森ヒロシ建築設計所

神奈川県・鎌倉の建築家 森ヒロシ建築設計所

NEWS

DIARY

仕事の流儀、小さな家はトイレが1つ。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。小さな家の設計を3つ、どれもトイレは1箇所でスケッチを進めている。デッカいタワーマンションだってトイレは1つだよね、行ったことないからホントは知らないんだけど。出来るだけ寝室と子供室に近い位置がおすすめ。うちの定番の階段踊り場にトイレをつくるときも少しのぼる、少し下りる段数が少ない位置に設計をする。そして大切なのが明るくて、軽快で、手摺りのデザインが洒落ていることなのですよ。

仕事の流儀、玄関を考える。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

えへへ、きのうのプロフェッショナルにかぶれております。久しぶりに材木座の家Ⅶを見に行ったら玄関のいろはモミジが赤く紅葉、表札とポストとの位置関係が絶妙と自画自賛。「建物がいきる光を見つける」ではないが、「建物がいきる植栽」なのである。90mm角の表札はエッジング加工して白いインクを入れている。ポストはうちの定番、堀商店のポストぐち530シルバー¥17,000也。

住宅の明かりを考える。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。快晴の朝、早起きしたので録画を見て朝食までのんびりする。「プロフェッショナル 仕事の流儀」、照明デザイナーの東海林弘靖さんを見る。朝から建築ネタかぁ、テレビで建築ものは見ないことにしている。渡辺篤史さんやリフォームものも見たことがない。でも今朝は感動した。64年前に数寄屋の棟梁中村外二工務店が手がけた住宅を料亭に使っていた明かりを料理が引き立つように改装する仕事。「美暗」という言葉をつかって美しい「影」を作り出していく。完成したところに予告無しで中村外二工務店2代目中村義明さんが表れ仕事ぶりをチェックするシーンに痺れる。苦心した床の間の明かりに厳しい一言、「掛け軸の邪魔にならない光」にしないと駄目だ!「建物がいきる光を見つける」という言葉が心に響いた。

スケスケの駐車スペース

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

雪の下で設計している敷地は道路から1mほど下にある。だから駐車スペースは道路とフラット、敷地の上につくらなけれがならない。建て主さんのアイデアから立体駐車場に使われる頑丈な亜鉛メッキしたグレーチングをつかうことにする。巾は15センチ、これを連結してスチールの梁の上に溶接して取り付けるのだ。この下の空間は腰をかがめないと通り抜けできないが排水溝をつくって砂利敷きに、そして中にはLED照明を仕込む。浮いた軽快感と通風、湿気対策になる、これが建て主さんの希望。洒落た駐車スペースになるだろう!

温々のブーツ、 NUPTSE BOOTIEがいい。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

2016年1月のバーゲンセールで買ってから箱にしまったまま忘れていたTHE NORTH FACE NUPTSE BOOTIEがこの冬大活躍。秋が短くて急に冬になり寒くなって履きはじめたらビックリ、軽くて足がホッカホッカ。血圧が低めなので11月からうすい手袋と厚手の靴下は必須、それでも足下から冷えてくるから困る。初雪の時にこのブーツを履いてお江戸へ、もう〜快適でやめられません。建て主さん、この靴で打つ合わせに行きますのでご容赦下さいね!

NUPTSE BOOTIE http://www.goldwin.co.jp/tnf/special/nuptseb/

Keith Richards

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

photograph by 操上和美 1988

操上和美 http://www.kurigami.net/#index
 

The Rolling Stones 

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

Hate To See You Go https://www.youtube.com/watch?v=lrIjMzBr-ck

SIM Free iPhone7 + Jimmy Page

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

SIM Free iPhone7はなかなか快適であります。後ろにバッテリーを背負った純正のカバーは上下だけ薄くなるデザインで持ちやすくていい。師走に入り画面を操上和美さんが撮影したKeith Richardsから東京タワーの前に立つJimmy Pageに衣替え。操上さん80歳のお言葉「年をとったとか老人だとか思うからそうなるんですよ。そんなことを忘れていればいいんだよ」、こんな格好いいオヤジになりたい!

操上和美 http://www.1101.com/kazumi_kurigami/

住む人の個性を受け入れる余白のある家。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。KINOIE SEVENの新しい活動、家づくりを勉強するTERAKOYA(寺子屋)の冊子に書いた文章です。「家の設計というのはやりすぎてはいけないと思っています。 装飾的すぎるのではなく、どこか余白を残すような感じ。だから木の家もこれみよがしに銘木を使って素材感を主張するのではなく、さりげなく木の質感がいかされたようなほうがいい。やっぱり人が住む場所ですからね、ちょっと物足りないぐらいで、住む人の個性を受け入れる余白が必要だと思っています。昭和時代の家の暮らしみたいに、シンプルなんだけどなんか満ちたりているような幸せ感がある家。そんな暮らしのあたたかさのようなものを現代の家で表現していきたいですね」。

屋根から省エネを考える。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

ボクにエコな最新情報を教えてくれるタニタハウジングウェアの友人が師走の初日にやってきた。ここはかなりマニアックな会社で品質、デザイン、性能がダントツに優れている。ちょっと高価なのがネックではありますが、信頼できるものをつくる会社だ。設計中の雪の下の家の屋根にタニタのエコテクノルーフという太陽光パネルをのせる予定。優れているのはパネルが屋根になること、屋根にのせるのではなくパネルが屋根なのだ。防火の認定を取ってるだけでも驚くことなのですよ。今度はパネル下の通気を利用して暖まった空気をしっかり断熱した室内に送り込んで温めようという取り組みをはじめた。優れているの既存の装置の組み合わせでシステムが出来るためにローコストであること。これからボクが設計していくエコな家づくりのヒントをもらいました。Mahalo!!!

タニタハウジングウェア http://www.tanita-hw.co.jp

3代目のCHEMEX CM-1C 3Cup

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。2代目のCHEMEXがお盆の上からすっ飛んで豪快に割ってしまいました。定価は7,560円、ネットで並行輸入の3Cupが送料込み3,799円で翌日に届きました。持ち手の木の部分と皮は1代目のものを再利用、新品の木はニスが塗られてテカテカ光って安っぽい。左が新品、右が1代目。塗ってあるニスを紙ヤスリできれいに剥がして自然オイルを塗っているので白木の具合がいいんです。みなさんもCHEMEXを持っていたら紙ヤスリかけちゃいましょう、愛着がわきますよ!

