森ヒロシ建築設計所

神奈川県・鎌倉の建築家 森ヒロシ建築設計所

NEWS

DIARY

フィウミチーノ空港〜シャルル・ド・ゴール国際空港

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

ボクは材木座におります、ただ今娘がローマのフィウミチーノ空港からシャルル・ド・ゴール国際空港に飛行中。滑走路を移動しているところから離陸、定刻通りかもリアルタイムで見ることが出来るソフトがホントに楽しい。みんなも地球儀や地図を見るとワクワクするでしょ。ときどき仕事しながら合州(衆は誤訳 by 小田実)国やヨーロッパ、沖縄便の飛行の奇跡を見て楽しんでいます。

FlightAware http://ja.flightaware.com

これがあれば、冬のVespaが楽ちん。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。六本木のAXISビルは学生のときからワクワクして通ったものでした。パティオの階段は巨匠倉俣史朗さんのデザイン、いまでもすごくイカしているね。この階段の前にあるのが車好きが集まるル・ガラージュ、車なんて持っていない学生のときから通っているんだ。miniの大きなルームミラーやナンバープレートのビス、工具、掃除用具はここでしか買えないこだわりの物、物。ときどきセールのメールが届くんだけど、キタ〜。バイクのグローブをセールでご購入。見てのとおりウインドブレーカーの袖口がすっぽり被われるデザインが優秀。これでGORE-TEX®のジャケットとTHE NORTH FACE NUPTSE BOOTIEで最強の防寒、冬のVespaが楽ちん。

ル・ガラージュ http://www.legarage.jp/legarage_blog/

沖縄を思いだす。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。沖縄に行ってまだひと月たたないのに、「沖縄行きてぇ〜」+「住みてぇ〜」。1月なのに蚊取り線香って「蚊が」がいるの?鮮やかな緑と鎌倉ではお目に掛からない彩りの植物。後ろ姿は読谷村字座喜味367にあるパン屋さん、水円のご主人である。6番目の写真は南城市にある関根麻子さんがシェフの胃袋のエントランス。ボクが沖縄で出来ることは大工の見習い、漁師の見習い、土方だろうな。

suien http://calend-okinawa.com/food/foodshopnavi/suien.html

三和土はこうやってつくるのだ。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。三和土はこうやってつくるのだ。残念ながら長年お世話になった茅ヶ崎の左官屋さんが引退をしてしまいました。それ以来、図面に三和土(タタキ)仕上と記入しても洗い出し仕上げになっちゃう、違うんだよ。洗うんじゃなくて、優しく石を浮き上がらせるんだ。拙宅のときの方法は新聞紙を敷き詰めて水分をゆっくり吸い取って石を浮かせる。もう1つの方法はスポンジで優しく、まさにたたいて水分を取る。土の三和土のような枯れている表情がいいんだ。コテッコテの和食店になっちゃうから頼む、洗わないでくれ!

追伸 ボクはモルタルのグレーより少し黒くしたかったので親方に相談、モルタル一袋(いったい)にドイツのバイフェロックス無機顔料500グラムの黒を練り込むのがうちの定番となっています。

バイフェロックス http://www.ozekinet.com/transformation/pickup/bayferrox/

おおらかな暮らしがいい。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

いまどき、家づくりはネット情報でてんてこ舞いになりながら設計者も職人さんもお仕事頑張っております。ボクが設計をはじめたころはファクシミリもなく、構造事務所に図面を届けるために伝書鳩のように通ったものでした。これは沖縄の首里にある那覇市都市景観賞を受賞した細い路地に面してある民家の塀の写真。南国の植物に被われた家と塀がとってもいいんだ。塀の丸い緑のパイプがポストらしい、これさ!おおらかな暮らしっていいじゃないですか。

デザインだけじゃ駄目なんだ!

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

そうなんだよなぁ、毎年乾燥する季節になると加湿器で悩まされる。このバルミューダ社製の加湿器Rainは使う人のことを考えているデザイン、上から薬缶で給水するアイデアがあるようでない優れもの。かたや事務所でつかっている深澤直人さんがデザインしたプラスマイナスゼロの加湿器は格好だけ。給水のためにタンクを持って洗面所に向かうと床にボタ、ボタボタ、ボタっと滴が垂れるのでこいつは雑巾を持ってないと給水できんのですよ。表面の仕上も紫外線で薄黄色く変色してきているし、バッタもんだとボクは言い切るよ!

Rain https://www.balmuda.com/jp/rain/

日暮れの七里ヶ浜と江ノ島

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

miniの中からパチリ、藤沢で打つ合わせの帰りの夕日にホロリ。心折れることもありますけど、この景色を見ているとチョコッと元気が出てきます。今週も無事に終了してホットする。

コシがなくてもいい。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

おつかれのときはコシがないほうがいい。讃岐で食うコシのある釜玉うどんは確かに旨い。でも京風の噛まなくても食べられるフニャフニャのうどんもこれまた旨い。伊勢なら岡田屋さんで召しあがれ!

岡田屋 http://www.ise-cci.or.jp/iseudon/html/shop_detail.php?id=20151215112437
 

鉄をデザインする。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

木造と鉄の相性は意外にいいんだ。木の梁より細くできて形状も何でもありだ。吹抜や外壁の壁を風圧から守る耐風梁は鉄にすることが多い。十文字型に加工して根元もひと工夫して軽やかに見せる。室内なら白く塗装する、外部は錆びないように溶融亜鉛メッキが定番です。

素敵な外構 @鵠沼

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

miniやVespaで町を走っているときに「あっ、いい」っていう建物や植栽、外構を見つけるとUターンしてでももう一度見に行ってパチリする。そして帰宅したら「idea」というフォルダーに保存して、これはと言うときに参考にするのである。ここの外構は家の佇まいと植栽をくぐり抜けるアプローチ、石の置き方、鉄の格子がとってもいい。美容院のようで暖かい光が漏れているのもいいですね。

床下全体を暖房する家。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。長期優良住宅の認定を取得した雪ノ下の家がいよいよ着工して今日は基礎の配筋検査。職人さんの車でいっぱいだろうからVespaで出動、ポカポカの快晴でよかったぁ〜。この家の特徴は床下全体に温風を流すため100mmφのダクトをはりめぐらせて熱源機と送風機一台で1階の全室を床暖房する。この技術はスエーデンのもので日本でもかなりの実績を持っているシステム。規模によりますがおおよそ100万円ほど。思いの外安いと思います。温水の床暖房のようにパネルごとに複数のリモコンでオンオフするのではなく、スイッチは1つで基本オンのまま。2階がリビングルームの間取りの家に有効なシステムだと思います。基礎の立ち上がりに穴(スリーブ)を開けるため、基礎は特注の構造設計がされている。

膠と顔料と隈研吾さん

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

もと美術部である。隈研吾さんが店舗設計した見事な彩りの顔料がそろうウルトラマンの怪獣と同じ名前のPIGMENT(ピグモン)を見てきた。初めて見る膠(にかわ)と天然石を砕いた顔料に思わず立ち止まり唸る。ホンモノはこれだよね、化学調味料なんて間違っている、ちがうか、、。微妙な、そして淡い色具合、言葉では伝えきれない美しさに一歩引くボクは今まで何を見てきたのか、もと美術部員。

PIGMENT https://ryutsuu.biz/topix/h082801.html
 

お江戸は神田須田町でそばをくう。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。江戸時代のような粋な賑わいの神田須田町のまつやでにしん棒煮をつまみながら熱燗の日本酒で暖まる。そば屋の孫の奧ちゃんはそば屋で鍋焼きうどんかぁ〜、鍋焼きは京都錦小路の冨美屋に決まってるぜい。ボクは潔くもりとかけそばでズルズルして出汁を味わう。あとから前にお座りになったおしゃれな地元の旦那さんがとっても粋でねぇ、日本酒と香の物に小田巻きむしときた。そしてそば味噌に日本酒をチョロッと垂らしてきれいに溶かしてグイッときたよ。うおぉ粋だねぇ、江戸落語のようだ。

まつや http://www.kanda-matsuya.jp/p01.htm
冨美屋 http://www.kyoto-fumiya.co.jp

「好きこそ物の上手になれ」ってね!

