・御谷の家

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

鎌倉・御谷の家の足場が外され、焼き杉のお姿が現れました。北側の玄関には透明のポリカーボネートと木のルーバーの軽やかな屋根が掛かる、上を見上げると可愛いお手々のようなモミジの緑が覆い被さる。アッと感動する玄関アプローチがもうすぐ完成します。

Strawberry Moon @材木座

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

満月の金曜日、小さなお月さま。アメリカ合「州」国は何にでも名前を付けるお国柄、小さなお月さまをStrawberry Moonと呼ぶ、すてきですよね。確かに小ぶりな満月のお月さまでした。
 

煎茶と和菓子で3時のおやつ。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。どこのまちに行ってもあるのが和菓子屋さん。材木座にもサーファーのおじさんがやっている美味しい和菓子屋、大くにがある。現場の帰りにここで手頃な値段の豆大福をよく買っている。小町通りの長嶋屋さんの粟大福が最高なんだけど人混みの中にVespaで入るのもなんだしね〜。左の2つは大くにのカスタードワッフル、豆大福。左は羽田空港限定、とらやの珈琲羊羹。煎茶は一保堂茶舗の芳泉なり。

大くに http://www.ohkuni.com

F森さん設計のニラハウスを見た。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。通でないとF森さんってな表現は分かんないだろうな、うまいよね。F森さんは建築史家で今や建築家の藤森照信さんのこと。町田のニラハウスを見た、小説家でハイレッド・センターの赤瀬川原平さんのご自宅。もうニラは植わっていませんでしたが雑草がふさふさしていた。今でも縄文時代のごとく異彩を放っておりました。F森さんのご自宅タンポポハウスは出来たての頃に見学してF森さん直々にうなぎを御馳走になり、屋根まで登ったのでした。ライカ使いの赤瀬川原平さん、今も蔵書で撮影された写真を拝見していますよ!来月、滋賀にあるF森建築を見てきます。

日本国産材にこだわりたい!

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

日本の気候を考えると国産材をつかうことにこだわりたい。外国産材に比べて表情が優しくて、手づくりの家にピッタリくる。最近よくつかっている埼玉県産のサワラの特徴は抗菌作用があってアトピーにいい、色むらがない、節が薄い色で目立たない、耐候性があり腐りにくい、そして安い。いいことばかりの日本国産材なのだ。

サワラ https://ja.wikipedia.org/wiki/サワラ_(植物)

ピクニック @葉山一色海岸

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。快晴の日曜日は葉山一色海岸でゴロゴロでした。UNITED ARROWSがCOLEMANに別注したグレーのシェードがイカしています。リュックのように背負えるようになっている、背負った奧ちゃん笑えるでしょ!海からの風を受けながらサンドイッチとおやつを食べて、本の読んで、ネットを見て、タップリお昼寝をする。ベジタブルサンドとカジキマグロのサンドイッチ、おいしかった〜!

POPUP SHADE http://store.united-arrows.co.jp/shop/by/goods.html?gid=18241529

城南島海浜公園で飛行機をみる。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。念のため、閑なわけではありません。土曜日は半ドン、藤沢でお仕事して午後からVespaで2ケツして大田区の城南島海浜公園に行ったのでした。東京湾を旋回しながら羽田空港に着陸する飛行機が真上を通過する公園、すっごく楽しい。夕食はいつもの国内線第1旅客ターミナルにあるcuudでカレーうどんとトマトカレーうどんをいただく。けっして閑なわけではありません、あいた時間は楽しく過ごさないとね!

城南島海浜公園 http://seaside-park.jp/park_jonan/

な〜だ、これ!

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

これはね、お猫さまがお通りのトンネルであります。トンネルなんだからアーチにしたいじゃないですか。木でアーチは難儀して不細工になるので、ここはお得意のスチールでつくりました。お猫さまはここを通ってトイレに向かうのです。う〜ん、床板の真ん中に合わせたかったなぁ、チョイと残念。

手摺りを炙ってなめらかに曲げる。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

出来ない、無理、ダメダメと言われたスチールの手摺りが見事なめらかに曲げられ取り付きました、うれしい!お馴染みの鍛冶屋さんが投げ出しそうなところをヨイショしてつくってもらった。なめらかな形状を伝えるために同じ太さのビニールホースを曲げながら「こうしたいんだよ」って説明。炙って、曲げて、ねじる、これがもうのすごく難しいらしい。ねじるとクニャッと折れ曲がったりしてなめらかにならないだそうだ。はい、たいへんよく出来ました。ありがとう。

屋根の納まりに苦悩する。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。設計者というもの、ついついこうしたいが先行すると失敗する。それでもきれいに納めたいという思いを捨てたら建築家としてはおしまいでしょう。これはボクが設計した屋根でも美しい納まりだと思っています。先端を平葺きにして下から見るとシャープに見える、今回はこの逆、上を平葺きにして納めたい。ここは雨漏りの危険がある納めなので屋根職人さんの経験とのせめぎ合いです。安全を取ればつまらない格好になる、ここを共有できる職人さんと戦って仕事するのが面白いのだ。安全をとるのは容易いこと、格闘するのみです。屋上から撮影したVespa、もうすぐ白い紫陽花が咲きます。