CHEMEX http://www.chemexcoffeemaker.com

サッシから省エネを考える #2

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。自立循環型住宅、ZEH住宅を設計するために窓の断熱が大事なのは知っている。壁の中に断熱材を100mm入れる、高性能樹脂サッシで比較すると55mm、単板ガラスだと7mmの断熱材を入れた壁相当となりダダ漏れ状態である。だからZEH住宅の窓は最小限に小さい。うちのアトリエのように単板ガラスの大開口窓など超御法度である。でも個室型の間取りとはちがい空間がやんわり繋がっていて廊下らしきものがない、さらに壁と天井が漆喰、床は北海道産のブナの無垢板。不思議と単板ガラスで安物アルミサッシでも結露しない、正確にはロフトの南と西の2箇所だけサッシ枠が結露するけど木枠まで濡れることは全くない。左は江戸東京たてもの園にある前川國男邸、あと2つは今年出来た佐助の家。窓から見える景色は暮らしにとっても大切、省エネは時代の宿命ですが建て主さんにとって何を大事にするのか一緒に考えながら設計するのがいいのだろう。性能ありきの設計は何だか嫌だなぁ。

サッシから省エネを考える #1

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。窓の性能を体験できる施設で最新のサッシ、要はメーカーが売りたい高性能サッシを体験してきました。もらったパンフレットには「健康なカラダをつくる樹脂窓のチカラ」、「樹脂窓なら勉強だってはかどる」と売り文句ではあるが理解不能。確かに安いアルミサッシと単板ガラスに比べると断熱性、気密性とも優れている。これをそのままうのみにして使っていくことにすごく抵抗感がある。体感する部屋は5つで建て売りの個室のようでビニールクロス、ここに安いサッシから高性能サッシが付き部屋の体感温度、結露の具合を見ていく。ガラスが3枚で特別なガスが封印された最高級の樹脂サッシ、いったいいくらすんだろうか。仮にサッシの総額が100万円プラスになったとする、壁の面積が200平米あったとしてビニールクロスを漆喰仕上にしてあげると差額は50万円。さあ、どっちがいいでしょうか。室内の湿気を壁、天井、無垢の木で吸収させる、そしてほどほどのサッシの組み合わせがボク的にはシックリくる。

お江戸のささやかなお楽しみ。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。お江戸はNPOの理事会などで月に1度は行っている。毎日通勤時間5秒のアトリエで仕事をして、たまにお江戸に行くとみんなの着ている服装がちがう、もうダウンやコートを着るんだって驚く。鎌倉はラフな格好をするのが地元風だからね。NPOは三番町にあるので地下鉄の半蔵門駅から歩く。せっかく月に1度のお江戸、ちょこっとどこかを見たいけど時間がない。そんなときは表参道で途中下車して10分だけお店を見てすぐ地下鉄に乗る。初雪だった木曜日も10分だけ寄り道して奥ちゃんにおみやげを買う。そしてお仕事する。これがささやかなお楽しみなのだ、今年はHOLIDAY emoji の COMME des GARÇONS。

COMME des GARÇONS http://www.comme-des-garcons.com

鎌倉で住宅を設計するということ。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。鎌倉の扇ガ谷に中村好文さんが設計した小さな家がある。この本の41ページに載っていて鉄骨の階段でスキップする間取りがいいんだ、そしてどこも引き戸が仕込まれていて空間が繋がったり閉じたりする。この文章の中で鎌倉で住宅を設計する難しさに触れている。埋蔵文化財が出てくる恐れがあると大がかりな調査が必要だったり基礎の深さに注意しなくてはならない。ボクが設計中のお宅は古い擁壁があったり、固い粘土質の小山に近いと表面の風化が進みもろくなっていることを考慮した設計が求められる。鎌倉市との交渉は正面突破ではお役所対応の回答しか得られない、そんなときは頼りにしている経験ある若手職員の知人からアドバイスをもらって横から攻め込む。地元鎌倉には力強い助っ人の仲間たちがいるのがいいんだ!

断熱材、セルローズファイバーを学ぶ。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

雪が降る中、東京から断熱材の専門家マツナガ社長に来ていただいてセルローズファイバーを伝授される。断熱性能、調湿結露防止、防虫防かび、防音、防火性能、撥水性と他の断熱材では得られない特徴を持つ。さらに35坪の家でグラスウールと比べると年間10万円ほどの省エネ効果があることを知る。初期のコストが上がっても快適な室内環境が得られるならつかってみたい。ただし無闇につかえばいい訳ではなく、建て主さんの暮らし方、家の大きさ、空間のつながり方から考えることが大切なのでありますね!

マツナガ http://www.ms-matsunaga.jp/insulation/ms/different/

気分は「旅する」本 #2

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。お仕事でしたが奥さまがちょこっと感謝してくれました。2人でオステリア コマチーナでお昼。前菜は鰺のカルパッチョ、パルマのプロシュート、サバのポテトサラダと自家製のパン。メインはイタリアの国旗のようにきれいな緑のバジリコ、白いチーズ、赤いトマトのピッツァ・マルゲリータ、すごくジュワッと味がしみる旨さ。そしてはじめて食べる野菜とお豆、パンをジックリ煮こんだリボリータ。トスカーナ地方の郷土料理で繰り返し煮るという意味らしい。胃袋が洗われるように優しい味と歯ごたえのある食感がすばらしい。「旅する」本を読みながら2人で分け合って腹八分目のちょどいいお料理がいい。食後はディモンシュの堀内さんが焙煎した酸味のあるコーヒーでしめる。ちょっとリラックス、帰ってまたお仕事の勤労感謝の日なのでした。まあ、こんな祝日もいいさ!

Osteria Comacina https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14033522/

気分は「旅する」本 #1

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。勤労感謝の日、今日も勤労です。いつ感謝されるのでしょうか。こんな日の気分は「旅」。ついご贔屓の作家を「旅」で検索、今日は中村好文さんの「暮らしを旅する」、京都のレストランを設計したそうで早速来年の予定表から5月27日をキープしておく。気まぐれに届くGARÇONSの冊子をながめながら気分を上げるのだ!

50年前の住宅をお直しする。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

1959年5月に林・山田・中原設計同人の山田初江先生が設計した藤沢市鵠沼の家、いよいよ先生が設計した当時によみがえるのです。鎌倉の仲間、優秀な工務店と木造の構造を知り尽くした構造設計者と減築して耐震性を加えてお直しします。このお仕事は奇跡の出会いで山田先生の母校、日本女子大学のOGにも見てもらう計画。ボクたちは黒子に徹して、先生が30歳代に設計した「山田初江」建築を復活させるチャンスに痺れる、いやぁ楽しい。

秋の材木座3丁目

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。秋の材木座3丁目はハゼの木が真っ赤に紅葉して細い路地を通るご近所さんを楽しませてくれる、ってうちのお隣のこと。お隣の設計はボク、ほぼ建築前からあった木を残しました。枝を切りたくなかったので軒の一部をかき込んでいます。片流れ屋根の破風板は吉村順三さんの別荘と同じ、真似しました。やってみたかったんです!ボクはハゼにかぶれるので相性がよくない木なのですが新緑もきれいだし紅葉したハゼは更に絶品。毎日2階リビングの出窓から見える景色なのである、やっぱり設計がいいなぁ!出窓の寸法も吉村先生が設計した脇田邸と同寸。分かりますか、白い丸印にとまっているのはコゲラという縞々の小鳥です。

植木屋さんは粋だね!

