森ヒロシ建築設計所

close

ブログblog

-ところと、+ところ。

引くところと、足すところが肝心。階段の手すり、薄くつくった真ん中の壁にスリットの穴を引く。引き戸の戸袋で余った壁は凹ませて、ささやかな飾り棚を足した。これがコダワリの納まり、±のディテールです。

 

若い職人さん @湯河原

若い職人さんに痺れる、ベテランの大工さんに交じって奮闘する姿に、ニッポン安泰、頑張れ!

現場回りのお楽しみ @湯河原

どんなところに行っても、お楽しみは食事。現場回りのお楽しみはご当地名物、だいたい町の中華になっちゃいますね。現場に行ってイタリアンはあり得ない、そば屋でカツ丼はありだよな。でも、ご当地のラーメンと餃子は鉄板です。湯河原のお楽しみはラーメンでしょ。小田原系ラーメンのワンタン麵、「にこり」が驚きのリニューアル、濃厚な醤油ベースからアッサリ油を取り除いて澄んだスープに大変身。う〜ん、前も美味しかったのですが、違うお店に入っちゃった気分、前のスープの残像が濃すぎます。まぁ、現場回りで通ってしまうお美味しさ、是非どうぞ!

しあわせ中華そば食堂 にこり https://nikori.iidashouten.com

絶景かな、絶景かな、祝上棟 @湯河原

絶景な湯河原、この景色が借景になる、まことに贅沢な家の上棟式。大安吉日、おめでとうございます。建て主さんと和歌山県田辺市に行って紀州材の山と製材所を見学、そして土台、柱、梁を調達して上棟した家であります、建て主さんに拍手!

今日のお散歩 @材木座海岸

知っているお方、いつもお世話になっております!

LEICA M+LEITZ CANADA Summicron 2nd 1:2/35,jpeg.

 

今日のお散歩 @こもも丸

LEICA M+LEITZ CANADA Summicron 2nd 1:2/35,jpeg.

今日のお散歩 @材木座の漁村

LEICA M+LEITZ CANADA Summicron 2nd 1:2/35,jpeg.

Keith Haringの眼鏡、LEMTOSH。

たぶん、十年程前の眼鏡。ジョニー・デップにかぶれて手に入れた、復刻されたばかりのモスコット、レムトッシュ。価格からメイドインニューヨークの訳はなく、あちら製とは知りつつ。そもそも、ジョニー・デップの眼鏡はタートオプティカルの「アーネル」のはず。まぁ、平たい顔族の日本人は鼻が低いので、眼鏡フレームの下が頬に当たって案配が最悪。でも、デップとキース・ヘリングになった気分が最高。

LEMTOSH https://jp.moscot.com

Keith Haring https://www.pen-online.jp/news/fashion/otona25-4/1

久しぶりのお江戸 @青山、銀座

ステイホームして、グッと不要不急に耐え忍んで、なんてオーバーですが4ヶ月ぶりにお江戸まで六発を運転してお買い物、まだ電車は乗りたくないですねぇ。ちなみにヤケ買いでも、爆買いでもありませんからね、これからの季節用に長袖のティーシャツを一枚、安上がりな男である。次のお江戸はプロの写真家と一緒に新宿の町をスナップするワークショップ、楽しみなのである。

TOKYO BAY FISHERMAN’S noodle @横須賀

土曜日の夜、葉山の友だちのブログを読んで貝出汁のラーメンを食べに行ってきました。本心から褒めていることばではなかった気がしましたが、ボクと奥ちゃんは美味しかった、また行きたいと思いましたよ。ジジイなので油が多いと思うところはありますが、平太麺のビラビラ、コシコシ。タケノコ、青菜、バラとモモのチャーシュー、丁寧に刻まれたネギ。女性店主ならではの気遣いを感じる盛り付けのラーメンは、超ご馳走です!

TOKYO BAY FISHERMAN’S noodle https://ameblo.jp/vw-golf61018/entry-12599996077.html

潮らぁ麺 http://slowkuno.blogspot.com/2020/08/blog-post_25.html

竹と紙垂(しで) @地鎮祭

晴天、すこし秋らしくなった大安吉日の地鎮祭、おめでとうございます。タニタハウジングウェアの太陽光発電パネルをのせた屋根納まり、大谷石の師匠にお願いした外構、難題の長期優良住宅の申請、氏神さま、どうぞよろしくお願い致します!

エコテクノルーフ https://www.hataraku-yane.jp

M’s Classic Retro-X Jkt S Navy.

たぶん、十五年ぶりの買い換え、イヤもっともっと前だったと思う。あの頃、チョット太っていたかもしれない、エムサイズのレトロエックスはブッカブカ、今はエスでドンピシャ!

iPhone7+Adobe LightroomCC Lr Camera.