焼き杉の家にスチールの手摺りをつける。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。鎌倉・御谷の家はリビングルームは全開口に開く片引きの特注木製窓、そして網戸、障子、簀戸がつく。床から25センチから窓のため軽やかなスチールでデザインした手摺りをつける、フラットバーが1本、あとは細いステンレスワイヤーでつくる。さて、どうやって焼き杉の外壁に腕木をつけたら頑丈なのか、縦の手摺りは挟んでボルト締めした方が強いはずだ。これ、建築の本に出ていた事例からヒントをもらいました。ちなみに手摺り自体のデザインは真似していませんので許してね!スチールは鉛色のグラファイトペイントでシックに仕上げる。

グラファイトペイント http://www.kansai.co.jp/products/catalog/pdf/206.pdf

気持ちよく暮らしている逗子の家。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。この家が出来て1年ちょっと、センスある暮らしぶりに感嘆しました。ボクが設計した家はときどき偵察で見に行ってるんですよ。夜は障子から漏れる明かりのようすから幸せな暮らしぶりを想像してホッコリする。住宅の設計をしていてよかったなと思うときなのです。まわりの方たちにもそう思ってもらえるよう、玄関の位置、窓の位置、間取りを考えています。

うれしい気遣いに感謝する!

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

神社の上の家が上棟、住宅地のいちばん奧にあるためコンビニも自動販売機もありません。そう〜したら建て主さんがコールマンの大きなクーラーボックスを用意してくれ、たくさんの飲み物とお菓子を入れて下いました。とってもうれしい気遣いに感謝です!

すばらしい空間をブラブラ @白金高輪

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。まったく縁のない白ガネーゼ。高輪は泉岳寺近くのアトリエに勤めていたので土地勘はあるのですが白金はちんぷんかんぷん。地下鉄を乗り継いで歩くこと15分、ヒェ〜デッカい家ばかりでお腹いっぱい。坂倉建築研究所が杉板の打ち放しの建物を建築中、ボクも研究できるのでご依頼下さい!YAECA HOME STOREに行ったのでした。住宅とはちがって贅沢な空間にセンスあるしつらえが心地いい、一軒家を活用しつつも生活感がないインテリアもこれならいいね。ナラの突き板と無垢の大手の棚はよかった、借景のスチールサッシの窓もいい。坪庭の植栽も素敵でした。お初のYAECAは奧ちゃまのJean Jacket、タイトでショート丈のシルエットがイカしている。見た途端、買うなと思った逸品でした。

YAECA HOME STORE http://www.pen-online.jp/feature/fashion/yaeca_newshop/1/

やっぱり堀商店が一番いい #4

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。地味〜に308-A角丁番である。吉村順三設計事務所御用達の丁番とのこと。拙宅の建築金物はすべて合資会社堀商店謹製。アトリエの丁番はもっと高価な平ギボシ丁番なのだ、ちょっとオーバースペックでした。玄関の格子網戸は185の一番小さなオリーブナックルのホワイトブロンズ製丁番をつかっている。これがね、なでなでしたいくらい可愛いのですよ。ちょっと高価ですがご所望でしたらつけますよ〜。つい最近、建て主さんが堀さんを訪ねたそう、とっても嬉しいですね。そそのかした甲斐がありました!

堀商店 http://www.hori-locks.co.jp/index.html

やっぱり堀商店が一番いい #3

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

アトリエにきた真鍮製のMCRのパーツである、惚れ惚れする精巧な仕上がり具合だ。丸座の中まで真鍮である。正確に言うと、堀商店は真鍮ではなく黄銅と言う。銅と亜鉛の合金だそうだ。溶融亜鉛メッキやローバル塗装は分かるが、亜鉛の塊とはなんぞや、見てみたい。ハンドルを固定する黄銅ビスの下にあるのはトコトン考えられた形状のステンレスワッシャーに痺れる。これをニヤニヤしていじりながら飲むワインは旨い、ホンモノはいいね!すばらしいです。

堀商店 http://www.hori-locks.co.jp/index.html

やっぱり堀商店が一番いい #2

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。味の出ているステンレスと真鍮のレバーハンドルは1965年のカタログに掲載されていたMAとMBという製品。ボクがどう反応するか見るために持て来てくれた。ステンレス製は美和ロックの32型とよく似ているが全然違う、まず太さが13.5φと細く質感も上等。復刻してくれたら室内の扉にきっとつけると思う。真ん中のMAはナラの縁甲板張りの玄関ドアにきっとつける、建築家山田守さんの自邸についているそうだ。どちらも是非とも復刻してほしい、いっぱい建て主さんをそそのかしますからお願い。右は拙宅の玄関ドアについているLBRのオールドブロンズ仕様、ショットブラスト加工してから硫化いぶししたもの、よく分からないがイカしている。今度、是非加工している工場の見学をお願い出来ないだろうか。金物職人さんが絶滅するまえに勉強したいです。