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。「好きこそ物の上手になれ」とはボクのこと。子どもの頃から家のテレビはずっとソニーのトリニトロン、中学一年生の時にデヴィッド・ ボウイのアラジン・セインを聞いて痺れる。未だにテレビはIt’s a Sonyだし音楽はDAVID BOWIE is。快晴、寒っいお江戸に「デヴィッド・ ボウイである」と「これがソニーだ」展を観にいく。偶然にも「is」というキメがイカしている。この2つの「is」が存在しなかったら、知らなかったらボクの職業はそば屋だったかも知れない。そのことを思いつつ(嘘です)、夕食はお江戸神田須田町のまつやで「すば」、いやここは沖縄ではなくお江戸であるので「そば」である。

DAVID BOWIE is https://www.fashion-press.net/news/21016

信頼できる床材をつかう。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

ボクが設計する家の床板は国産材だとサワラ、杉、檜、から松。そのほかはナラ、ブナあたりが好みだし建て主さんにも人気がある。基本的に無塗装の無垢材をつかって、木の表面に膜をつくらないオイル塗装をする。オスモという名前を聞いたことがありますよね。オスモからも床材が販売されていてドイツの工場でオスモ塗装がされている。オスモ塗装を売りにしている建材メーカーがありますが、塗膜の塗りが甘いことが多く引越後すぐに水を垂らすとシミが出てしまうことがありました。それ以来、工場でしっかり塗装した信頼出来る床板をおすすめしています。
 

準防火地域の窓を工夫する。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。ボクが設計する地域はほとんどが防火の指定がありません。これってすごく幸運なことなんですよ。防火に対応したアルミサッシが数年前に国の認定を取り直すという事態がありました、それも全てのメーカーです。何かをやらかしていたわけです、分かるでしょ。そのお陰で使い方の融通が利かなくなり、その上に大幅な値上げとなりました。30坪の家で比較するとザックリ100万円程度のアップになります。これまではサッシを上下や左右に連結することが簡単にできてましたが、新しい認定サッシはそれが御法度。そしてガラスの種類までセットで認定を取っているものだから尚更改悪。そこで、設計者たちは考えたんです。化粧の柱を間に挟めば窓を左右に連結できる。上下の連結もまぐさで挟めばセーフ。やっぱり防火指定の少ない海辺の設計がいいです。

屋上まで螺旋階段でつながる家。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。快晴でポカポカ、1階から屋上まで螺旋階段でつながる家の配筋検査。松林の向こうは葉山公園と大浜海岸。屋上から松林越しにきれいな相模湾を望むのである。外壁は海辺なのでまっ黒な焼き杉にしました、乞うご期待!帰りは葉山名物、鉄鍋のラーメン屋さんでガッツリカロリー摂取。にんにく入りのコッテリした味噌がときどき無性に食べたくなる、ボクはいつもネギ入りと決めている。

あじ平 https://retty.me/area/PRE14/ARE40/SUB3402/100000030214/

夜のお楽しみ、一汁一菜。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。お正月、土井善晴さんと銀座の創業148年木村屋總本店前でバッタリ、とってもおしゃれで素敵でした。土井さんの著書「一汁一菜でよいという提案」は心温まる本。ボクの祖父母は具だくさんの味噌汁と干物、ご飯でした。ボクの一汁一菜はスタッフ浅場が朝一の鎌倉市農協連即売所で買ってきてくれる鎌倉野菜と汁は赤ワイン。

長期優良住宅の認定を取る。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

沖縄づくしのブログが続いた先週は超過密なお仕事でした。はじめての長期優良住宅の認定を鎌倉市より取得、文化庁への工期の延長願いでお役所まわり、葉山と鎌倉、藤沢の現場まわりと打合せでてんてこ舞いな一週間。書類の厚みは一寸五分、耐震等級と優秀な省エネ基準で取得した長期に一段落してホッとしました。太陽光パネルが中止になったのでZEHを取得出来なかったのは残念でしたがBELSの3つ★は取れそうなので申請してみたいと思います。ZEHを支援する社団からボクの登録番号が入ったロゴマークの使用許可が届きました。ご丁寧にイラストレーターのデータも入っている。でもねぇ、ハウスメーカーの営業みたいだから使わないですよね。

いまの季節だから沖縄 #9

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

琉球漆器+皆川明さん http://www.pen-online.jp/news/product/d-department-ryukyushikki/

いまの季節だから沖縄 #8

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

房指輪 http://cicafu.com

いまの季節だから沖縄 #7

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

ポークたまごおにぎり https://tabelog.com/okinawa/A4703/A470302/47010980/
GATE1 https://tabelog.com/okinawa/A4703/A470302/47000151/
丸一食品 https://tabelog.com/okinawa/A4703/A470302/47010980/
山羊さかえ http://agije.com/jouhou/archives/3048.html
BLUE SEAL https://www.blueseal.co.jp

いまの季節だから沖縄 #6

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

胃袋 http://www.yakabu123.com/ibukuro.html

いまの季節だから沖縄 #5

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

SOFORT https://jp.leica-camera.com/フォトグラフィー/ライカ-ゾフォート

いまの季節だから沖縄 #4

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

水円 http://www.suienmoon.com/map.html

いまの季節だから沖縄 #3

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

うどぅんやま http://udunyama.com

いまの季節だから沖縄 #2

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。何をしに沖縄に行くのか、半袖でもいいような気持ちよさでレンタカーを走らせて「食べる」「見る」そして「買う」である。だいぶ道路状況も分かってきたので北に行くときは高速道路を終点まで行かず一歩手前で下りて辺野古を通って名護から今帰仁に入るのがおすすめ。Camp Schwabの網の塀から見る辺野古の海はとっても美しい、この網の野郎め!Camp HansenのGATE1の正面でまさにGATE1というお店でタコライスとタコスを食べる、宮崎のレタス巻きのようにご当地B級グルメが旨いなぁ。古宇利島の橋は高城剛さんがドライブコース第一位に選んだ絶景で素晴らしい。高城さんが書いた「沖縄」とD&DEPARTMENTの「沖縄」、「ビームスの沖縄」の3冊はおすすめのガイドブックです。

いまの季節だから沖縄 #1

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。勇気を出して白状しましょう、ポッカポカの沖縄に来ております。沖縄は今じゃないと駄目なの。真冬の早朝に羽田空港でダウンジャケット脱ぎ捨ててシャツ1枚で飛行機に乗り込む。2時間半のフライトで那覇空港に着くと「もわっ〜」っとした暖かい空気、シャツの袖をめくり上げる。この気温差のギャップがたまらないのだ。伊計島でお仕事中のボク。快晴24度、この青空で天国への階段をのぼる。

Stairway to Heaven https://www.youtube.com/watch?v=t2qqFCNuys0

屋根の先っぽにもこだわる。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。見えても見えなくてもいいんです、ボクはこだわるのだ。屋根は耐久性と軽さからガルバリウム鋼板を使っている。最近のガルバリウムは耐候性、耐酸性、防汚性、耐食性そして遮熱性に優れている。色はいぶし瓦と同じ銀黒と決めている。葺き方は心木をちゃんと入れた瓦棒葺きという方法で、先っぽを45度に折り曲げるのがうちの決まり。軒先を軽やかに見せるこだわりの納まりなのです。

ボクの好きな大工さん。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

ボクの好きな大工さんです。ここのところ何棟も続けて、この大工さんのチームで家をつくってもらっている。スリムでなかなかのイケメン、手に小さな入れ墨があるのがご愛敬なのです。きのうは監督さんに怒鳴り散らしてハッパをかける熱血漢なのです。仕事が丁寧でキッチリやるTHE職人さん、息子さんと奮闘中。キリリとした真剣な目で考える姿がイカしている!