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

快晴の日曜日、鎌倉市今泉台の家にVespaで出動。やっと紅葉してきた鎌倉はすごい人出で大渋滞、扇ガ谷の急な坂の谷戸を近道して北鎌倉へ。玄関アプローチに植栽を植える位置と植木の向きを建て主さんに見て頂きながら将来の成長も考慮して決めていく。植えたのは赤い実がなる株立ちのソヨゴの♀、ヤマボウシの株立ち、ハナミズキの一本立ち、まだ小さなジンチョウゲ、そしてヒメコウライ芝。引き戸の格子戸、御影のピンコロ石、大谷石の土留めと階段、洗い出し仕上の三和土とよく馴染んでいて来春の新緑が楽しみです。

和紙を品よくつかう。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。和風に限らず和紙を上手につかうととっても品のある家が出来る。とくに版木で文様を映し出した和紙、唐紙というのですが職人さんが一枚一枚手づくりする。今時の家に畳の部屋がないのは仕方ないとしてという言葉も消えつつある。和紙を何枚も張り合わせた襖はフックラとして品がある。拙宅に一枚だけ鳥の子紙という薄〜い黄色の和紙を貼った襖がある。取手は赤い漆が塗られた真鍮製。16年経ってそろそろ文様のある唐長さんの唐紙に張り替えようと思っている。そんな楽しみもあるのが和紙、襖、和室なのです。

唐長 http://kirakaracho.jp/index.html

哲学して芸術になった住宅、虚白庵。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。藤森さんの著作、「藤森照信の原・現代住宅再見2」のはじめに白井晟一さんが設計した自邸・虚白庵が載っている。ボクは2010年3月、解体される前に虚白庵を見た。藤森さんも書かれているように「建築透明化へのアンチテーゼ」、閉鎖性、洞窟、要塞を思わせる白井建築。訪ねると確かに暗い、ただ暮らしていたときの写真を見ると嗜好品が並び手元だけが照らされる書斎は実に素敵な空間だ。昼間は寝ていて夜仕事をしていたと聞くとなるほどと思ってくる。いま、鎌倉市二階堂で設計している家は吉村順三さんのピロティーとスケール感、室内の心地良さは白井さんの虚白庵が頭の中にある建築。吉村さんの開放感と白井さんの洞窟を表現してみたい。

楽しい階段を考えている。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

いくつか設計している家の階段を楽しくなるようにデザイン中、毎日ず〜っと階段のことを考えている。蹴込み板を光らせる、スケルトンにする、階段の手すり壁にスリット空けて風を通したり、廊下の手摺りも同じテイストになるように考える。今はつかまる手摺りはスチールでつくることにこだわっている。トップライトと杉のルーバーで変化を出したりデザインする余地がたくさんあるのが階段。下と上を繋ぐだけでは駄目なのですよ、楽しい階段は建築家の腕の見せ所。苦しいけど考えて考え抜く、でも楽しい!

朝鮮張りの床がいい。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。住宅の床といえばボク的には板貼り、普通はフローリングというけれどハウスメーカー風で好きじゃない。イラストレーターの大橋歩さんが初めての家を永田昌民さんに依頼した家の床板の話し、板のジョイントが1枚おきに揃っていたことを悔やんだというエッセイがありました。随分前のエッセイですが、それを読んで以来ボクは床板の張り方はランダムに、更に乱尺に張ることにしている。ヘンリーボーン張りなどいろいろやり方はあるのですがあんまり興味なし。ただ、この朝鮮張りの床板にはグッとくるものがある。ただしモダンな家には作為的でどうかなぁ、昭和の風情がある何も置かれていない空間を設計することがあれば是非試してみた張り方なのです。

Super moon、Live@zaimokuza

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

地球に35万6500kmまで最接近するお月さま。11月14日20時21分、残念ながらくもり。一日遅れのSuper moon。屋上からながめる神秘的なお月さま。天国への階段、Stairway to Heaven!

天国への階段 https://www.youtube.com/watch?v=t2qqFCNuys0

だめよ〜ん、DAVID BOWIE isなんだから!

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

DAVID BOWIE is大回顧展のチケットは日時と時間を指定してとらないといけない、2月11日建国記念日の12時から14時のチケットをゲットします。ということで、2月11日土曜日はDAVID BOWIE isだから打合せはぜったいにだめよ〜ん、です!

DAVID BOWIE is http://t.pia.jp/feature/event/davidbowieis/

杉のルーバーから光が広がる階段が神々しい。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

鎌倉市今泉台の家はスキップフロアー。1階のダイニング+キッチンから中2階のリビングを結ぶ岐阜県産東濃檜の厚板をのせたスチールの階段を上り見上げると杉のルーバーからお日さまが燦々と降り注ぐ。1階に下りるときに見える空間がこれ。杉のルーバーから光が広がるこの感じ、神々しく思いませんか。杉の化粧梁も効いている。きょうは70年ぶりの大満月、Super moon。

アボカドから芽が出てきた。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。ポカポカの快晴、よりによってこんなVespa日和に鎌倉市長の後援をもらった「鎌倉の建築士・仕事展」のお当番でずっと地下の展示スペース。そして打ち上げ、二次会、三次会でグッタリ。そう、アボカドから根っこと葉っぱが出始めました。もう少し葉っぱが出たら地面に植え替えてあげる、実が付くといいなぁ!

minä perhonenのバッグでソワソワ。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

minä perhonenからバッグの新作が入ったとの連絡があってソワソワ。午前中2つ、午後1つの打合せをすませてから湘南Tサイトのminä perhonen koti。出たばかりなので色が3種類そろっていて散々迷ってこれにする。奧ちゃんと共用のバックです。そうだ、minäに行くときうちの前でかわいい子ダヌキに遭遇、鎌倉はいるんだよなぁ!

koti http://www.mina-perhonen.jp/shop/kanagawa/koti/

auさん、さよならでiPhone7がやってくる #2

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

SIMフリーのiPhone7はこのようにやって来た。Apple storeに人気のジェットブラック色注文、在庫なしで2週間ほど掛かるというアナウンス。その後、クロネコヤマトから出荷のメールで11/04上海支店荷物を受付、11/06上海支店より発送、いよいよ来るぞ。11/07ADSC支店荷物受付、その日のうちに発送、11/08無事に鎌倉に到着した。ADSC支店とは江東区にあるApple Ddelivery Support Center。

auさん、さよならでiPhone7がやってくる #1

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。ボクはガラパゴス携帯とスマートフォンの2台持ち。仕事で使うときのスマートフォンは保存している図面データや外出先にスタッフから送られてくる図面を見ながら指示を出すための道具。その画面を見ながらガラパゴス携帯で指示を出す、スマートフォンだけでは画面の図面やファクシミリを見ながら電話するのはムリでしょ。なので前からスマートフォンの通話機能は使っていなかった、その割に毎月の使用料が6500円ほどと高い。そこでauさんをさよならしてSIMフリーのiPhone7を手に入れ、docomoの回線を使った格安SIMを850円で契約。かけ放題のガラパゴス携帯が2200円、合計税込みで3300円ほど。auひかりの割引を入れると何と年間8万2千円の倹約になった。auさん、さようなら!

音楽のある暮らしは楽しい。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

ボクは音楽のない暮らしをするのはムリ。テレビよりラジオ、そして大音量でRock ‘n’ Roll。ラジオは毎日夜8時からJ-WAVEの「ニュースを読み取り感性を伝える 情報プログラムJAM The World」は外せない番組。日替わりのナビゲーターがみんなユニークな発想の発言ですごくおもしろい。地方の方はラジコで是非聴いて下さい。そんな訳で建て主さんに必ずそそのかすのが配線してスピーカーを壁や天井に付けることを提案する。BGMのように音楽を聴くのもよし、ボクのように全開でRock ‘n’ Rollも楽し!

手仕事のカレンダー

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

カレンダーが送られてくる季節になりましたねぇ。手仕事フォーラムから季刊誌のSILTAと小田中耕一さん型染を印刷したカレンダーが届きました。今年も残り2が月、あっと言う間の平成28年でした。

もやい工藝 http://moyaikogei.jp

ビルトインのガレージをつくる。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。きょうは鎌倉市今泉台の家のお引き渡し。ちょこっと贅沢に愛車が家の中に入るビルトインのガレージ、入り口はシャッターではなく4枚のチタンメタリック色のパネルが電動で作動する。緑と赤のひもは停電時に手動で開閉させるもの、建て主さんの愛車が入ってキマッているでしょ!