堀商店 http://www.hori-locks.co.jp/index.html

やっぱり堀商店が一番いい #1

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。見てくれ!金ぴかの小さなレバーハンドルMCRが新製品として登場した。新橋駅の近くにある明治23年創業の老舗、合資会社堀商店の営業さんがサンプルを持ってやってきた。金ぴかくんはMCRの小型版、吉村順三さんが設計した軽井沢山荘でも使われていたMCSの真鍮版だ。ズシリと重たい、そうでなくても堀商店の製品はどれも無骨で頑丈なのだ。さっそくキッチンスケールを使って測定してみるとビックリ、ステンレス製のMCSが108g、真鍮製が188g。真鍮恐るべし、小さなレバーだけで80gも重たい。事前のリクエストでステンレスと真鍮のレバーをサンプルとして実費でいただくことが出来た。目の前に金ぴかくんがいる、撫でてるだけで惚れ惚れする金物オタクなのだ。

堀商店 http://www.hori-locks.co.jp/company.html

青空、新緑、海と焼き杉の家。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

焼き杉の家の足場が取り外された。快晴、二階の窓、屋上から公園の新緑ごしに真っ青な海が見える。暑い暑いと毎日ニュースで言われていますけど、湘南は風が気持ちよく最高の季節です。やっぱり窓をあけて風が通る家が気持ちいい。熱中症は心配ご無用!

神社の上、森の家。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。快晴の湘南。神社の上、森の家が上棟しました。神社の裏山の頂上にある敷地、南向きに森を望む絶好の借景であります。1階のリビング+ダイニングキッチン、2階の和室から森を見ながら暮らす建て主さん。

古着のシャツを藍染めした。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

Brooks Brothersの古着を藍染めに出して待つこと5ヶ月、やっと出来上がってきた。注文したのを忘れていました。「d&RE WEAR」のリサイクルプロジェクトを利用して、160年の歴史ある埼玉県・武州中島紺屋さんで染める。化学繊維の糸はステッチのようでイカしている。お古のシャツの寿命が10年延びました!

d&RE WEAR http://www.d-department.com/jp/rewear?utm_content=buffer13b01&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer
武州中島紺屋 http://www.izome.jp

620本の押し縁を塗る、塗る、付ける、付ける!

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

御谷(おやつ)の森の焼き杉が張られいよいよ板と板の間に35×厚さ21の押し縁620本の取付が始まる。取り付ける前に1本ずつ丁寧にキシラデコールを塗ってあげる。ビスは真鍮のスクリュー釘を打つ。大工さん、頑張れ。どうぞおきばりやす!!!

ピアスとアンクレットのニッカポッカびと。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

ボクの好きな親子のカーペンターズ。ピアスとアンクレット、指輪ジャラジャラだけど仕事の腕は間違いなし!ジャラジャラしたいお気持ち、よ〜く分かりますよ。いいじゃないか、笑顔が素敵な大工さんなのです。ニッカポッカが格好いいでしょ!

ニッカポッカ http://store.workman.co.jp/item/item.html?i=834

海の漂流物でつくった表札がいいね。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

葉山の家の現場帰りに友人の家をのぞきに寄ってみた。ご自慢の電気自動車がいないのでお留守のよう。玄関前は貫禄が出て葉山らしい。海の漂流物でつくった表札がいいよね。

NPOの当番をして謎のサーティーメンを食らう。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。きょうはNPOのお当番でお江戸三番町。当番開始の時間から鎌倉をお昼前に出るのでお昼ご飯抜き。なら、夕食をどうするかが重要なのですよ。気持ちは東中野の十番のジャージャー麺でよだれが出る、ジュルル〜。一度気に入った料理は外さない主義なのですが、謎のサーティーメンがずっと気になっている。注文したですよ、店主に尋ねるとサーティーとは甜麺醤とXO醤のことだと。リングイネのような形の太麺と醤油スープに餡かけのサーティーがのしかかる。ちょいとピリ辛で喉に絡みつく旨さ。B級とは言わないが、昭和31年創業した東中野の味なのだ、禁煙のお店だよ!自民党のヤニ議員はしね。

十番 http://www.tokyogyoza.net/archives/40042567.html

住宅はワッシャーにもこだわるのだ。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

多少の気の緩みは許せたとして、ネジの緩みは許せん。生きた天然の木材は乾燥材でも呼吸をしているので気の緩みはある。乾燥して緩んだときにビシッと締め付けてくれるのがこのワッシャー。ちょっとねじれているところがお味噌、バネ鋼なのでただのねじれじゃなくグイグイ締め付けるのだ。気の緩みは許さないのです。

NRTワッシャー http://www.kohwa-sss.co.jp/products/kenchiku/k-017.html

ゴーヤを植えてボーダーフェスティバル @由比ヶ浜

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。早起きしてゴーヤの苗を買ってきました。すると始まっちゃうんだよなぁ、普段はあまりやらない雑草取りから路地のお掃除、ついでに車とVespaの洗車をして3時間で目眩がする。今日は第4回由比ヶ浜商店街のボーダーフェスティバル、カフェロンディーノで遅いお昼を食べてボクらもこのボーダーを着て由比ヶ浜のお店をブラブラお散歩の日曜日。