スギ、杉、sugi、Cryptomeria japonica。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

藤沢市本町の家の屋根工事が始まり今日は板金屋さんと打合せ。屋根勾配が6寸あるのでスベってスベって恐かったぁ。金曜日は審査機関の中間検査。大工さんは間もなくサッシの枠付けに取りかかる。ボクの設計する家の枠は杉材が定番です。国産材の杉材が加工されて現場に納品、これからサッシの大きさに大工さんが刻んでトメ納まりにして取付。白い漆喰と柔らかい表情の杉が相性バツグンなのです。

「床暖房を付けても省エネ」を勉強する。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。自立循環型住宅の設計を目指して、昨年から何度もお勉強、今年に入って2度目の省エネ講習。今日は平塚で床暖房を設置しても省エネ、ZEHに対応出来るというお話しを聞いてきます。藤沢で東海道線に乗り換えて下るのがちょっと気が進みませんが行ってきますよ〜。住宅の設計はデザインだけでなく設備や構造の引き出しをいっぱい持っていないと生き残れない時代になってきました。昨日は1日パソコンに向かって住宅性能表示の耐震等級3を取るため戦ってヘトヘト。まだまだ勉強することがたくさんある。

ECO ONE http://rinnai.jp/ecoone/mechanism

船窓のあるロフトは楽しい。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。なにが見えるかな!たま〜に船に付ける重厚な船窓を付けることがある。もちろん住宅用じゃないから取付にはコツが必要。アルミサッシのように外側ではなく室内側から付けるからやっかいなのだ。外側に板金で丸く水切りを回して雨が垂れるようにオチンチンのような突起を付けるのがミソ。子どもが覗きやすい高さに付けてあげる。この大きさなら落っこちる心配はご無用ですね。

舷窓 https://ja.wikipedia.org/wiki/舷窓

Vespaのある暮らし、S.I.Pアルミホールに交換。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。クラシックなデザインのタイヤMICHELIN S83から現代的なS1に交換、ホイールは標準のすぐさび錆になるスチール製からドイツ製S.I.P社のアルミホールに取っ替える。自分で取り寄せて自力で取付作業をやったので2万円とディーラー価格の半分以下で取付出来て満足。奧ちゃんを後ろに乗っけてニケツで高速道路を走るので耐加重をアップさせて3.00-10 50J から3.50-10 59Jに上げてあげる。アルミホイールによる軽量化とタイヤの耐荷重アップとグリップ力、チューブレス化でツーリングが楽しみ、さぁどこに行こうかなぁ!ドイツ製の精巧な仕上がりと安全基準KBAを取得している安心感、そしてマットなブラックとシルバー色のリムのデザインが足下を引き締めてくれいいルックスにご満悦であります。試走したら新品タイヤのためグリップ力が甘く、交差点で曲がりアクセルを開けるとニュルっとリアが滑るのが怖い、恐い。

S.I.P http://www.sip-scootershop.com/ja/products/++sip+vespa+50125pv_81058100

三谷龍二さんがデザインした器

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

スペイン語で「お手々」、MANOというシリーズの器。三谷龍二さんが「欲しいもの使いたいもの」を表現した小ぶりでフックラした形、ちょうどいい深さ、生成色があるようでないデザイン。これに鎌倉野菜や煮物、パスタを盛りつけて使っています。

10cm http://www.mitaniryuji.com/10cm_about_shop.html

お江戸のお楽しみ、LEICA M10。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。お当番のあとは気まぐれなお江戸巡り。エクスナレッジの編集者と打合せ中も終わったらどうしようかずっと考えてつづける。東中野の十番が頭をよぎりつつ今日は上野の昇竜で餃子と決める。餃子を食べて上野ヨドバシカメラでフィルムを買って、イアコッペでマンゴーのパンを買う。横須賀線に乗るために東京駅、大丸の神田志乃多寿司を思い出し下車してご購入。折角だからライカ大丸に寄ってみると今日ドイツから届いたばかりという新製品M10があるじゃないですか。たぶん大丸でM10を触ったのはボクが最初じゃないかな。少し小ぶりになったクラシックなデザインにグッときつつもボクのMの方が愛らしいと思うことにしてご帰還、よい1日でした。

イアコッペ http://www.iacoupe.com
神田志乃多寿司 http://www.kanda-shinodasushi.co.jp/frame.htm

共著で本をつくるうれしさ。

お江戸市ヶ谷三番町NPO法人家づくりの会のお当番の日。家づくりの会の仲間たちと共著で4月号の建築知識をつくるためエクスナレッジの編集者と打合せをしました。4月号は家づくりの会が乗っ取って独占、その後書籍化も決まっているそうです。やり甲斐のあるお仕事、うれしいです!

建築知識 http://www.xknowledge.co.jp/_kenchi/kenchi_index

お江戸のお楽しみ、ビーフン東。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

西新橋で省エネを考える。勉強会場の前はマッカーサー通りと虎ノ門ヒルズ。すぐ近くには鍵の老舗・堀商店。向こうに見えるのはZEHの支援事業を運営しているJean Nouvelが設計した電通ビル。高層ビルに隠れて見えないけどその横にあるのが1966年出来た新橋駅前ビル。とくれば2階にある宮内庁御用達のビーフン東で紹興酒を飲みながらかに玉ビーフンの汁をいただく幸福な時間。充実した新橋なのでした。

ビーフン東 http://www.bi-fun.jp

お江戸で省エネルギー住宅を考える。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

快晴、これからお江戸西新橋で省エネルギー住宅を考えてきます。つねに考える時間をつくらないと頭に入ってこないもの。繰り返し勉強することで実になると思っているので前進あるのみ。たかが住宅と侮るなかれ、自由な設計をするために断熱方法や気密、結露、新しい材料を知ることが肝心なのです。勉強してきます!

複写機がお疲れのようで困った。

快晴の鎌倉、スタッフ浅場が通勤途中で見た日陰の水たまりが凍っていたそうでビックリ。インフルエンザの病み上がりがこの寒さで風邪っぴきの様相で外に出るのが怖い。複写機もお風邪なのか絶不調で困りました。3日ぶりにシャープの技術者がプリント機能を修復してくれてお仕事再開。ただ、ファクシミリをプリントせずメール転送する機能が壊れたまま。うちのネットワークが原因らしくボクが直さないといけないだと、そんなの出来ないよ。お陰で不要な営業ファクシミリがジャンジャンプリントされて超頭にくる。リテラシーのない連中のファクシミリは全部お払い箱、迷惑千万って分からないのが悲しい。アポなしのご来店も、どうぞご勘弁下さい。お願いですから設計に集中させて下さいな。

グルーヴィジョンズの三三屋でお買い物。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。京都にあるグルーヴィジョンズのセレクトショップ「三三屋」(みみや)が青山のスパイラルに「三三屋 東京支店」として10日間だけ出店、これは行かないわけにはいきませんよね。DINEX社のインサレーテッドクラシックマグカップのホワイトと手ぬぐいは最後の1つ、また運を使ってしまった。このカップは二重構造の間にウレタン材を充填されているので保温性がある優れものにグルヴィのデザインが描かれ愛らしいのだ。カップは遠足、修学旅行のお供になるまでスーツケースに仕舞っておく。手ぬぐいは日本の和を表したお団子やコマ、草履などのイラストがかわいいのだ。その他にはKijirushi製のナラ無垢材で出来たA6版のバインダー、「京都の迷い方」という「京都を愛する50人による偏愛ガイドコラム集」も買って京都巡りがもっと楽しくなりそうだ。

グルヴィshop http://groovisions.com/shop/ja/

みんな大好き、チャッピー・chappie!