日曜日に竹の子そばを横浜山手で食う。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。久しぶりの安息日、今年は週末の仕事が多くて体力的に限界にきている。歳のせいと言うよりこれだけお仕事していれば仕方ないさね。でも30代の時は3日徹夜して空が黄色かったほどお仕事したけど元気だった、やっぱり歳か。で、BRUTUS 2016年 10/15号に我がビーフン東の次ページに載っていた竹の子そばを横浜山手まで食べに行く。入ると「いらっしゃいらっせ〜」っておぉ〜大正7年に創業した中華の老舗だ。お昼前なのに常連さんでいっぱい、赤いチャーハンをドンブリで食っている、超旨そうだけど目的は竹の子そばだ。うちの奧ちゃんは竹の子のまわりにある多量のネギが気になるらしく横浜の定番サンマーメンを注文。やってきたラーメンは中華スープの澄んだ味に極細の麺、スープが旨い。竹の子はシナチクの数倍のデカさ、甘辛く炊かれて後を引く旨さ。名物らしいシューマイとともに全体的に甘めの味付けでしたがイケてる。今も甘辛の竹の子が口の中で漂っている、だから名店なのですね。

奇珍楼 https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140105/14000107/

折れ戸の取っ手を彫り込む。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。つくれるものは職人さんに頑張ってもらう、これがうちの設計。取っ手や引き手は既製品の金物に頼らないで彫る!これは折れ戸を引き出すために彫り込んだ取っ手。彫る高さ、大きさは標準図を描いて指示している。家づくりにこだわるということは1つずつ考え抜いていく積み重ねなのだ。そこが住宅設計の楽しさなのです。

さり気ない照明器具がいい。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。明かりは手元を照らすことが必要で、部屋全体を明るくする必要はまったくない、と言い切る。天井に蛍光灯のドーム型のフードが付いた照明器具を首都高速道路から見た超高層マンションで見かける、住民のセンスのなさに悲しくなる。決まってレースのカーテンが掛かっているのもひどい。本を読むソファーの手元、大きなテーブルのカウンター、キッチンはあらいものをするシンクと作業台が明るければいいのだ。廊下にいくつもダウンライト付ける家を見かけるが1つで十分なのだ。階段の照明は向きが変えられるこんな筒型の照明器具を定番にしている。無駄な照明器具を付けるのは野暮、暮らし方を考えて付けたいものです。設備費も下げられていいことばかりです。

文化の日、KINOIE SEVENで石神井公園。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。きらいな祝日の木曜日、文化の日。朝8時前の湘南新宿ラインに乗って池袋、西武池袋線に乗り換えて石神井公園駅、そして徒歩10分の練馬区南田中図書館でKINOIE SEVENの展示とセミナーなのでした。司書の方々のご尽力で多くの方に参加いただき感謝です。でも、行く前からボクの頭は夕食をどこで食べようか、またまたBRUTUS 2016年 10/15号の50ページに載っている切干大根の玉子焼きが気になって仕方がない。古都台南担々麺で食べてきました。まず目的の玉子焼き、すごくおいしい。次は台湾通に評判の炸臭豆腐、うぇくっせ〜ぇ。そしてチョイ甘のピリ辛タレにパクチー、これには参った。紹興酒で喉を洗浄して何とか完食。もうここで気持ちがいっぱいで〆にお茶碗大の小さな台湾屋台で出るらしい肉味噌がのった担仔麺をいただく、これはサッパリしてよしでした。感じのいいお店でしたが炸臭豆腐はこりごりです。

古都台南担々麺 https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13061507/

りんご、リンゴ、APPLE、RINGO!RINGO!

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。RINGO STARR And His All Starr Bandをオーチャードホールで観てきましたよ、楽しかったぁ!リンゴ、スティーヴ・ルカサー、トッド・ラングレン、グレッグ・ローリー、リチャード・ペイジ、グレッグ・ビソネット、ウォーレン・ハムのオールスターバンド。トッド・ラングレンのI Saw the Lightで痺れまくり、リンゴのYellow Submarineはニコニコ、Photographでホロリ、With a Little Help From My FriendsではBeatlesのRINGOがいた。

Set list
01.Matchbox (Carl Perkins cover)
02.It Don’t Come Easy (Ringo Starr song)
03.What Goes On (The Beatles cover)
04.I Saw the Light (Todd Rundgren cover)
05.Evil Ways (Willie Bobo cover)
06.Rosanna (TOTO cover)
07.Kyrie (Mr. Mister cover)
08.Bang the Drum All Day (Todd Rundgren cover)
09.Boys (The Shirelles cover)
10.Don’t Pass Me By (The Beatles cover)
11.Yellow Submarine (The Beatles cover)
12.Black Magic Woman/Gypsy Queen (Santana cover)
13.You’re Sixteen (Johnny Burnette cover)
14.Back Off Boogaloo (Ringo Starr song)
15.You Are Mine (Richard Page cover)
16.Africa (TOTO cover)
17.Oye como va (Tito Puente cover)
18.I Wanna Be Your Man (The Beatles cover)
19.Love Is the Answer (Utopia cover)
20.Broken Wings (Mr. Mister cover)
21.Hold the Line (TOTO cover)
22.Photograph (Ringo Starr song)
23.Act Naturally (Buck Owens cover)
24.With a Little Help From My Friends (The Beatles cover)
25.Give Peace a Chance (John Lennon Plastic Ono Band cover)

RINGO http://ro69.jp/news/detail/150791

格子戸のある玄関ポーチが涼しげでさわやか。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

鎌倉市今泉台の家の玄関には建て主さんたっての希望で引き戸の格子戸がつけられた。材質は水に強い米ビバ、引き手は横桟の巾に合わせてかわいらしく彫り込む。格子と隙間の巾、縦格子と横桟の出巾も建て主さんの希望を聞いて本数を計算して建具屋さんにお願いする。ボクだけでは思いつかないアイデアが勉強になりました、とっても涼しげな玄関が出来上がりました。

「木の家」のキッチンをつくる。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

鎌倉市今泉台の家はオール電化住宅。コンロがガスではなくIH式にすると出来ること、それは内装の制限を受けないので天井を板貼りにすることが出来る。使いやすいように建て主さんと相談しながら図面を描いて家具屋さんがつくってペンキ屋さんがうっすら白化粧したデザイン。気持ちのいいキッチンだと思いませんか!

ボクはRock ‘n’ Rollしか聴かない。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

DAVID BOWIE isのチケットが発売開始、来年の1月が楽しみ。明後日はオーチャードホールでRINGO STARR And His All Starr Bandのライブ。糸井重里さんのツイートによると撮影、動画撮影が出来るらしい、もう〜ワクワクする。旅行に行ってホテルで好きなロックを聴くための秘密兵器、B&OのBeoPlay A1。フカフカのベッドの上に置いて天井に向かって360°空間全体に響くビートがいいんだ。

DAVID BOWIE is http://davidbowieis.jp

東濃檜の厚板をのせたスチール階段 #2

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。鎌倉市今泉台の家の階段、東濃檜の厚板をのせたスチール階段。スチールで支えるデザインで軽やかさを出して岐阜県産東濃檜の厚板の美しさを引き立たせる。手摺りはスチールの丸鋼25φの1本だけにしてシンプルさを更に強調させる。「木の家」と「鉄」の対比、いいでしょ!