ボーダーフェスティバル http://borderfes.net

煎茶に目覚める @一保堂茶舗

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。新緑の遠足は銀座のカフェ・パウリスタでコーヒー、丸の内の一保堂茶舗で煎茶をいただく。まえ〜から狙っていた波佐見焼の白磁急須を買ってしまった。手のひらですっぽり握りこむ小さな形がいいんだな。ちょっと大きめのお猪口サイズの湯飲みで2杯分入れられる。80度のお湯を入れて60秒待つ。するととろ〜りと甘い緑茶の出来上がり。おやつは小町・長嶋屋の粟大福と決めているので、当分日本茶のマイブームが続く気配がする。丸の内に行ってお茶っ葉買いの楽しみが出来たのであります。

一保堂茶舗 http://www.ippodo-tea.co.jp

三和土と洗い出し仕上げはちがうのだ。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。職人さんの高齢化と技術の伝達、あとを次ぐ職人さん、そして今時の建材をタップリ使った家づくりが悪さをし始めて思ったような仕上が厳しくなってきました。土のような枯れた表情をモルタルでつくる三和土仕上げをうちの定番にしてきましたが、ご贔屓の左官屋さんが引退した途端に枯れた表情の三和土を再現できる職人さんが途絶えてしまいました。どんなに工程の写真をみせて説明しても出来上がるのはお寿司屋さんのような砂利がいっぱい表れた洗い出し仕上げになってします。そこで、砂利が細かく少ししか出ずザラ〜っとした表情の仕上方を見つけました。左が枯れた三和土仕上げ、あとの2つがモルタルを塗ったあとに固まるの遅らせる遅延材を塗布して翌日軽く洗い出した表情。これからはこの表情を三和土仕上げとして、うちの定番とします。

鑿(のみ)を操るカーペンター。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。8寸角の柱と120φの丸柱の根元をH15mmだけ鑿(のみ)で欠き取るカーペンター、熟練の大工さん。老眼鏡を掛けて鑿を操る真剣なまなざしに現場がピ〜んと張り詰める。これは床板を柱に飲み込ませて収縮しても隙が出ないようにするための工夫、見事なお仕事です。

58年前に設計された家をお直しする。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。1959年5月に林・山田・中原設計同人の山田初江先生が設計した藤沢市本鵠沼の家が間もなく設計した当時の姿によみがえるのだ。鎌倉の仲間、優秀な工務店と木造の構造を知り尽くした構造設計者と減築して耐震性を加えてお直しました。既存の内側に梁を抱きつかせ柱を立てる。そこにステンレス細〜い筋違いと仕口ダンパーという金物を付けて補強。木製の引き違い窓の真ん中に新しい柱を立てたので違和感を感じさせない、障子が付くといい案配なはずだ。これにより今の建築基準法の耐震性を持たせることに成功、やれば出来るのである!

仕口ダンパー http://www.kaneso.co.jp/seihin/KSD100QM.htm

親子のカーペンターズがいい。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

御谷(おやつ)の森の家は外壁の焼き杉がだいぶ張り込まれました。炭炭でニッカポッカをまっ黒にして丁寧なお仕事、ご苦労さまです。焼き杉は1枚が長いために2人での作業になる。親子のカーペンターズが丁寧に粛々と張っていく。息の合った気持ちがいい現場なのです。

熱効率のいい床暖パネルをつける。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。床暖房の方法をあれこれ見積もりを取っているなか、紛れ込んでいた高効率なパネル。通常の給湯器による温水は60度、ところが給湯式では一番省エネなシステムでは温水が40度と低目、これを補うために配管とパネルがいい仕様になっている。今回は変則的に通常の給湯器と高効率仕様の組み合わせで、低温の温水設定にして省エネを狙うのが建て主さんの希望、少しコストアップですがこの案もありだな。

ECO ONE http://rinnai.jp/ecoone/

新緑のうれしい、いち日。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。お休みはきょうまで、ず〜っと快晴の連休でした。明治神宮、川越、皇居東御苑、三浦と楽しく過ごしました。〆の日曜日は社会人になった子娘さんが初任給でお昼を御馳走になりました。コマチーナで美味しいイタリアンを食べて大満足、ありがと!お礼に初めてのバイク体験で茅ヶ崎までツーリング。カフェ・オダラでコーヒーと焼きリンゴをいただく、娘と2人でカフェってのはちょい不思議な体験なのでした。帰りは新湘南バイパスにのって、アウディをぶち抜いて爆走。馬力アップで絶好調のVespaなのでした。

新緑の遠足 @三浦

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。早起きは三文の得、開店10時前に三浦のみやがわベーグルに到着。ニケツで横浜横須賀道路から三浦縦貫道路を快調にぶっ飛ばして1時間、40Km走る。前回売り切れご免で涙をのんだベーグルをリベンジだ、一番乗りで3つ+お土産2つ、小松菜のスムージーと生姜超みじん切りのジンジャーエールを注文。左からビーツとガーリックチーズ+人参シリシリ、びんちょうマグロとセロリ、ラム酒漬けしたレーズン+きび糖、ほうれん草と白味噌+切り干し大根、そしてもういちょびんちょうマグロとセロリ也。自家製のサラッとしたベーグルに三浦野菜たっぷりの独創的な具材がうまく調和していて旨い。宮川湾の青い空とベーグル、サイドに3つ目のミラーを付けたVespaで気持ちのいい連休になりました。