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。GROOVISIONS 5×27展、見てきました。chappieを持っているディモンシュの堀内さんも行ったようですね。インフルエンザの病み上がりでしたがグルヴィの展覧会は逃せませんよ、念のため電車はやめて6発で中目黒のパン屋さんに寄って猿田彦のコーヒーを飲みながらお昼。大建築家槇文彦さんが設計した青山のスパイラルをchappieが占拠、こんな楽しい展覧会はグルビならでは、改めて凄いなあと思いました。グルヴィグッズを買ってきました。モリカゲシャツとコラボしたラグランのシャツをグッと我慢。あぁ、ちょっと後悔です。可愛いchappieをギュッと抱きしめたい!奧ちゃんに制止されました、、、。

chappie http://groovisions.com/chappie/
cafe vivement dimanche http://cvdois.exblog.jp

お疲れのRover MINI

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

快晴、風がとっても冷たく凍える。17年目のRover MINIがお疲れのようす、6ヶ月点検で由比ヶ浜の工場に入れてあげる。こまごまとお手入れが必要で、まず片側フロントディスクローターの外周がドーナツのように錆びて交換、錆び錆びのお陰でブレーキパットがこすれて摩耗していたので交換、17年目ではじめて車軸のベアリングが悲鳴を上げて交換、7年目のバッテリーは寿命で交換、走行距離は少ないものの6年目でひび割れが出ているタイヤもYOKOHAMA ES300に交換。ホイールサイズがVespaと同じ10インチなことを発見。中々の修理代金で感謝感激雨あられ。

快晴の地鎮祭に凍える。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。快晴の鎌倉。鶴ヶ岡八幡宮のすぐ西側の土地、御谷(おやつ)の森で「とこしずめのまつり」を執り行いました。霜が降りる寒さで病み上がりのカラダが痺れて凍えました。祭壇のお供えは八幡さまの宮司さんが麻縄をつかった丁寧な飾り付けが立派です。ボクはお初の倉敷産い草で編んだカゴに御神酒を入れて颯爽と現れると、予定通りみなさんに大好評。デッカい声で「エイ、エイ、エイ」と鍬入れするのでした。粋だね!

軟禁生活もちょっと楽しいかも #End

楽しんだ軟禁生活から釈放されたと思ったら、電話が鳴り止まぬ。みんな今日から本格的に仕事始めなんだね。困るのが年明け早々ご挨拶に行きたい、展示会に是非来て欲しい、これから行ってもいいか。ぜ〜ぶ駄目、駄目。うちは番頭さんがいて親分はゴルフするのが営業なんて設計事務所じゃありません。ボクが全てを決めて、責任を持つアトリエ。ボクのスケッチを優秀なスタッフが法チェックや納まりを考えて、またそれに赤ペン入れてもっと暮らしやすい家に仕上げていく。だから昼間からゴルフも行かないし喫茶店で暇つぶしもしません。つねに走り続けてるんだから、ボクの時間を使わないで欲しい!

軟禁生活もちょっと楽しいかも #3

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

軟禁生活も四日め。暑い寒いの体温調節が壊れているせいか、いっぱい汗をかくのでとっても喉が渇くのだ。味覚もちょこっと壊れているので、たまたま家にあった一保堂の緑茶と杏花堂のあんず紅茶に蜂蜜をたらしたものがサッパリしていて1ガロン飲み干す。一年前に沖縄で買った賞味期限の切れているBlue Sealのキャンディーが旨い。

軟禁生活もちょっと楽しいかも #2

鎌倉は昼から冷たい雨。小さな寝室はベッドと造り付けの机の上にSony製の小型テレビ。窓は戸襖を閉めて真っ暗にして枕元の照明ANGLEPOISE TYPE-75を点灯、ダイソンの暖房とプラスマイナスゼロの加湿器を持ち込んでポカポカと居心地いい。お気に入りのものを回りに並べてちょっとした小屋暮らしの気分を味わう。だいぶ熱も下がって軟禁生活もちょっと楽しいかも、映画と録画したブラタモリをみてちょこっとお仕事もする。

この映画をみる!

01.FAMILY TREE George Clooney + Shailene Woodley
02.THE IDES OF MARCH George Clooney + Ryan Gosling
03.UP IN THE AIR George Clooney + Vera Farmiga
04.OCEANS 11 George Clooney + Brad Pitt
05.OCEANS 12 George Clooney + Brad Pitt
06.OCEANS 13 George Clooney + Brad Pitt
07.LORD OF WAR Nicolas Cage + Jared Leto
08.RUN DIARY Johnny Depp + Amber Heard
09.CHARLIE MORTDECAI Johnny Depp + Gwyneth Paltrow
10.龍三と七人の子分たち 藤竜也 + 北野武

軟禁生活もちょっと楽しいかも #1

軟禁生活2日目、39°の熱と使い慣れないマスクが息苦しくて楽しくない。マスクが鼻を通り越して目まで被さってうっとうしい。でも、セミダブルベッドの上に本や雑誌、パソコン、カメラ、そして見積書など置いての寝たきりも意外と悪くない。あしたは熱が下がるだろうから軟禁生活が楽しみだ。

インフルエンザA型で軟禁生活のはじまり。

あさからマスクをして打合せ、辛い。普通の鼻風邪の気配だが正月早々なのだ、万が一を考えると早く打合せを切り上げたい。さあお昼15分前だ、miniに乗って大急ぎで八幡さまの前にあるかかりつけ医に飛び込むとギリギリセーフ。一応あの病気の検査で試験紙を鼻の中でモゾモゾ、デッカいくしゃみ。直後に先生がタダの風邪だなと、ホ〜ひと安心。とっ、奧から看護婦さんが「森さんA出ました〜」ってマジですか。やられました、これから5日間は寝室に拘束、軟禁生活の始まりです。スタッフ浅場は念のため半ドンにして帰宅。連休中の打合せは延期のお願い。降参しました。みなさん、ご迷惑をお掛けします。

2017年発席、設計初め也〜。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

設計初め也〜。みなさま、一生懸命考えてスケッチして、「今日の限界は明日の限界ではない」を肝に銘じて設計する酉年にする覚悟であります。待て、あれれ〜、さっきからスケッチしている図面が鼻水でビチャビシャして嫌〜な雰囲気なのです。始まったばかりでだぞ、もう限界ってことはないでしょ。ないよ、ない。

GANRYUのMA1気どりの手袋。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。お正月のお楽しみはセール。今日は買わないぞと心に誓うも、見た途端にすぐ砕け散った。GANRYUのMA1を気どった格好いい作りの手袋にノックダウン。カーキ色とレスキューオレンジ色の親指、MA1のペン差しとたばこ入れが超格好いい。チラリと見ると奧ちゃんが眉をしかめている。あまり実用的とは言いがたく、確かに仕事では使いずらい。いいんだよ、ChampionのMA1ジャケットと合わせるのだ。肩と手のひらの2箇所にたばこ入れのチャック、男はこれに痺れるのだ。