自立循環型住宅とZEH住宅を考える #4

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

つづき、今週も家づくりの会で自立循環型住宅の勉強をしました。やることはだいたい把握出来ました。建て主さんの暮らし方、ボクの設計方針というか家づくりの考え方を一緒に考えることが大事なんだなあと思いました。裏話、そもそも50%削減ってゴロなんですって。20%でも40%でもよかったんだけど切りよくエイヤって50%。まぁ目標として半減は言いやすいよね。それに乗るハウスメーカー、振りまわされる建築家。だから建て主さんの暮らし方に合わせた省エネ設計が求められるのです!

東濃檜の厚板をのせたスチール階段 #1

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

階段は木でつくるだけじゃつまらない、見た目も軽やかに上りたい。段を支えるササラ板を階段の両側に付けて見せるのも無粋。そこで、スチールの階段。段板は檜の厚板、東濃檜を2枚はぎ合わせた無垢板で奢る。手摺りは丸鋼25φ1本でスッキリ、一段目のスチールは誤って蹴飛ばしても痛くないように丸く納め浮かせたデザイン。一応ですね、使う人のことを考えています!

床の仕上、いろいろ。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。鎌倉市今泉台の家の床は潔く3種類。部屋の床は埼玉県飯能、西川材の檜。それに合わせて階段板の厚板も檜、岐阜の東濃檜を新潟の工場ではいでもらった。オール檜の床で品のある艶感がとっても贅沢に感じられる。お風呂の床は水に濡れると澄んだ緑色に変化する十和田石。玄関の三和土は細かな洗い出し仕上げ。シンプルにセレクトした国産材と職人さんの手づくりで素敵な家が出来ました。

西川材 http://www.zaimokuten.com

引き手が光る引き戸。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

鎌倉市今泉台の家が出来上がり完了検査を受けてきました、もちろん合格。建て主さんへのお引き渡しはもう少し先、職人さんが慌ただしく最後のお仕事中。引き手が光る引き戸が出来上がりました、ほら光っているでしょ。この引き手は寝室、子供室、洗面室、トイレの引き戸に仕込みました。ドアの上に明かり窓を付けるなって無粋、これならさり気なくデザインしましたじゃないのが気に入っています。

早起きして皆川明さんをみる。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。平日の朝、早起きすると決まって録画していた番組をみる。ブラタモリや探検バクモンだったり、今日はプロフェッショナル 仕事の流儀で皆川明さんの製作風景をみて感動する。朝からものづくりの深い話しをみて自分と重ね合わせる、以外に心地よく創作意欲がわいてくる。皆川さんが沖縄を訪れて大嶺實清さんと会う場面、筆で描いた作図が昨年買った實清さん作沖縄すばのドンブリの図案と同じでビックリ。皆川さんの愛車はBMWアルピナのツーリングだ、めざとく発見。皆川さんとナガオカケンメイさんが沖縄漆器をデザインしてD&Department沖縄で発売するらしい、来年2月に行ったら必ず買ってくるのだ。實清さんの器のように鮮やかなブルーのブローチはボクの、いいでしょう!ビデオをみたあとテレビをつけたらNHKあさイチにお隣に住む弁護士さんが出演していてビックリ、分かりやすくいい解説でしたよ。

minä perhonen http://www.mina-perhonen.jp/metsa/index.html

autobikeで駆け抜けたい!

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

H&Mの前を通ったらデヴィッド・ベッカムとケヴィン・ハートがニケツ、超イカしている。こんなかたちをしたバイクが欲しいんだ。来年だな、奥さんとニケツして伊勢神宮と熊野古道に行くんだ!

H&M https://www.youtube.com/watch?v=-6lQHRgPqOc

「町の中華」めぐり。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。BRUTUS 2016年 10/15 号は罪深い。サンドイッチ、おやつ、コーヒー、酒場、長澤まさみさんが表紙のラーメン、そば、うどんの特集が出る度にお江戸、京都、四国、沖縄巡り。今回の「町の中華」ではトップページがボクの一押しの中華、新橋のビーフン東が登場。ビーフンは焼きと汁があってボクは汁派、薄味のスープが絶品。五目もいいけど蟹玉ビーフンの汁はとろけるぐらいに旨い。東中野にある十番のジャージャー麺が載ってなかったのが残念。今週末、横浜山手の奇珍楼の竹の子ソバを食いに行く、来週は谷中の一寸亭でもやしそばを食う。やれやれ、BRUTUSは疲れるのだ。

ビーフン東 http://www.bi-fun.jp

自立循環型住宅とZEH住宅を考える #3

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

つづき、外壁の断熱性能(断熱外皮計画)を上げることは室内と外との熱の出入りを少なくすること。断熱性が上がると少ないランニングコストと省エネルギーで広い生活空間が温められる。例えば吹き抜けや階段を通して上下の空間が繋がっている、欄間を設けて部屋同士の空気が流れる間取りにすると理論上は小さなエネルギーで各部屋が暖まり、朝の最低温度を上げることが可能。間取りの工夫で快適な暮らしが出来るよう自立循環型住宅の指針を取り入れて設計したい。

自立循環型住宅とZEH住宅を考える #2

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

きのうの授業はテキストを順番に勉強するのではなく関連する項目にページを飛ばしながら効率よく一気に頭にたたき込む。そうすると暖冷房とお日さまを取り入れた昼光利用と言う具合に連携した工夫がすぐに理解できる。1点、ボクらでなくては設計できない文言がテキストにあり非常にやり甲斐を感じました。これ、「自立循環型住宅とは、気候や敷地特性などの住宅の立地条件および住まい方に応じて、」というくだり。講師の方が言われました、規格型のハウスメーカーには不可能な定義。窓を小さくして断熱性を上げることしかメーカーは出来ない、「住まい方に応じて」とはボクら建築家の仕事だ!

自立循環型住宅とZEH住宅を考える #1

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

低炭素社会に向かって住宅がかわろうとしている。今日と来週の2日間計8時間をかけて家づくりの会で自立循環型住宅の勉強をします。講習を受けないと買うことが出来ない467ページの分厚い「自立循環型住宅への設計ガイドライン」を読み解いていく苦行。2020年にはボクらが設計する家の半分を自立循環型にしなくてはなりません。これに太陽光発電を組み合わせてゼロエネルギーにすればZEH(ゼッチ)住宅になる。まずは自立循環型の考え方をもとに出来るところから省エネを目指す、その手法を書き出しておきます。全部ではなくこの中から建て主さんの暮らしに合わせて考えることが肝心なのである。

01.自然風の地用・制御
02.昼光利用
03.太陽光発電
04.日射熱の利用
05.屋根空気集熱式ソーラーシステム
06.太陽光給湯
07.断熱外皮計画
08.日射遮蔽手法
09.暖冷房設備計画
10.換気設備計画
11.給湯設備計画
12.照明設備計画
13.高効率家電機器の導入
14.コージェネレーションシステムの導入
15.水と生ゴミの処理と効率的利用

自立循環型住宅 http://www.jjj-design.org/index.html
 

地盤改良地業が必要な敷地。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

家の設計が進むと不安になるのが敷地の地耐力、地盤の固さです。間取りがまとまり建物の配置が決まると、さあ地盤調査。建て主さんはこれから出来る家に期待でいっぱいなとき。漆喰や無垢の木、造り付け家具に予算をかけて気持ちのいい家で暮らすことを夢見ている。こんな時に地盤の結果がよくなかったとはなかなか申し上げづらい。地盤の補強に50万円から100万円掛かるとなると家づくりで我慢しないといけないところが出てくる、これが設計者としても辛いところ。地盤調査しなければ土地の売買が出来ないようにならないのでしょうか、補強が必要かどうか買う前に判断できるじゃないですか。今日は快晴でポカポカ、藤沢の敷地に114.3φの小口径炭素鋼管35本をねじ込むように打ち込みました。

ボクはもと美術部なのだ。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。ボク、小学校では足が速くて運動神経バツグン、野球も結構うまかったと思う。中学校では木工部で鉋掛け、ジグソー、旋盤まで操るほど先生にも一目置かれたほど器用でありました。高校は美術部で二科展会員の先生のもとでシルクスクリーン使いで、県美術展に入選。ようは器用なので見よう見まねで大概のことはこなせる、勉強以外はね。べつに絵をはじめようと言うわけではなく、間取りを提案するスケッチをもう少しうまく描こうかなとSTAEDTLERのKARATの24色を買ってみた。色鉛筆で軽く塗ってから水を含ませた筆でなぞると水彩画になる鉛筆。乞うご期待!