M’s Classic Retro-X https://www.patagonia.jp/ms-classic-retro-x-jkt/23056.html?dwvar_23056_color=NAT&cgid=mens-fleece

 

いつもの、月曜日。

今日は月曜日、お仕事して、本を読んで、音楽を聴いて、コーヒーをドリップして、ボ〜っと考えごとをして、写真を撮って、散歩する。

写っているブツ.
1.The workshop lamp small
2.Vespa PX EURO3
3.SMART Fortwo 451
4.INFOBAR xv
5.BOSE Wave Radio 1st
6.DURALEX PICARDIE 220cc
7.PILOT Capless fountain pen
8.LAMY Blueink bottle
9.RHODIA N°11
0.Glasses by ROBERT MARC

LEICA TL2+SUMMILUX-M 1:1.4/35 ASPH.

今日の妙本寺 @日曜日

西日の輝きと長い影、ヒグラシの鳴き声がもうすぐ秋って気分です。実家のある九州に台風が接近中、心配です。鎌倉のお天気もさあ〜っと曇って雨、すぐパッと晴れ間が出てと、窓の開け閉めが慌ただしい。ご用心下さい!

LEICA M+LEITZ CANADA Summicron 2nd 1:2/35,jpeg.

夕暮れ時の無印良品 @日曜日

LEICA M+LEITZ CANADA Summicron 2nd 1:2/35,jpeg.

 

夕暮れ時の材木座海岸 @日曜日

LEICA M+LEITZ CANADA Summicron 2nd 1:2/35,jpeg.

 

飯島奈美さんのナポリタン @日曜日

朝起きたら、録画した小山薫堂さんの東京会議、タモリ倶楽部を見てから始まる日曜日。そしてカリーの師匠、水野仁輔さんのレシピでコンソメスープのカリーをつくる。これは、冷蔵庫で数日寝かしてからいただきます。慌ただしくお昼は、飯島奈美さんのナポリタンを仕込む。肝心なのは、ウインナーを入れるのと水野仁輔さん直伝のタマネギ炒め。スッゴいでっかい音で、カレン・カーペンターのRainy Days And Mondaysを聴きながら。

iPhone7+Adobe LightroomCC Lr Camera.

Rainy Days And Mondays https://www.youtube.com/watch?v=PjFoQxjgbrs&feature=emb_title

東京会議 https://www.bsfuji.tv/tokyokaigi/

タモリ倶楽部 https://www.tv-asahi.co.jp/tamoriclub/#/?category=variety

Ethernetで直結!

リモートワークでサーバーのデータにアクセスする場合、LANケーブルで直結した方が無線より安定して早いらしいと、システムエンジニアの息子くんのアドバイス。ボクはパソコン下に置いてある終端装置とつなげて光ケーブルに直結する、ロフトでリモートしている息子のパソコンには十五メートルのケーブルを引き込んで光ケーブルに直結。確かに、ドロップボックスへの読み込み、書き込みが早くなった。無線が主流の今どき、今後はケーブルで直結することを考えないといけないようですね。

iPhone7+Adobe LightroomCC Lr Camera.

Ethernet https://ascii.jp/elem/000/000/424/424896/

Pho RASCAL @やちむん

沖縄に行くと必ず寄る読谷村の大嶺工房、そこで手に入れた大嶺實清さん作のちょっと小ぶりな丼、これに盛り付けしてラスカルのフォーをいただく。優しく澄んだスープと器がピッタリ、このごちそう感がたまりません!

iPhone7+Adobe LightroomCC Lr Camera.

旅とヤチムン http://www.tabi-yachimun.jp

読谷村 https://www.vill.yomitan.okinawa.jp

 

Pho RASCAL @テイクアウトでおうち

今日はホント厳しい残暑でした、まいりますね。夕方、マスクをして鎌倉市役所の三階まで階段を上がったら声が出ないほど息苦しかった。帰りに予約していたフォーをお持ち帰り、久しぶりにラスカルのフォーをおうちでいただきます!

iPhone7+Adobe LightroomCC Lr Camera.

Pho RASCAL https://romyhiromi.com/pho-rascal/

 

「ふつう」、って何だ!

ボクは、「ふつう」、「しろうと」という言葉は気をつけて話すように心がけています。何を持って普通か、上目目線で素人という言葉はつかいません。深澤直人さんの「ふつう」が知りたい。布の装丁がじつに触り心地いい手触りで上等な読書感。ゴーツーのお供にこれと旅する!

追伸
リンクの画像を見て、鉄の階段のササラ板が巾広すぎで無粋、手すりのエンドが雑な納まり、いいのですか、深澤さん!

iPhone7+Adobe LightroomCC Lr Camera.