GANRYU http://www.fashionsnap.com/inside/cdg-ganryu-2014ss/

お正月はいつもたのしい。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。元旦の朝はゆっくりと寝坊してお昼に家族四人で黒pugの実家、魚梅さんが用意してくれたお刺身で鯛とホタテのカルパッチョのサラダとマグロ、そして自家製の塩辛。そしてジックリ煮こんだ豚のロースと野菜のポトフ、トマトのマリネ、黒豆を並べて、あめましておめでとうをする!午後から快晴の材木座海岸を家族で散歩してお初のcafé vivement dimancheで堀内さんご夫婦にご挨拶して酸味のあるおいしいコーヒーをマスターにドリップしていただく、メープルシロップのチーズケーキが絶品、コーヒーをおかわり。地元鎌倉のゆったりした時間が流れる心地いい空間はディモンシュだけだ。頂いたゲイシャはジュースのような酸味がすごい、ありがとうございました。よし、明日から6発に乗ってお江戸巡りだ。お正月のお江戸はガラガラでスイスイなのです、銀座、丸の内、日本橋、虎ノ門、青山、富ヶ谷、代官山、中目黒をグルリ。お茶と食べるお店は決めてあるのだ、段取りよく抜かりはない。

お江戸で初笑い

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。お正月二日は毎度上野広小路・鈴本演芸場でお正月発席第一部を神田志乃多寿司の稲荷と干瓢の海苔巻きをつまみながら初笑い。酉年のトリは柳亭市馬さん、さすが落語協会会長だけあって声の張り、表情、落としどころがうまい!出演は三遊亭美るく+歌る多さん、柳亭左龍さん、柳家はん治さん、ギター漫談のペペ桜井さん、古今亭志ん弥さん、桂文楽さん、奇術のダーク広和さん、春風亭百栄さん、林家正蔵さん、すず風にゃん子+金魚さん、三遊亭 圓歌師匠、紙切りの林家楽一さん、春風亭一之輔さん、三味線漫談の三遊亭小円歌姐さん、トリの柳亭市馬師匠。幸先のいいお正月です!

神田志乃多寿司 http://www.kanda-shinodasushi.co.jp/frame.htm

あけましておめでとうございます。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

快晴の元日、鎌倉は穏やかで海がきれい。大晦日は20時に寝て12時間たっぷりと眠りました、スッキリした〜!あしたは上野広小路の鈴本演芸場で初笑いです。みなさん、楽しいお正月をお過ごし下さい。

鈴本演芸場 http://www.rakugo.or.jp/2017-hatsu-1.html

こだわり続けた2016年 #3

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。快晴の大晦日。茂木健一郎さんのお言葉「今週はひどい忙しさで、今朝も朝からずっと忙しくて、その合間に連続ツィートをしている。ところで、あまりにもたくさんやることがあると、人間は、つい、頭が真っ白になってしまう。受け止めきれずに、オーバーフローしてしまうのだ。しかし、頭が真っ白になっても、ものごとは進まない。だから、全体を見るとたくさんありすぎてうんざりしても、とにかく、目の前の「今、ここ」のことに集中する。やるべきことがすべて終わる保証はないが、しかし、必ず少しは進む」。そう、来年も必ず前に進む。保証がないのは困るけど、ク〜ゥゥ茂木さん恐れ入りました!
みなさん、よいお年をお迎え下さい。H.M

師走のセンリ軒でフルコース @築地場内

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。年末の築地はいいねぇ!市場の場内も場外もみんなが無事に1年間頑張ったというホッとした気持ちから幸せ感があふれている空気、空間がたまらない。ボクらは海鮮丼には目もくれず場内のセンリ軒に飛び込む。いつもの3代目とおばちゃんに和むんだな。11時ですでに半熟玉子入りシチューは残り5皿で売り切れご免でギリギリセーフ、相変わらず濃厚で旨いよ。コーヒーをおかわりしてデザートまでセンリ軒でフルコースを楽しむ。場内のおっちゃんが「ホットアイス」を注文、どっちなんだ。ふざけてるのかお店のおばちゃんはいたって普通に注文を受ける。出てきたのは何てことない氷入りのコーヒー、どこがホットなんだよ。場外ではきつねやに長蛇の列、この店も外せないのだけど今日は我慢。テリー伊藤さんのアニィ謹製丸武の玉子焼きは最後の1つをゲット、今年の運の尽きは玉子焼きだった。もんぜき通りにある市場で必要な足袋や長靴をそろえる衣料品店・島屋さんで集金バッグを買っちゃいましたよ、大中小の大で1190円也。中小企業の社長っぽくていいでしょ、さらばGANRYUのパンツをはいて鏡で見るとなかなかイケてる。がに股でカメラを首からさげて集金バッグでお江戸巡り、超粋でしょ。いやぁ〜楽しかった!

センリ軒 http://www.tsukijigourmet.or.jp/36_senriken/

こだわり続けた2016年 #2

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。薄曇りの師走、こだわり続けた2016年の設計も今日まで。この後午後は小さな家の打合せ、夕方から大きな家の工事請負契約です。最後までバタバタしております。明日は築地に買い出しです。新年は上野の鈴本演芸場で初笑い、sale回り、設計は5日からです。糸井重里さんのお言葉がしみる!「いろいろなフリーランスのコツが語られているけれど、ぼくは「期待(あてに)されているよりも、ちょっとでもいい仕事をする」だけでいいと思う。つきあいも、礼儀も、ふつうでかまわない。ギャラ以上だな、という仕事をしていればそれ以外のことはしないほうがいい」。ときどき奧ちゃんがボクにメールで糸井さんや茂木さんのツィートをメールしてくる。ボクの状況に合わせたタイムリーな名文が届いて、毎度毎度気持ちが助けられる。さぁ、2017年は結婚34年目になります。来年もたくさんの遠足、修学旅行、ツーリング、コンサート、展覧会とお楽しみがいっぱい。では、設計初めまで淀川長治さん風に「それでは来年の設計を請うご期待、お楽しみに。サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ、、、サヨナラ!」。H.M

こだわり続けた2016年 #1

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。師走、あすで設計納めです。何度も心が折れそうになることもあった2016年でしたが、一度もあきらめたり投げ出すことなくこだわり続けて設計することが出来たと思っています。仕事の流儀に出ていたパン職人さんのお言葉「今日の限界は明日の限界ではない」。そうだよなぁ〜、すごく心に響きます。ボクも設計職人です。あと一日、スタッフ浅場と一緒に考えて、考えて設計して大晦日をむかえます。H.M

グルヴィの展覧会だよ!