KARAT http://www.staedtler.jp/products/03_graphic/01-karat/

お月さまがきれいな材木座の今日。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

ただ今、ライブで材木座から見える満月、大潮、月齢15.1。町内会長さんも撮影しにお出まし。ボクは空を見て源氏物語みたい〜、奧ちゃまは花札だって!オイオイ。

いろいろ届く日曜日は楽しい。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。Amazonさま、ヨドバシカメラさまからいろいろ届く日曜日。どちらも発売初日に到着。コーヒーのDVDには表参道にあった大坊珈琲店が画面によみがえる、それだけでワクワクする。CDは相変わらず騒々しいパンクロック。2010年3月にZepp Tokyoで聴いたBob Dylanがノーベル文学賞とはぶったまげましたですよ。

A Film About Coffee http://www.afilmaboutcoffee.jp

お月さまがきれいな材木座。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

鎌倉のお月さまはきれい、とくに海を明るく照らす満月は神秘的だ。今日は大潮、月齢は14.1、正確には明日が満月。拙宅の屋上から材木座の山、衣張山の上をゆっくり動くお月さまを見ていると癒やされます。下に見える屋根の上で金色に輝く宝珠は名越の長勝寺。

OPEN STUDIOでいただいた栗きんとん。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。OPEN STUDIOに長野から相談に来てくれました、もうビックリでした。建てるのは松本市、空が広そうな敷地で西にきれいな水路がある。玄関とリビングの配置、キッチンとダイニングのつながり、窓の位置、水路の水の音を楽しむ提案などしました。少しは役に立ったでしょうか。鎌倉でおいしものが食べられましたか。長野と言えば小布施の栗ですよね、お土産にパッケージのデザインが素敵なおいしい栗きんとんを頂きました。ごちそうさまです!いい家をつくってください。

フードを外壁の色に合わせて特注する。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。アルミはシルバー、ステンレスも当然シルバーがいい。何とか風に見せるために着色するなど嫌だ。だからうちはアルミサッシの色はシルバーである。でも樋、縦樋、庇などは外壁の色に合わせた方が目立たなくていいのでそろえるようにします。換気扇のフードは白系の外観ならシルバーのままですが、このようにいぶし瓦色のガルバリウム鋼板のときは悩みますね。ユニックス社のフードは意外と安価で色の指定が可能。ただ艶ありなので若干質感が異なりますが数が月で埃などで気にならなくなるでしょう。意外と気を遣うパーツです。

UNIX https://www.unix-coltd.co.jp

プロがつかう三脚のギア付き雲台。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

ボクの秘密兵器はManfrottoのギア付き雲台。家が完成して建て主さんの暮らしが落ち着いたころ伺ってパチリするときに便利な道具。ギア付きの3本のレバーを操作するとあっと言う間に三脚に載せたカメラが水平になる、兎に角素早いのが素晴らしい。プロの撮影を後ろから観察して機材や露出などチラ見して盗むのである。

めがねをかけたカメラ #3

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。めがねをかけたカメラというのはこれのこと。カメラとレンズの間に装着する中間リング、これが距離計と視差の補正をしてくれる。何が何でも接写してやろうというLeicaの意地の逸品。これにはレンズを上下逆さに取り付ける、すると下に隠れていた接写用の目盛りが表れる仕組み。レンズはご覧のように金属製のフードを逆さにしてコンパクトに収納、眼鏡ケースも形に合わせてゆがむデザインがイカしている。

恵比寿で肉をたべる。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

杉本博司さんの写真展をタップリ楽しんだあとはおいしい食事とコーヒー。一度行ってファンになったBurger Maniaで肉肉してガッツリした歯ごたえがあるローズマリーとモッツァレラソースのミートボール、目玉焼きが付いたハンバーグとご飯を食べる。挽肉ではなく肉を食べている感触がいいのです。猿田彦珈琲 恵比寿本店で超酸味のあるコーヒーで締める。

Burger Mania http://www.burger-mania.com/#home
猿田彦珈琲 http://sarutahiko.co

杉本博司さんの写真展で「生」を考えた。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。恵比寿の東京都写真美術館で「杉本博司 ロスト・ヒューマン」展を見た。初公開の劇場シリーズは廃墟になった劇場で実際に映画を映してシャッター開放で撮影したもの、人類が作り上げてきた繁栄の終わりを見た思いだ。すべての展示コーナーには杉本さんが指名した33人が「今日 世界は死んだ もしかすると昨日かもしれない」を前文にして手書きで文明の終わりの文章が書かれている。「建築家」というタイトルの肉筆は磯崎新さん。コンクリートの耐用年数から崩壊していく建築、そして「人類にも平屋が一番だということを忘れていたのだ」で締めくくられる。ほら、だからデッカい家なんていらないって言ってるじゃない。すばらしいコンセプチュアルアートを見て「生」の終わり方を考えた。杉本流に「五輪糖」と名付けられた香川県名産の讃岐和三盆でできた五輪塔は2012年に丸亀美術館で購入して未開封だったもの。開けてみたら何ともなく大丈夫、組み立てるとこんな感じ!

ロスト・ヒューマン https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-2565.html

めがねをかけたカメラ #2

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

Macro-Elmar 90mmはピント合わせがホント難しい。三脚を立てれば完璧に写せるけどプロじゃないんだからそんなのめんどくさい。めがねを付けると90mmの望遠レンズでこんな感じに寄って撮影できる、ぜんぜん接写じゃないよね。ピンぼけだけど味があるんだな、もっと使い慣れないと宝の持ち腐れだね。

めがねをかけたカメラ #1

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。ボクのカメラは設計した家を撮影したりブログの写真の仕込みのために必要な仕事道具。でもプロでもないんだからそんなにいいものが必要な訳ではないのだが、欲しいものは欲しいので必要経費なのだ。葉山の友だちがカメラに付けるめがねをご所望のようす。このカメラに眼鏡を付けると接写が出来る、と言っても最短撮影距離が50cmまで寄れるってだけ。こんなに大げさな図体をしていながらスマホにも及ばない。バカげていると思ってはいるが、この手間の掛かるところがいいんだな。

ヒバと石でつくるお風呂

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

もうすぐ完成する鎌倉市今泉台の家。お風呂の仕様は壁と天井がヒバ板張り、床と腰壁は水に濡れるとエメラルドグリーンに変化する十和田石。浴槽はお手入れのことを考えて檜や石張りにはしないでセラトレーディングの既製品。ただ今、石屋さんがきれいに割り付けして施工中、腕の見せ所!