ふつう https://www.d-department.com/item/DD_TEXT_REPORT_20959.html

「旅の歓び」 @お伊勢さん

二年前の卯月、若葉の候のお伊勢さん。五十鈴川にかかる宇治橋で「もう一人の自分に出会えるスリル」を感じていたのかもね。二月から一度だけ鎌倉駅から二駅の大船まで電車に乗ったきり。そもそも不要不急な暮らしなのでどこに行くわけでもありませんが、スリルのない閉塞感が漂いはじめた気が、GoTo ニッポン。

 

「旅の歓び」 @GO TO

柚木沙弥郎さんの作品集、題名が「旅の歓び」。その中で、もう一人の自分に出会えるスリルと表現されている、共感して痺れます。ボクは日本語が通じて、ニッポン食が味わえる国内旅行で、ハッとする感動に歓びを発見する、飛行機の移動は二時間以内がちょうどいい。サラッと通過も含めると日本国内で行っていないのは、青森、福井、広島、あとは離島だけじゃないか。年内に二カ所、年明けに一カ所ゴーツーしてきます。さてと、どんな歓びに出会えるでしょうね。

柚木沙弥郎さん http://www.samiro.net/notebook/index.html

 

N55の自動車検査。

伝家の宝刀、エヌゴーゴーエンジンの六発が自動車検査から帰ってきました。七年でたったの一万六千キロメートル、大切にしすぎ、もっと乗ってあげないといけません。今回はエンジンオイル、ブレーキフルード、クーラント、バッテリーを交換。エンジンオートストップに対応した純正のバッテリーは高価なのでリーズナブルなボッシュ製を選択、その他ブレーキ回りはしっかりバラして点検するのがここの流儀、安心の信頼です。

photograph by B+

B+ http://www.bplus-bmw.com/blog/diary.cgi?no=8718

N55 https://clubmini.jp/19785

信頼する、ヤバい大工さん。

腕は一流、大好きな大工さんが、現場の監督に「オメ〜手配しろって言っただろう、ふざけるなよ、今日は帰る」、痺れるぜ。ピアスして、小さな入れ墨、何の意味があるのか分かりませんが彼らのアイデンティティなのです。夜の藤沢でこの二人がいると、オーラがヤバすぎる。何かの時は、ボクの用心棒に出動いただくのだ。見た目が悪いもっとすごい鳶さんもいるからね、みんなボクの頼もしいお友達です。

BROMPTON M3R改 @3K炭素

なにをしているのか分からないですよね、フロントタイヤを折りたたんでチェーンステーの引っかける箇所に傷がつかないように炭素製のプレートを付けた、それだけ。購入したときに両面テープで貼っていた皮がボロボロになっていたので炭素に交換。そう言う些細なところが気になるのが設計者のサガなのです。小さい奴だと言わず、大切にする気持ちは大事です!

BROMPTONメンテナンスブック https://www.value-press.com/pressrelease/249931

和田サイクル https://www.wadacycle.jp

おとうさんの、ナポリタン。


飯島奈美さんのレシピ、食べたいものは自分でつくる、これがモリ家の掟。つくりかたは、パスタをゆでたらオリーブオイルをかけてから調理をする、ゆでたてを絡めるないところに意味があるような気がする。ピーマン、タマネギ、ニンニク、マッシュルーム、ウインナーを塩こしょうで炒めて皿に取り置く、この置くというところに意味があるような。トマトジュースを五分程ほど煮詰める、そしてフライパンにバターを溶かしてすべてを入れて炒める、このときケチャップを加えてうま味を出す。レシピにはないけど、パスタは極太かリングイーネ(ゆで時間十二分)、ゆであがったら鉄のフライパンでパリッと焼く、これがボクのおすすめ、お試しあれ!

飯島さんのレシピ https://liferecipe.1101.com/324.html

DE CECCO No.7 https://www.nisshin.com/products/detail/8001250002419.html

青空を見上げる、上棟式 @大安吉日

お日柄がたいへんよろしく、上棟の日、おめでとうございます。今日は快晴の大安、上棟した二階のリビング、バルコニーから相模湾が一望。バルコニーの一部屋根を吹抜にして、青空から燦々とこぼれた光が鉄の階段と伝って一階に降り注ぐ、建て主さんの強い要望に応えた設計。風の通りも狙い通り、窓の位置もいい案配です。今日は、おめでとうございました!

大安カレンダー https://tn.calendar-calendar.com

鉄の階段に、段板を乗せる方法。

普段は見えなくても、下から覗くと見えるのが段板を乗せる鉄のパーツ。一番簡単なのは、段板の下を全部鉄板にする方法、でも余計に鉄材がかさむし、重くて設置に人出がかかる。そこで、こんなパーツをデザインする。ここまで気にする建築家は、以外に少ないです。ボクは気になって気になって、下から見てもシンプルに、でもやり過ぎないよう毎度考えている。とっても気にして設計をしています、出来上がりをお楽しみに!

鉄の師匠がお出まし @階段

はじまった湯河原と藤沢、そして来月からはじまる材木座の家は三軒とも鉄の階段。茅ヶ崎の鉄の師匠を無理矢理連れ込みました。見た目、ホント厳つい顔をしていて怖い、現場がはじまるともっとヤバくて、「バカヤロウ、ちゃんと持ってろこの野郎」って檄を飛ばすと現場は凍り付いて震い上がるのだ。それを、ニヤニヤ見ているボクも悪い奴。でもね、昔気質でいいオヤジさんなんだ。師匠の檄を聞いても、気にしないで下さいね、口癖なのだから!

↑PAGE TOP