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。2017年1月6日から15日に開催される GROOVISIONS 5×27展にchappieファンのボクはぜったいに行く。トークイベントはすでに満員御礼、みんな目ざといよね。実は杉本博司さんの事務所オープニングパーティーの後になんとグルヴィの伊藤さんと一緒に飲茶を食べたのがボクの自慢。普通のおっちゃんだったのは覚えているけどやっぱりおっちゃんだ、でも尊敬していますよ。日本たばこのキャスターはグルヴィのデザイン。あのときはそんな凄い人とはしらなかった、今度サインしてもらおう!チャッピー買っちゃおうかな、売ってるのかな。ディモンシュのデザインもグルヴィ、堀内さんと伊藤さんはどんな接点なんでしょうね、こんど聞いてみたい。

GROOVISIONS 5×27 http://groovisions.com/news/
chappie http://groovisions.com/chappie/

さぁ、設計納めまであと4日です。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。さてさて、設計納めまであと4日となりました。日曜日は夜までみっちりお仕事を全うして、羽田空港までご飯を食べに6発をぶっ飛ばす。今日から安倍首相はハワイでしたね、政府専用機が駐機していました。いいお仕事をしてきて下さい。今日は朝一番で葉山町役場に書類を提出、午後から藤沢本町で始まった家の見回り。夕方は年内に工事請け負い契約出来るよう打ち合わせして落としがないように再確認。スタッフ浅場の設計納めは29日、ボクもホントは同じ。30日から4日までお正月休み、みなさん聞きましたよね!まぁ、元日に鍵が壊れたと駆けつけたこともありましたが、あと4日頑張ります。以上であります!

cuud https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131504/13193378/

GANRYUが、GANRYUがひとやすみ。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。GANRYUが、GANRYUが2017年春夏コレクションでひとまず休止するというニュースがはいりビックリしている。COMME des GARÇONSのなかでも一風変わったカジュアルなデザインが気に入っている。とくに、考え抜かれたシルエットのサルエルパンツはサイドから見るとスラッとしてとっても美しい。シャツ生地のジャケットやナイロン製のテーラードジャケットはボクのお宝。2017年春夏でどんなデザインの服が見られるのだろうか、楽しみだけどとてもさびしいよ。

「すぐに」という名前のLeica SOFORT。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。「すぐに」って名前のカメラがやってきた。別にクリスマスのために合わせたわけではなく、ましてや「ごほうび」なんてつもりはない。よく、「ごほうび」って言う人がいるけど嫌いだ。お祝いならいいんだ、なにが自分への「ごほうび」かって女々しい。中身はFUJIFILMのチェキなのですが、このデザインだもんこっちを買うよ。ましてや「すぐに」のためにLeicaらしい発色のモノクロフィルムが発売される、在庫切れでまだ届かない。カラーも富士とは発色が淡い感じらしい。フレーミングが難しいけどこれは遊べる。慣れてきたら建築のパーツ、ディテールを撮りためてアイデアを練るときの記録にしようとたくらんでいる!

SOFORT https://jp.leica-camera.com/フォトグラフィー/ライカ-ゾフォート

師走の遠足 @富ヶ谷

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。代々木公園の裏側まで遠足、ポカポカの祝日。今日だけお仕事なしにして土日頑張ることにする、一息入れないと脳みそが腐りそうだ。奧ちゃんのご希望でフグレン東京に近い富ヶ谷のhomspunによって天然酵母のパン屋さんLe Chaletでお昼。あれ〜、こんなパン食べたことない。インゲンとれんこんのごま味噌サンドプレートは組み合わせにまず驚くけど一口食べて「なんじゃこりゃ〜」ってなおいしさなのだ。キノコのポタージュスープも初めてのお味、ここはまちがいない!ジャムがまた強烈に甘酸っぱく濃厚。自家製の柚子マーマレードをおみやげ。キャベツとしいたけのチーズトーストプレートとスパイスの利いたミネストローネスープも絶品。お隣さんのフレンチトーストが気になる。みなさんも一度どうぞ!

地鎮祭が楽しくなる道具を手に入れる。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

さて、何でしょう。これを見つけたときに何だかすぐ閃いた、地鎮祭だよ!仕事柄、二礼二拍手一礼、エイ、エイ、エイの鍬入れなんてお手のもの。これ、一升瓶を入れるい草で出来たかご。倉敷のい草を数本束ねてヨリを掛けて縄にして編んだもの。緑色から土色に進化するのも楽しみだ。これをぶら下げて地鎮祭、粋だね!

12月のmusic、ガガさま。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

ジャケ買いっていまでも生きてる言葉なのかなぁ。これ、ジャケ買いです。でも腐れかかっている脳みそには心地いいスローなガガさまが素敵であります。さあ、聴きながら6発エンジンで湾岸だ!

Perfect Illusion https://www.youtube.com/watch?v=PcC92p8DWos
 

仕事の流儀、現場に出るときもこだわる。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。快晴、師走の上棟。1時間も現場にいると足下から冷え込んで風邪をひきそうだ。せっせと働く大工さんたちは動きやすいように軽装、ボクは動きやすいように米軍放出品のポケットがいっぱい付いている迷彩柄のパンツにパタゴニアの軽量のブーツ。メジャーは延ばしてもボタンを押さないと巻帰らないBAHCO社の5m、国産は逆でボタンを押すとストップする。押さないとスルスル巻き返され使い勝手がよくないんだ。ヘルメットは労働安全基準を満たしているGROOVISIONSがデザインしたMyカクメット。これは世界初のスタッキングできるヘルメットで防災用に備蓄できるすぐれたデザインなのだ。PORTER+eyeのリュックに製本した図面、カクメット、BAHCO、カメラを入れて、Vespaでいざ現場。

カクメット http://groovisions.com/shop/ja/kakumet-green/

きょうも操上和美さん、涙ボロボロです。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。操上和美さんが78歳の時に買ったCOMME des GARÇONS+Lewis Leathersのライダースジャケット。うおぉ〜、イケすぎに卒倒しそう。ボクがトークショーに行けなかったので奧ちゃんがこんなメモをボクにメールで送ってくれました。泣いちゃうほど嬉しかったし、どんだけ記憶力があるのか驚きです。記者かライターかと思うほど操上さんが話したポイントをプレゼントしてくれました。

では、奧ちゃんがリポートした操上さんのお言葉、「朝起きるとすぐ窓を開けて外を見る。空がきれい、雨がきれい、風がきれいとかいうことを感じて自分を起動させる。一晩寝たベッドの折りしわを見てそこに自分が存在していたんだなと思う。

上野は苦手、自分が上京したとき初めて降り立った場所で故郷に戻されたくないから。北海道を振り払いたい気持ち。スナップ写真を撮るのは、自分の感性がちゃんと働くか確認するためでもある。誰に見せるとか何のためとか商業写真のような目的がなく撮るもので、自分の感性だけで撮るものだから。

写真家になったのは、旅ができると思ったから。富良野にいた頃は、まだ自動車でどこでも行ける時代ではなかった。海をはじめてみたのが小学校4年生だった。絵は家でも描けるけど、写真はそこへ行かないと撮れない。清涼飲料水のコマーシャルので、カーペンターズを撮影をするためアメリカに行った。カーペンターズに会った瞬間、体が拒絶反応を起こし、口内炎がたくさんできてほとんど食事がとれないまま撮影したことがあった。帰りの飛行機に乗り離陸したとたん、す〜っと治ってしまった。

うまくできるか不安で眠れないことが多い。父親が亡くなってから、父が暮らした北海道の写真を撮っておこうと思ったのがNORTHEN(写真集)。コンプレックスは誰でも持っていると思うけど、物をつくるひとは特にないとだめになる、反省の繰り返し。反発心が成長させる。子供の頃、自分は体が大きくないから、強くみせようとしていた。そういうことが今の仕事にも活かされていると思う。

人の写真をどう思うかとよく聞かれるけど、その人がいいと思って撮ったものを批判なんてできない。写真は撮る瞬間、自分でフレーミング、トリミングしているもの。カメラを持っていない時に撮したい瞬間があったら携帯で撮るけど、タイミングが一瞬遅れる。写真にするぞっていう間があってからシャッターをきるから。カメラをぶら下げていると、すぐシャッターをきれる。タイトルのロンサムデイブルースは、渋谷の雑踏でひとりで撮影する自分に孤独を感じたから。35度の真夏の日中撮影した。日が傾いて情緒がでてくるとだめ、情緒はいらない。」