みやがわベーグル http://m-bagle.jp

新緑の遠足 @皇居東御苑

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

Vespa PX150 Pharaons rally

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。Vespaの部品を検索していたら、こんなことしてる奴らを発見。随分と楽しそうじゃないか、いいなぁ。2011年のファラオ・ラリーのようだ。車体は2011年製のVespa PX150 イタリア統一150周年記念モデルって、ボクのとまったく同じだ。アルカンターラらしき茶色のシートがお似合いだ。よ〜しお次の改造はシートも加えてサスペンション、キャブレターだな。モトクロスのヘルメットがイケてる。

Pharaons rally http://www.pharaonsrally.com/en/multimedia/photogallery/2011/stage1/

新緑の遠足 @Vespa PX150 改180cc

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。新緑はVespaの季節だ。エンジンの次はちょい改造のため部品を宇賀神商會・ウガガさまにご注文。ウインカースイッチをハザード機能付きに交換、赤丸の部品を交換する。半田付けされたケーブルを熱して外す。もと木工部と美術部なのだ、昔取った杵柄、お茶の子さいさいだといいのだが。燃料コックのレバーを固定する小さなゴムを予備に買っておく。つい手を出してしまったモッズ風のクリップ式ミラーをひとつ買う。連休中に取り付けてやるのである。ウガガさまはとっても写真がうまいのである、ブログを見て下され!

宇賀神商會 http://ugajinco.ugaga.shop-pro.jp

新緑の遠足 @川越

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

連休もお仕事のピアスした大工さん。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

大工さんは連休もお仕事、ボクは今日まで目一杯お仕事して明日からお休み+ちょっとお仕事です。毎度、連休、夏休み、お正月の前は休みを取るために残業なのです。さぁ、今日一日頑張るぞ!

新緑の遠足 @It’s a Sony

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

遠足の帰りに表参道で期間限定のニッポンが誇るソニーのLife Space Collectionを見て興奮しちゃった。理由は言わない、内緒。この写真から想像して下さい。大は小を兼ねない也。ボクの奧ちゃん、かわいいサイズ感!結婚34年目の春。

Sony http://www.sony.jp/life-space-ux/collection/

新緑の遠足 @明治神宮

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。NPOがながらく千駄ヶ谷に事務局を借りていたので東京メトロ北参道の周辺、マンモスティーやブラタモリでも紹介された富士塚のある鳩森八幡神社、GAギャリーなど詳しいのだ。ところが明治神宮に行った記憶はさだかではない。快晴で新緑がきれいな今日行って来ました。う〜ん、ここは紛れもなく神聖なるニッポンなのに聞こえてくる言葉はちんぷんかんぷん、外国の人に人気あるんですね。本殿前に置かれている今まさに話題の教育勅語のリーフレットがボクはご免。鈴木正文さんがちょうど「道徳の力、そして自由」というエッセイが素晴らしいのでリンクしておきますね。お昼はpopeyeの5月号069ページにでているPOTASTAで野菜びっしりのサンドイッチとレンズ豆が入った濃厚なスープをいただく。つづく!

鈴木正文さん https://gqjapan.jp/magazine/letter/20170421/editors-letter-169

スチールで華奢な階段をつくる。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

御谷(おやつ)の森の家の階段は細っ〜いスチールとナラ無垢のはぎ板材でつくる。ここで悩むのはスチールと無垢板の取付方。折角の無垢材なので、下から見た裏側も綺麗な木目を見せてあげたい。集成材だったら裏側をスチールプレートにして白く塗装するのが通常の納め方。そこでこのようなかわいらしい先を丸くし極限に小さくしたプレートを溶接する。無垢板の裏側はこの形に欠き取って平らに取り付ける。上からみても、横からも下からもきれいな階段を考えたのだ。

無垢の杉と焼き杉のコントラストが美しい。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

葉山の家の炭炭の焼き杉が張られてきました。軒裏は無垢の杉板、軒も黒く塗ろうか迷っていましたがこれを見たら塗らないことに決まりだな。建て主さんはどう感じるでしょうね。兄弟のカーペンターズが洋服を炭だらけにして格闘中、帰宅すると奥さんが洗濯しても落ちないとブツブツ言われるそうです。ごめんね。
 

小さい字が見えないぞ。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。目がショボショボしている朝、眠たい夜に雑誌や建築のカタログを読むと小さな字がぜんぜん見えない。とくに雑誌のお店の情報欄などなんでそんなに小さな字にしているのか不思議、誌面のデザインなのですね。ずっと自由が丘の雑貨屋さん、sixで見つけた赤いイタリア製の安物を使っていたのですがもうだめ。倍率3倍のツァイスハンドルーペを買いました。これならバッチリ、雑誌でも地図でもよ〜く見えるぞ。1988年にグッドデザイン賞を受賞しているルーペ、ケースも付いて格好いいのだ。