樋のない住宅の秘密 @紀州

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。新建築住宅特集 第73号 1992年5月号に掲載されていた渡辺明さん設計の「藪椿の家」を紀州の修学旅行で見学することができました。旧街道沿いに建つ茶室がある和モダンな美しい住宅。この家の屋根には樋が付いていない。雨が落ちる部分の地面は真ん中の写真のように砂利敷きされている。その隅っこに砂利の下の秘密が隠されているのを発見、砂利の下にステンレスのメッシュは敷き込まれていてその下が排水溝になっているようだ。樋を付けない冒険にはこんな工夫が隠されているのでした。

引き手が光る引き戸をつくる。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

だれの真似をしていないボクが考えたアイデア、引き戸の引き手が光る工夫なのだ。33mm厚ある引き戸の引き手を貫通するようにトリマーで12mm巾に彫り込む。この中にスリ柄のポリカーボネート5mmを落とし込みで差し入れる。これで部屋の電気をつけると廊下側の引き戸の引き手がすう〜っと縦に12mm×1000mmのスリット状に光るのです。さり気なくシンプルですごく格好いいのですよ。

なめらかな手摺りをつくるのが肝心。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。手摺りは上から下までなめらかなデザインじゃないと駄目。鎌倉市今泉台の家が間もなく完成。スチールの丸鋼25φで製作した手摺りが付きました。毎度、茅ヶ崎の頑固な鍛冶屋さん、山田製作所の手作り。エンド部分をクイッと曲げるのが力業、溶接しては得られないなめらかさがいいのです。

HAPPY FLIGHT @宮崎

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。お仕事 @宮崎から帰宅しました。ANAに乗るときの楽しみは機長のアナウンス、最近のマニアックな解説がいいんだな。今回はこんなイカしたアナウンス。機体+人+荷物+燃料はドラム缶22本の総重量が58tで飛行中、小さなBOEING737-800だから素人は驚くよねぇ。さらにスピードは音速の77%ほどで対地上速度に直すと720Km/h、毎秒30mの西風の向かい風で飛行、台風だよ!。高度はまずフィートでアナウンスのあと分かりやすく11.600m。羽田空港から宮崎空港までの距離は920Km。いいでしょ!台風18号が近づいている帰りの空は青空と雲が神秘的でこのままZeppelinと天国への階段行きでもいいやって思うほどきれいでした。

天国への階段 https://www.youtube.com/watch?v=t2qqFCNuys0

お仕事 @宮崎 #2

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。職人さんが働いている金曜日、土曜日に帰郷して打合せ、現場チェック、指示を済ませて宮崎のお仕事は終了。さて、宮崎と言えばお鮨、ベッケンバウアーも通った福鮨が数年ぶりにお店を再開、久しぶりに威勢のいい大将のにぎりをいただく。福鮨は小さな刷毛で軽くお醤油を塗って出してくれる、もちろんこれを手で掴んで口に運ぶ。フカフカに炊きあげた穴子はタレではなく塩がふられる。焼酎で口を濡らしてから食べる塩の穴子は絶品。そろえるお酒も蔵本でしか手に入らないシリアル入りの限定品を惜しげもなく開封して振る舞ってくれる太っ腹。宮崎に行ったときは福鮨をどうぞ。お昼は大正2年創業の老舗大盛りうどん、京都や伊勢のうどんのように全く腰のないうどんで歯がなくても食える。汁は甘くて濃い醤油味で、例えればスキヤキのタレ。ボクは肉うどん+生卵で注文、卵をくずせばスキヤキうどん也。B級風ではあるが103年の歴史だ、これが宮崎うどんなのだ。

福鮨 https://tabelog.com/miyazaki/A4501/A450101/45007961/
大盛りうどん http://www.oomoriudon.com

お仕事 @宮崎 #1

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

週に2回羽田空港から飛行機に乗るのははじめてかなぁ、お仕事で宮崎。BOEING737-800の右窓側席、この席に座ると相模湾の上空から鎌倉、江ノ島、小田原城、箱根芦ノ湖、富士山がクッキリ見えるのがいいんです。お仕事して実家によってちょこっと親孝行しておいしいお鮨を食べてきます。では、HAPPY FLIGHT!

ZEHビルダー登録ができました。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

紀州、和歌山は勉強になって楽しかったぁ。最新の製材技術、強度の測定方法などハイテクが進んで木材の信頼感がいいですね。若者が働いているのみて応援しないわけにはいきません。紀州産の杉、檜をご指名下さい。で、ZEHビルダー登録できました。読み取れませんでしょうがこれが登録証です。とってもボク的には矛盾を感じていますがZEHを理解している設計事務所と考えて下さい。来月は自立循環型住宅の勉強会を2週連続で受けてきます。葉山の友だちに電気自動車のリーフが納車されました。彼からリポートを家づくりにいかせればいいなと期待しています。Kunoさん、よろしくです!

未来の車 http://slowkuno.blogspot.jp/2016/09/blog-post_28.html

ZEH https://sii.or.jp/zeh28/

神秘を感じた紀州の修学旅行。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

紀州から帰ってきました、超疲れた。これまで宮崎、高知などの山々を見てきましたが紀州は高野山、熊野古道、すぐお隣はお伊勢さん、深い山々にすごい神秘性を感じた修学旅行になりました。ツヤがあり強度のある杉と檜をしっかりと勉強して紀州のファンになりました。いいですよ、和歌山県!ブラジル製Embraer170の羽の右は黒富士さん、ボケボケの明かりは帰りの羽田空港。つづく。

修学旅行の装いが大切。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。仕事の修学旅行は職人さんや経営者、行政の担当者ともお会いするので装いには気を配る。その上で加工場や伐採現場を回るので軽装の方がありがたい。ボクは清楚に白いボタンダウンのオックスフォードのシャツとチノパンツ。靴はBIRKENSTOCKのLONDON、スニーカーはそぐわないので歩きやすさを重視する。シャツの上にジャケットは邪魔になるのでモリカゲシャツの麻の軽い羽織り物。チノパンはgroovisionsの本でも紹介されていた細身でシルエットがきれいなEDWINとMARGARET HOWELLがコラボしたチノ。カメラやメモ、メジャーはHOWELLの小ぶりのバックにカメラ用の仕切りを入れて小分けして収納。招いてくれた方に失礼のないようお気に入りのものを着て軽快に山の中を歩いて、気合いを入れて真剣に勉強する修学旅行なのである。

モリカゲシャツ http://mrkgs.com

いざ、紀州へ!

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

JAL215便、ただ今羽田の滑走路を移動中。間もなく10:25発南紀白浜空港行き、ブラジル製のEmbraer170が離陸、大丈夫かなぁ。

紀州材を勉強する修学旅行。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。あしたから2日間紀州材を勉強しに和歌山県に行って来ます。そのためボクは今日もお仕事。和歌山県の補助も少しいただくのでしっかり勉強して、紀州材を設計で使えるように地元の人とのネットワークを繋いできます。あしたは11時に南紀白浜空港に集合、2日間かけて木材販売所、原木市場、伐採現場、木材加工工場、紀州材でつくった住宅見学と盛りだくさん。和歌山といえば和歌山ラーメン、太地町といえば鯨。ちょっと食事も期待しちゃいますね。昭和の学生カバンのリモデル、STAR WARS+COMME des GARÇONSのマジソンバッグ持って気合いを入れて行って来ます。報告を乞うご期待!