聞きたかったことがすべて書かれている、奧ちゃんの感性に驚く。そごいね、愛してるよ!ありがと。

いつかはCOMME des GARÇONSのライダース。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。いつかは操上和美さんが着ているCOMME des GARÇONS+Lewis Leathersのライダースを買う。青山本店で試着済、サイズは36なのだ。それまではeye JUNYA WATANABE MAN x ChampionのMA-1で我慢する。とってもイケてるジャケットでX-LARGEのチャンピオンを解体してチャンピオンの生地とギャルソンの生地を合体させる、細身にパターンされているのでチャンピオンのボッテリ感はないのがおしゃれ。でも、ギャルソン製だと分からないのがいいんです。

JUNYA WATANABE https://www.tjapan.jp/FASHION/junya-watanabe

ずばり、操上和美さんです。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。恋い焦がれて楽しみにしていた操上和美さん+葛西薫さんのトークショーを逃してしまい悲しくて涙がとまらないです。でも、さすがボクの奧ちゃんが行ってくれました!それも御大お二人が会場にお出ましの瞬間をパチリ、左の白いコートの方が葛西薫さん、そのお隣が恋い焦がれていた写真家・操上和美さん、右から二人目は操上さんの奧ちゃま。見てよ、80歳の写真家はパッツンのパンツに革ジャンでがに股。ひえ〜、かっちょよすぎでしょ。痺れながらお目にかかれず涙。 いつかCOMME des GARÇONSのライダースを着る操上さんに遭遇したい。

操上和美さんと糸井重里さん http://www.1101.com/kazumi_kurigami/

16年間頑張ってくれた「おかま」。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。アトリエ兼自宅が出来てから16年、頑張ってお湯をつくって床暖房で床を温めてくれていた給湯器がこわれました。これをガスの職人さんは「おかま」と呼びます、昭和だねぇ。床暖房に対応した給湯器なのでちょっとお値段が高く師走には痛い出費でしたが、こわれたのがお正月だったらたいへんなことでした。これまで基板を取り替えたりして簡単なメンテナンスはしていたのですが、床暖房の水は16年前のまま。そこで今回は修理のついでに試しに水を抜いてみたのでした。ひょっとして濁ってたり藻で緑色だったらやだなと思っていたら、あらま、きれいなお水。お湯と床暖房の水は別回路で、床暖の水は循環する閉回路なので空気に触れないようになっている。だから16年経ってもきれいだったのです、飲めませんけどね。どうやって床に這わせたパイプから水を抜くのかなあと見ていたら、循環パイプに自転車の空気入れでシュポシュポ!先っぽは特殊な形状をしていましたがずっこけました。白い丸印のところからジョロジョロと水が出てくるのでした。

紀州材の流通を考えて、餃子を食べる。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。和歌山県西牟婁郡上富田町から紀州材の製材をしている伸栄木材さんと構造材の流通からボクらが必要とする材のことを2時間半話し合う。紀州材の強度、JAS規格取得、ヤング係数、他の県との比較などすごく勉強になり師走でしたが行った甲斐がありました。終盤お腹がすき始め何を食べようかと頭をよぎりはじめる。ひらめく!アメヤ横町にある中華屋さんで名物のジャンボ餃子を食べることにする。行ってみたらなんとガード下にある有名なモツ焼き屋大統領のお隣。迷わず餃子を注文、デッカい餃子なので焼き上がりに10分ほど待つ。まわりの人を見渡すとチャーハンも焼きそばもすっごい旨そう。さぁ、出てきた餃子は4つだけど長さは3寸、厚さは1寸五分、1個食べるのに4口かかるデカさ。厚手の皮はパリパリ、モチモチ、餡は野菜がたっぷりであっさり味、丁寧な包みでヒダヒダが美しい。有線で流れる「そんなゆうこに惚れました」って演歌がこのお店によく似合っている。お江戸に行ったら外せないお店が一つ追加されました。上野の昇龍、みなさんもぜひどうぞ、旨いよ〜!

昇龍 http://www.tokyogyoza.net/archives/41522.html

師走にお江戸で紀州材。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

師走、師走、黒Pugの手足でもヤモリくんでもタヌキさんでも借りたいくらいに忙しいよ〜。くもり+少々小雨、なんでこんな日なのか。夕方からお江戸市ヶ谷3番町で和歌山でお世話になった材木屋さんと今後の利用と流通を考える打合せ。う〜ん、できたら来年春頃にして欲しかったなぁ。小雨ですからこれ、Hunter Bootsのお出まし、それかぁ、温々のTHE NORTH FACE NUPTSE BOOTIE。

お散歩 @湘南T-SITE #2

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。minä perhonen kotiに夜のお散歩、白いポーチをお買い上げ。通勤5秒で一日中アトリエにいると無性に外に出たくなる。6発エンジンの車で134号線を走ってスッキリ、江ノ島の展望台が富士山の形にイルミネーションされスッゴくきれい。整理整頓が苦手なのでポーチはバックインバックとして使うのです。

お散歩 @湘南T-SITE #1

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。minä perhonen kotiに夜のお散歩。20時頃だと湘南T-SITEまで車で15分くらいで行けるんです。クリスマスのディスプレーにかわっていて素敵でした。紙をレーザーカットした樹木の中に皆川さんのモチーフが隠れている。新年は2日からオープンだそうです、また行こう!

minä perhonen koti http://www.mina-perhonen.jp/shop/kanagawa/koti/

N3-Bと「木の家」のTERAKOYAセミナー。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

師走、快晴の日曜日。お江戸は市ヶ谷三番町のNPO法人家づくりの会のお当番+「木の家」のセミナーTERAKOYA勉強会。スケジュールは家づくりの会の事務局が決めているので、なんで師走の日曜日なのと愚痴りたくなりますがみんな公平なので我慢するのです。行きは湘南新宿ラインのグリーン車に乗って新宿までパワーポイントの作成でみっちりお仕事。1時間半強の寺子屋、休憩に小町の長嶋屋さんで朝買った粟大福と日本茶で参加者とおやつ。こんな日は気分を上げないと腰が上がらないので、今年手に入れたTHE NORTH FACE + eyeのN3-B型のコートを着てDr.Martensのサイドゴアブーツでキメる!

家づくりの会 http://npo-iezukurinokai.jp

植田正治さんのcollage。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

面白いでしょ、植田正治さんの作品にボクの奧ちゃま。パクりや引用が問題になっていますがデッカいポスターの前でパチリなので大丈夫です。昭和です、なんかわるいか。いいだろぅ!

仕事の流儀、一手間を惜しまない。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

家の設計は考えるところがいっぱいある。兎に角考える、考える。その一手間がこのようにきれいな納まりが可能になるのだ。絵空事ではなく、きちんと図面を描いて信頼する職人さんにゆだねる。これが仕事の流儀、「一手間を惜しまない」也!