Carl Zeiss http://www.g-mark.org/award/describe/14683

尊敬する建築家、益子義弘さんの自邸をみる。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。東京藝術大学名誉教授で今も現役の建築家、益子義弘さんのアトリエ、ご自宅、そして新座の家ⅡとⅢを見せていただきました。45年前に設計した住宅は今でも色あせることなく超魅力的で心地よい空間でした。これが住宅設計のお手本なのだ。ボクは益子義弘さんと永田昌民さんがM&N設計室で設計している頃からの大ファン。お二人の本と雑誌は全て持っている。20代のころから彼らの間取り、納まりを小説を読むかのように紐解いて研究したものでした。だから、益子さんのご自宅のディテールはどっかで見た、うちにいっぱいある真似した納まりなのである。今回、新たな発見がいくつかありこうやって見切ると変化が出るんだなとか、キッチンの収納、自家製のレンジフードになるほど、窓の大きさと天井の高さのバランス、雑誌ではなく実際に見て気が付く心地よさがあるのでした。冷蔵庫の取っ手に巻かれた籐は建築家でもある奥さまの手づくり、素晴らしすぎて恐れ入りました。

益子義弘さん http://www.bionet.jp/2008/11/essay_m001/

蟹さんのようなすべり出し窓。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

御谷(おやつ)の森の家のアルミサッシはちょっと性能のいいものを使っています。樹脂サッシはすっごく格好が悪いので嫌い。これはアルミと樹脂の複合タイプで、フレームが細いのが格好いい。進化しているんですね、オペレーターで開閉するステンレス製のアームが蟹さんしている、頑丈そうでよいです。

今日の現場は杉の軒天井張り。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

快晴の鎌倉、今日の雪ノ下の家は杉の軒天井張りの真っ最中。図面では杉のグレードを上小節としていましたが、節のない無節が張られまぶしいほどに神々しい雰囲気。外壁は炭炭のまっ黒な焼き杉、さてこのまま自然の色にするか、外壁と同じく黒くするか悩みどころ。外壁が張られたら建て主さんと相談して決めましょう。

速くなったぞ、VESPA PX150 Euro3。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。イタリア製の鉄シリンダー、Polini Sport 180cc Cylinder Kitを組み込んで馬力アップする。すごいぞ、まるで別物のヴェスパに大変身。慣らし運転は500km、全開まで待ち遠しいなぁ。ときどきプラグのかぶり具合を点検して、キャブレターのメインジェットを工場長とご相談。ゴールデンウィークが楽しみ!

Polini Sport 180cc Cylinder Kit http://www.pmtuning.co.uk/polini-sport-180cc-cylinder-kit-vespa-px125-px150

MotoVillage http://motovillage.jp/motovillage_life/post-176.html

倉敷で織られたノッティングが鮮やか。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。倉敷で織られているノッティング(椅子敷)がやってきた。ず〜っと、ずっと欲しかったのですがこれっていう気に入った柄がなく、とうとう見つけたのだ。きれいな水色とランダムな幾何学模様が素敵です。つくり手は倉敷在住で昭和28年設立された倉敷手染手織研究所の2期生の方で60年以上の大ベテラン。手仕事のため毛足が長めで揃っていないことで温かみと素朴さを感じさせてくれる。裏側も美しい。安藤忠雄さんがデザインしたドリームチェアと奥村昭雄さんのはんぺんチェアーにすっごくお似合いです!

通気と気密を勉強してビーフン東。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

東海道線が止まっていたので松戸まで行くのに一苦労。何とか上野駅までたどり着きいざ常磐線。12番乗り場が6番乗り場に変更のアナウンス、お次に4番乗り場に再変更、ずがれたよ。帰りは気が付いたら地下を走っている、常磐線は地上だよね。近ごろ地下鉄に相乗りしているのでボ〜っとしているとどこに連れて行かれるか分からないよね。なんどか乗り換えて夜の新橋、そして夜にしかないメニュー、あんかけビーフンの汁を食う。3分ほどに刻まれた具材をあんで絡め、汁ビーフンにのるとなんとなんと小さなシャキシャキ感が素晴らしい。かに玉ビーフンの汁といい勝負、つぎから迷うなぁ。

ビーフン東 http://www.bi-fun.jp

通気と気密を勉強 @千葉県松戸市。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

「現場でいきる防水・通気と気密の実務の要点」という勉強をするため千葉県松戸市まで行ってきました。防水と通気は施工でついついやってしまいそうな事例でガッテン、通気部材は20年前からうちの定番の商品でもう一度取付方法をおさらい。気密はすきま風との戦いでダダ漏れだと、壁に葉書5枚分ほどの穴が空いている状態。計画換気もこの穴があると換気ゼロの部屋が出来てしまうことを知る、恐ろしい。ときどきおさらいで勉強すると気が引き締まるのである。

日本住環境 http://www.njkk.co.jp

看板犬黒Pugはいつも一緒。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

黒パグはしっぽとツメ、歯と肋骨は壺に入れないでこんな風にして毎日一緒。かわいいしっぽを見ているとまだ側にいるようで心穏やかになる。りっちゃん、ゆっくりおやすみ!