龍神温泉 http://kirari-ryujin.com

建て主さんのご所望。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

建て主さんからあそこの素材がいい、雰囲気が好きだなんてご所望されると見に行ってきます。ここは鎌倉駅のホームから見えているカフェ。入り口の鉄と木で出来たドアと窓がいいらしい。行ってみるとなるほど、鉄は溶接したままで無塗装。鉄に木の押し縁でガラスを固定していて中々イカしている。少し錆びているところが鉄、鉄してすごくいい。さて、このまま真似るわけにもいかずどうしましょうね。

sahan http://sahan-etc.jp/pineapple1/

祝日の過ごし方 #2

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。きょうは金曜日だと思うと気が滅入る。土曜日はダブルヘッダーの打合せ、日曜日は和歌山への準備といない間の仕事をスケッチしないといけない。きのうはおいしいお昼の後、鎌倉駅のまわりをお散歩。久しぶりにchahatカマクラに入ってみると、あるんだな。奧ちゃんが前からTurquoiseが欲しいなと言っていたら自然な色合いの石が組み合わさったネックレスがあって素敵。アフガニスタンで採れたトルコ石。そろった色のターコイズブルーよりこれの方が天然ぽくてすごくいい。小さな袋はいろんな色の生地から選べるのもうれしいチャハットカマクラ。

chahatカマクラ http://chahat27.com/info/2011/10/07/鎌倉店/

祝日の過ごし方 #1

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。祝日が多すぎて困っています。大工さんは平日と重なった祝日はお仕事、だからボクにも電話は掛かってくる。祝日明けの打合せなんかあったものなら準備はその前に、他の設計を押しのけてでもしなくてはならないのがとっても辛い。ボク的にはお正月休みと夏休みで十分、祝日は全部なくしておくれ!17日からの三連休もお仕事、やっと春分の日は何も予定がなくと言っても木曜日だからね。スタッフはあしたの金曜日でまたお休み。いやぁ、困ったものですよ。日本の祝日、嫌い!で、小雨になったので駅まで出てコマチーナでお昼。前菜盛り合わせは豚のリエット、鯖のポテトサラダ、鯵のカルパッチョ、生ハム。パスタはレモンクリームスパゲッティ、トマトとペコリーノチーズのリングイネ。食後はディモンシュの豆をドリップした酸味のあるのコーヒー。ささやかな幸せ。

コロンビア中煎り http://dimanche.shop-pro.jp/?pid=98819424

眼光鋭い職人さん

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

この鋭い真剣な目つき、THE職人さん。大学で測量の実習はしたけどとっくに忘れました。トランシットは座標を入力するだけで正確に測量が可能、1mmの狂いもないのが怖いくらい。設計の図面もミリ単位だけどね。昭和の測量は尺単位ですからね、ものすごくいい加減で何十センチも寸法が狂っているのは当たり前。だって長いテープで測るんだから植木があったりして真っ直ぐ測れない、THE昭和。
 

NPOのお当番でお江戸。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

もうすぐ関東に台風が上陸か、なんとこれからNPOのお当番でお江戸市ヶ谷三番町であります。でも今日初めて履くHUNTERの長靴、サイドゴアブーツで気を取り直して行って来ます。吉田カバン80周年記念で川久保さんがデザインしたPORTER x GARCONSのバッグはしっかり防水スプレーしてと。ちょっと悲しい。

大人のカフェでコーヒーとプリン

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

敬老の日。1967年創業の老舗、カフェ ロンディーノでプリンを食す。お店に入るなり「プリンはまだある?」って聞くのが鎌倉の通。窓からのぞいてプリンの入ったアルミの容器があるのを確認するのも通。今日はサイフォンで入れたちょっと酸味のあるソフトブレンド、紀ノ国屋では紀ノ国屋ブレンドと言われているお豆。まあ、そんな細かいことはどうでもよろしい。大人のカフェでコーヒーとプリンをいただく。粋だね、じゃなくて通だねぇ!

CAFE RONDINO http://kuchikomi.kamakura-2.com/cafe_rondino.html

ピロティーのある家を妄想する。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。吉村順三さんが軽井沢で設計した脇田和邸のピロティーであります。若いときに見学させてもらって隅々まで測量しまくったお陰で今があると言ってもいいほど素敵な家です。拙宅の出窓の高さ、窓のサイズはピッタリ同じ!新に設計の依頼を受けると、まずは今の仕事のスケッチを優先してゆきますが頭の中は全開で新しい家のアイデアも同時に考えている。だから移動中の車の中でもずっと考え事してボ〜っと、打合せ中も瞬間的に上の空で妄想。そうするとあるときパッと閃くんですよ!今回は地下の車庫から螺旋階段を上がると網戸に囲まれたピロティー、つまり部屋的な外部空間。ここに面して土間のある和室、土間には清家清さんが発明したキャスターの付いた畳を置いてピロティーに引っ張り出す。玄関は格好いい階段をデザインして2階。これ、上の空の妄想から生まれたアイデアだけど吉村さんが設計したピロティーに通じている。偶然だけどボクの原点なので必然でもある、という気がしました。もっともっと妄想しろ!

着物を着たチャッピー

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

京都で見かけた着物を着たチャッピー、超かわいい。何だか体調すぐれず今日はそれだけ、和んで下さい。ではまた明日。

groovisions http://groovisions.com/news/

風が抜けてリズムのある手すり。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。リビングルームの吹き抜けに接してつくったロフトの手すり。杉の縦の格子と横桟の組み合わせ、横漆の青く見えるのは白い漆喰の腰壁。風が通り抜けてリズムのある手すり、リビングの気配が感じられるのもいい。杉の柔らかい表情と漆喰の組み合わせがボクは一番好き。ときどき外材や集成材を無造作につかっている事例を見ますが安っぽく感じます。床につかう檜はいいですが、枠や見切りにつかうと表情が硬く感じられるので使うことはないです。こればっかりは建築家の好み、経験則としか言いようがないのかな。ちなみにパイン材は絶対につかいません、安っぽい。

お日さまとお月さまと暮らす家。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。土地はそんなに広くなくても快適な家は設計できる。まわりの風景を取り入れる窓の位置が大切。でも隣家が建て替えられて目の前に3階建てが出来たらどうしますか。建坪率や用途地域を知ることである程度の予測は出来るもの。そんなときに設計する方法が高い位置に付ける窓、例えば2階を吹き抜けのあるリビングルームにして高窓(ハイサイドウィンドウ)にする。または大工さんと板金屋さんがつくる大きなトップライト、このように杉のルーバーをつけると洒落ているしブラインドの役目もしてくれる。そんな工夫で「お日さまとお月さまと暮らす」、四季を感じる家が出来るのである。

電球だけでデザインする照明器具。

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。LED化がドンドン進んで60Wの明るさが8wで得られ省エネになったはいいのですが電気料金が下がった気がしないのが不思議。LEDになって廃盤になってしまった白熱電球が懐かしい。うちのアトリエ兼自宅には写真のように電球だけでデザインした照明が3箇所ある。扁平の電球と陶器製の白いソケットだけでこんなきれいな照明器具をつくれる。この電球はTOKIという会社がつくっていたフラットボールランプ、とっくに廃盤になって代替品もなし。こうなるだろうと予想してうちに10個以上をストック、ちょっと買い過ぎたかなぁ。

↑PAGE TOP