仕事の流儀、小さな家はトイレが1つ。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。小さな家の設計を3つ、どれもトイレは1箇所でスケッチを進めている。デッカいタワーマンションだってトイレは1つだよね、行ったことないからホントは知らないんだけど。出来るだけ寝室と子供室に近い位置がおすすめ。うちの定番の階段踊り場にトイレをつくるときも少しのぼる、少し下りる段数が少ない位置に設計をする。そして大切なのが明るくて、軽快で、手摺りのデザインが洒落ていることなのですよ。

仕事の流儀、玄関を考える。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

えへへ、きのうのプロフェッショナルにかぶれております。久しぶりに材木座の家Ⅶを見に行ったら玄関のいろはモミジが赤く紅葉、表札とポストとの位置関係が絶妙と自画自賛。「建物がいきる光を見つける」ではないが、「建物がいきる植栽」なのである。90mm角の表札はエッジング加工して白いインクを入れている。ポストはうちの定番、堀商店のポストぐち530シルバー¥17,000也。

住宅の明かりを考える。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。快晴の朝、早起きしたので録画を見て朝食までのんびりする。「プロフェッショナル 仕事の流儀」、照明デザイナーの東海林弘靖さんを見る。朝から建築ネタかぁ、テレビで建築ものは見ないことにしている。渡辺篤史さんやリフォームものも見たことがない。でも今朝は感動した。64年前に数寄屋の棟梁中村外二工務店が手がけた住宅を料亭に使っていた明かりを料理が引き立つように改装する仕事。「美暗」という言葉をつかって美しい「影」を作り出していく。完成したところに予告無しで中村外二工務店2代目中村義明さんが表れ仕事ぶりをチェックするシーンに痺れる。苦心した床の間の明かりに厳しい一言、「掛け軸の邪魔にならない光」にしないと駄目だ!「建物がいきる光を見つける」という言葉が心に響いた。

スケスケの駐車スペース

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

雪の下で設計している敷地は道路から1mほど下にある。だから駐車スペースは道路とフラット、敷地の上につくらなけれがならない。建て主さんのアイデアから立体駐車場に使われる頑丈な亜鉛メッキしたグレーチングをつかうことにする。巾は15センチ、これを連結してスチールの梁の上に溶接して取り付けるのだ。この下の空間は腰をかがめないと通り抜けできないが排水溝をつくって砂利敷きに、そして中にはLED照明を仕込む。浮いた軽快感と通風、湿気対策になる、これが建て主さんの希望。洒落た駐車スペースになるだろう!

温々のブーツ、 NUPTSE BOOTIEがいい。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

2016年1月のバーゲンセールで買ってから箱にしまったまま忘れていたTHE NORTH FACE NUPTSE BOOTIEがこの冬大活躍。秋が短くて急に冬になり寒くなって履きはじめたらビックリ、軽くて足がホッカホッカ。血圧が低めなので11月からうすい手袋と厚手の靴下は必須、それでも足下から冷えてくるから困る。初雪の時にこのブーツを履いてお江戸へ、もう〜快適でやめられません。建て主さん、この靴で打つ合わせに行きますのでご容赦下さいね!

NUPTSE BOOTIE http://www.goldwin.co.jp/tnf/special/nuptseb/

Keith Richards

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

photograph by 操上和美 1988

操上和美 http://www.kurigami.net/#index
 

The Rolling Stones 

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

SIM Free iPhone7 + Jimmy Page

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

SIM Free iPhone7はなかなか快適であります。後ろにバッテリーを背負った純正のカバーは上下だけ薄くなるデザインで持ちやすくていい。師走に入り画面を操上和美さんが撮影したKeith Richardsから東京タワーの前に立つJimmy Pageに衣替え。操上さん80歳のお言葉「年をとったとか老人だとか思うからそうなるんですよ。そんなことを忘れていればいいんだよ」、こんな格好いいオヤジになりたい!

操上和美 http://www.1101.com/kazumi_kurigami/

住む人の個性を受け入れる余白のある家。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。KINOIE SEVENの新しい活動、家づくりを勉強するTERAKOYA(寺子屋)の冊子に書いた文章です。「家の設計というのはやりすぎてはいけないと思っています。 装飾的すぎるのではなく、どこか余白を残すような感じ。だから木の家もこれみよがしに銘木を使って素材感を主張するのではなく、さりげなく木の質感がいかされたようなほうがいい。やっぱり人が住む場所ですからね、ちょっと物足りないぐらいで、住む人の個性を受け入れる余白が必要だと思っています。昭和時代の家の暮らしみたいに、シンプルなんだけどなんか満ちたりているような幸せ感がある家。そんな暮らしのあたたかさのようなものを現代の家で表現していきたいですね」。

屋根から省エネを考える。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

ボクにエコな最新情報を教えてくれるタニタハウジングウェアの友人が師走の初日にやってきた。ここはかなりマニアックな会社で品質、デザイン、性能がダントツに優れている。ちょっと高価なのがネックではありますが、信頼できるものをつくる会社だ。設計中の雪の下の家の屋根にタニタのエコテクノルーフという太陽光パネルをのせる予定。優れているのはパネルが屋根になること、屋根にのせるのではなくパネルが屋根なのだ。防火の認定を取ってるだけでも驚くことなのですよ。今度はパネル下の通気を利用して暖まった空気をしっかり断熱した室内に送り込んで温めようという取り組みをはじめた。優れているの既存の装置の組み合わせでシステムが出来るためにローコストであること。これからボクが設計していくエコな家づくりのヒントをもらいました。Mahalo!!!

タニタハウジングウェア http://www.tanita-hw.co.jp

3代目のCHEMEX CM-1C 3Cup

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。2代目のCHEMEXがお盆の上からすっ飛んで豪快に割ってしまいました。定価は7,560円、ネットで並行輸入の3Cupが送料込み3,799円で翌日に届きました。持ち手の木の部分と皮は1代目のものを再利用、新品の木はニスが塗られてテカテカ光って安っぽい。左が新品、右が1代目。塗ってあるニスを紙ヤスリできれいに剥がして自然オイルを塗っているので白木の具合がいいんです。みなさんもCHEMEXを持っていたら紙ヤスリかけちゃいましょう、愛着がわきますよ!

CHEMEX http://www.chemexcoffeemaker.com

サッシから省エネを考える #2

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。自立循環型住宅、ZEH住宅を設計するために窓の断熱が大事なのは知っている。壁の中に断熱材を100mm入れる、高性能樹脂サッシで比較すると55mm、単板ガラスだと7mmの断熱材を入れた壁相当となりダダ漏れ状態である。だからZEH住宅の窓は最小限に小さい。うちのアトリエのように単板ガラスの大開口窓など超御法度である。でも個室型の間取りとはちがい空間がやんわり繋がっていて廊下らしきものがない、さらに壁と天井が漆喰、床は北海道産のブナの無垢板。不思議と単板ガラスで安物アルミサッシでも結露しない、正確にはロフトの南と西の2箇所だけサッシ枠が結露するけど木枠まで濡れることは全くない。左は江戸東京たてもの園にある前川國男邸、あと2つは今年出来た佐助の家。窓から見える景色は暮らしにとっても大切、省エネは時代の宿命ですが建て主さんにとって何を大事にするのか一緒に考えながら設計するのがいいのだろう。性能ありきの設計は何だか嫌だなぁ。

サッシから省エネを考える #1

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。窓の性能を体験できる施設で最新のサッシ、要はメーカーが売りたい高性能サッシを体験してきました。もらったパンフレットには「健康なカラダをつくる樹脂窓のチカラ」、「樹脂窓なら勉強だってはかどる」と売り文句ではあるが理解不能。確かに安いアルミサッシと単板ガラスに比べると断熱性、気密性とも優れている。これをそのままうのみにして使っていくことにすごく抵抗感がある。体感する部屋は5つで建て売りの個室のようでビニールクロス、ここに安いサッシから高性能サッシが付き部屋の体感温度、結露の具合を見ていく。ガラスが3枚で特別なガスが封印された最高級の樹脂サッシ、いったいいくらすんだろうか。仮にサッシの総額が100万円プラスになったとする、壁の面積が200平米あったとしてビニールクロスを漆喰仕上にしてあげると差額は50万円。さあ、どっちがいいでしょうか。室内の湿気を壁、天井、無垢の木で吸収させる、そしてほどほどのサッシの組み合わせがボク的にはシックリくる。

↑PAGE TOP