壁の中にお布団を敷きつめる。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

お布団というのは嘘です。お布団のような断熱材、古紙を綿状にしたセルローズファイバーを屋根と壁に吹きこむとちょっと固めのお布団を入れた感じ。思った以上にズッシリ感があってパンパン。

マツナガ http://www.ms-matsunaga.jp/insulation/ms/different/

看板犬の黒Pug #2

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

看板犬の黒Pug #1

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

アトリエの看板犬、黒パグが天国にいきました。あと少しで15歳でした。最後、口にしたのはチーズでした。パグの顔は生まれたときから天国に行くまでずっと同じでまん丸のまま、表情も子どもの時と同じなのがかわいい。骨になった頭もまん丸のままでした。涙がとまりません、一緒にいた時間は生涯忘れることはないでしょう。においの付いたお気に入りだった毛布は洗わないでずっと持っている。とてもいい香りなんだよ。バイバイ、りっちゃん。

御谷の森に煙突が立つ。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

御谷(おやつ)の森のなかに煙突が立ち上がった。薪ストーブ屋さんは屋根から飛び出た箱のようなチムニーの提案でしたが即却下する。折角シャープな屋根の上に洋風の家を模したようなデザインは絶対にヤダよ〜。シンプルに、シンプルにいきましょう。
 

ターンテーブルを納める工夫。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

いろいろな要望にこたえるのが設計者の役割。たまにそれは無理でしょうということもありますが、考えると閃くもの。これが正解ではありませんが考えたのですよ。ターンテーブルを置きたい、分かりますよ。でも、どうせ毎日は使わないのだから埃だまりになるのは許せない。で、こんな風に作ったのでした。蓋をフラップさせるためにアルミの棒を手動で立てる。単純だけど名案でしょ!

ひと休みする職人仲間たち。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

みんな顔見知りの職人さんばかりの現場は楽しい。大工さん、電気屋さん、設備屋さん、親子や兄弟、いいですね。電気屋さんは長谷、設備屋さんは材木座でお馴染みの職人さん。このあとお昼は親子が並んで愛妻・愛母弁当を食べるのでした。ピアスと小さな入れ墨をした大工さんたち、大好きです!

塗るか塗るまいか、迷う。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

林・中原・山田設計同人の山田初江先生が半世紀前に設計した鵠沼の家。増築された部分を壊して当時の間取りに減築し、傷んだところを修理した。ボクの仕事は仕上の選定や木製建具の詳細程度で、鎌倉組の工務店と構造事務所が大活躍。耐震性のまったくなかった建物を限界耐力計算してもらい現在の基準にまで引き上げた。傷んだ屋根回りは接ぎ木をして杉板を張ってお直しする。さて、真新しい軒裏の杉板を着色するかそのままにするか迷う。このパンダ柄もお直ししたぞって感じでイケているとボクは思うのですが、どうですか。いや、塗ることにしました。

玄関ポーチに飾りを吊す無双釘をつける。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

玄関の位置はとても大事にしている。道路からすぐ玄関ではなく、ちょっと植栽を回り込んだりして勿体ぶって屋根の掛かるポーチをつくる。ここのところ、お正月飾りやクリスマスリースをポーチや木製のドアにつけたいというご所望が増えています。今回は茶室に使う出たり入ったりする京都の室金物謹製無双釘の沈みタイプを選ぶ。使うときだけ折釘を引き出して使う、由緒正しきホンモノの金物。裏千家の花生け用だそうです。マットな黒なので外壁にはいいと思いますが、ドアに付けるときは目立たない竹釘がよいです。

無双釘 https://www.murokanamono.co.jp/nakakugi.htm

3Mの摩擦ダンパーを取り付ける。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。3M社が開発して発売ホヤホヤの木造軸組用摩擦ダンパーを取り付けました。それなりに費用が掛かりますが、基本2箇所付けるだけでも地震の揺れを半分以下に低減出来る優れものです。大工さんが取り付けることが出来る。壁の耐力5倍が取れる性能があり、さらに国土交通省の大臣認定を取得している信頼感がいいのだ。

春の宮崎 #2

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。実家の近くにあるお寿司屋さん、先代の頃から両親がご贔屓にしているお店。息子さんの代になってから大爆発、超人気店になり宮崎を代表するお寿司屋さんになりました。食はそれぞれの嗜好物ですが、大将と先代からの職人さん、女将さんの素晴らしい接客は気心しれたご近所さんならではのリラックスした時間が心地いいのでした。

一心鮨 光洋 http://isshinzushi.com

春の宮崎 #1

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。春と秋に宮崎の実家に帰郷しています。ANAのSTAR WARS機が偶然前を横ぎってパチリ。真ん中は来日しているスペイン国王の専用機をパチリ。雲の下は横須賀上空から見えた江ノ島。朝食はスタバの野菜ラップとおやつの黒糖どら焼き、なかなか旅慣れてるでしょ。実家は宮崎空港から電車で宮崎駅まで12分、そして歩いて10分、カバンをコロコロさせて歩いて帰るのでした。

神社の森に建つ焼き杉の家。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。春の青空、藤沢で神社の森の前に建つ家の地鎮祭を執り行いました。藤沢駅から近く、よくこんなにいいロケーションの土地を見けたものだと感心します。南は自分の森のように神社の神聖な森、将来ともここに建物が建つことはない。南西方向を見ると木の間から富士山を望む、素晴らしい!ここに焼き杉を張った家が建ち、見事に森の景色に馴染むのだ。センスのいい建て主さんですね。神主さんから頂いた棟札と鎮物がとっても立派でした。このような鎮物を見たのははじめて、こっそり蓋を開けてみると真鍮の人の形をしたブリキが一番上に入っていました。鎮物の中を見たのもお初です。

焼き杉を張った外壁が人気。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

鎌倉でも焼き杉を張った家がチラホラ建ってきました。海の近くで一番お勧めの外壁は何ですかと質問されると必ず「杉板」と言っています。何でって鎌倉の古いお寺さん、漁師さんの家や民家の多くが板張りだからです。その中でも西日本の海辺の家に多い杉の表明を焼いて炭にした焼き杉は30年間メンテナンスがいらないと言われている。雨がかりの多い箇所などは手入れが必要でしょうが。今年完成する3軒が焼き杉を張ります。写真は事務所のサンプルにするため表面を水で炭を落としていますが、実際につかう板はまっ黒で炭、炭で手がまっ黒になります。工事の最中に雨で多少黒い炭の粉は落ちるので粉が舞ったりすることはありません、たぶんです。

白い壁と「からパネル」の階段。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。いまボクが一番好きな素材を組み合わせした階段です。踊り場の上の窓からからお日さまのポカポカを1階の廊下まで導く。白い壁は紙のルナファーザーチップス20番、段板は長野県産の唐松を3層のパネルにしたもので集成材と違ってナチュラル感を持っている、手摺りはスムースにひと筆書きのように2階まで手すり子(手摺りを壁に取り付けるパーツ)に触れることなく登れる階段。今回は大満足、この手摺りを握って毎日楽しく階段を上り下りしてして頂ければボクは幸せです!

手づくりしたステンレスのキッチン。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。笑えるキッチン、コの字型のステンレスカウンターを現場溶接は許さず一体でつくらせて決死の搬入劇。レッカーなしで、職人さん総出でバルコニーから吊り上げて取り付ける、笑っちゃいけないけどやってる様子を思うと笑える。ごめんね、職人さんさま。次の現場も笑えるキッチンなんだな、どうやって持ち上げるのか見物です。収納の仕上はシナベニヤに防水性の高いウレタン塗装でナチュラル、中村好文さん定番の納めを参考にしました。ツヤのない白い壁はボクの定番、畳よりデッカいパネルで油や薬品に強い製品。デッカいのでジョイントなしで張れるのがいいのだ、製品名は教えないよ。調味料を収納する扉は通称仏壇金物を使う、開いた扉が壁に収納されフルオープンになる。洗剤を置くポケットは建て主さんからの要望でした。こんなの出来ないよって思いながら平塚のハカタさんに相談すると「できるよっ!」、え〜マジ?町場の職人さんの技術を侮ってはいけません。でも、角のRを何ミリにしてとか、それは出来ないとか一応苦労した納まりなのです。いい感じでしょ、この形状がベストかどうかは使って頂いて後日報告としましょう。

奴らが夏フェスにやってくる!

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。Foo Fightersがサマーソニックに来る。
ボクは今年奴らがフジロックかサマソニに来ると確信していたのだ。ほら来た、チケットをすぐ確保する。奧ちゃんも大ファンなのでもちろん、あすから社会人のこ娘さんも行くって、いいよ買ってあげますよ。よ〜し、一緒に暴れようぜ!

Foo Fighters https://www.youtube.com/watch?v=xQ04WbgI9rg

SUMMER SONIC 2017 http://www.summersonic.com/2017/

鎌倉の桜はまだつぼみでした。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。
神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

桜のようすをみに段葛をお散歩、お昼はご贔屓のOsteria Comacinaで好物のレモンクリームスパゲッティをいただく。このいさぎがよい絞ったレモンだけの盛りつけ、これが最高にうまいんですよ。麺は吉村家より太く、1分(3mm)以上はある。こんな太い麺って売ってるのかなぁ、自家製なのかな。野菜とお豆のスープはよく煮こまれていて濃厚、ご贔屓の料理に追加指定しました!

Vespa改造、キロニュートンってなんだ。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。うれしい知らせに小躍りする。連休前に150ccのVespaが180ccになるのだ。アルミシリンダーはやめて鉄のシリンダーに変更しました。キャブレターのジェットの番手と口径を見てもらい、改造に取りかかる、ワクワクするぜ。チャンバーとシリンダーを交換して、さあキャブもかえたらぶっちぎりの速さが手にいれられるのかドキドキ。自慢のスナップオンのレンチに付けられて、締め付けトルクが電子表示されるパーツの購入。ぜんぶ自分で整備できる訳ではないにしても締め付けの力具合が適当だと高速道路を全開で爆走して後ろに乗った奧ちゃまに何かあっては絞め殺されます。トルク、キロニュートンは安全第一なのです。鎌倉の桜はまだまだですね、パタゴニア鎌倉の黒板絵がうまい!

↑PAGE TOP