森ヒロシ建築設計所

close

ブログblog

余計なお世話にならないように!

設計した家ができて、暮らしに慣れて落ち着いた頃に伺う時のドキドキ感。打ち合わせしたような暮らし方が出来ているか、コッソリ仕込んだささやかな工夫をどう使って下さっているのか、楽しみでもあり不安でもあり。造りつけの洗面化粧台にティッシュケースを入れる工夫、家具はボリューム、素材、金物で金額が決まるためこの程度の工夫で金額が上がる訳ではない。余計なお世話にならないように一寸だけ仕込む、ちゃんと使ってくれていてホッとするのでした!

Mac OS Catalinaで不具合多発!

まいった、油断したのがいけなかった。うっかり画面に出たソフトウェアアップデートをクリックしてしまった。セキュリティーのバージョンアップではなくシステムのメジャーアップデートだったのですよ。おかげで不具合が多発、メールアドレスが入力不能、ソフトではワード、エクセル、フォトショップ、イラストレーターが使用不可になってトホホです。バックアップしてから一つ前にダウングレードするしかない、まいった!

世界の村と街 @イベリア半島

少しずつ集めて楽しんでいる本がこれ、学生の頃に発売になったものでしたが高価で買えなかった。その中でもイベリア半島は特別、マドリードでお世話になったフェルナンド先生が解説した号なので復刻されるのをずっと待っていました。四十六年前の記録写真から、無名の建築、暮らしの原点を見ながら、今どきの家づくりに息苦しさを感じてしまう。けれど省エネ、防災の流れはとめられない!

世界の村と街 https://www.ga-ada.co.jp/japanese/ga_vt/index.html

茅ヶ崎のcafe ODARA @鉄砲通り

快晴の鎌倉、風もなくバイク日和。今年は随分と久しぶりに奥さんとニケツして、お昼をしに茅ヶ崎のカフェオダラに行ってきました。軽食を食べるのは今日が初めて、ゴボウの香りがするキッシュのようなケークサレ。ずっしりと詰まった感のある食感がいいですねぇ。そして必ず注文する紅玉をつかった熱々の焼きリンゴ。ところで、いつも思うのだけどカフェを通って二階のご自宅に上る階段がある、お店と住居を分けることという保健所から注文がくる間取りだろうに、余計なお世話ですがどうやって申請したのか気になる職業病、やだやだ!

cafe ODARA https://allabout.co.jp/gm/gc/219235/

チタン、でCup Noodle。

山のテッペンで、カップヌードルをつくるチタン製の道具、がアメリカ合州国市民から届いた。超ウルトラライト、冗談のような手づくりの蓋、まぁこんなもんでしょ❗️

Trail Designs https://www.traildesigns.com

 

立冬、なのだな!

伊丹十三さんの決まり文句「なのだな!」。やっと秋が来たと思ったら朝夕は冬のような寒さ、「なのだな!」とはあと少しで師走なんだなと、「な」があるだけで断定の言葉がずっと柔らかくなるのが伊丹流。これは七日夕方の材木座海岸を屋上から撮ったもの。気がついて十分ほどで日が落ちるまでのわずかな時間のピンク、色の加工はしていません!

iPhone 7 back camera 3.99mm f/1.8

 

秋と冬の、お花。

花が終わって寂しくなったアトリエ前の小庭に、パンジーを植えた。秋から春先まで咲いてくれる貴重なお花、なのだな!ブロッジ(目)のない小輪の白と「ももこ」という薄いピンクがコダワリ。十一月の主役は那賀川菊と白い水仙のタリア、クリスマスローズの花も冬の楽しみ。白系で統一して清楚に設えるのだな!

 

秋の、読書。

秋らしくなりましたね、読書の季節。伊丹十三選集「一」と伊丹十三記念館を設計した中村好文さんの本で紅葉を楽しみたい。ボクには映画監督の伊丹さんと言うより「ヨーロッパ退屈日記」などの一流エッセイシスト、なのだな!この「なのだな!」は伊丹さんの決まり文句。そして中村さんの本で、住宅設計の楽しさを再確認する、なのだな!

伊丹十三選集 https://www.iwanami.co.jp/search/s12569.html

伊丹十三記念館 https://www.1101.com/itami/nakamura/index.html

秋の、KONA COFFEE。

ハワイのお土産にいただいたコナコーヒーのお豆。一度は行ってみたいハワイ、なんだけど実は何にも知らない。ミディアムなローストで甘みを感じる深いコク、酸味は少なく朝一番のコーヒーでトーストとピッタリ。アイランド・ヴィンテージ・コーヒーというと有名らしい、やっぱり一度は行きたいハワイ、だね!

Island Vintage Coffee https://www.islandvintagecoffee.com

小道の落書き @鎌倉

こんないたずら書き、いやいやご自分の専用通路なので問題なし。「仲間を助ける力をもて。仲間に助けてもらう勇気をもて。カヤック印のイラスト」、ってすごくいいよね!

書院・鎖之間 @首里城

三度行った首里城の鎖之間、ここから見る那覇の町、真っ青な海が絶景でした。

首里城 http://oki-park.jp/shurijo/

ことばが、でない。

なぜか、夜中に目覚めて首里城がもえているのをみてしまった。チャーミングな具志堅さんがさんぴん茶を入れてくれた南殿、鎖之間も焼けてしまった。もう会えないだろう、ことばがでない。

鎖之間 http://oki-park.jp/shurijo/guide/161

 

雨漏りの犯人は、コイツ!

朝から小雨の鎌倉、先週の豪雨で雨漏り、と言うより部屋に雨が降るような漏水状態。ボクが見に行ったところで雨の中屋根に上るのは危険。まずできることは職人さんの手配、建主さんが手配したら何ヶ月も待たされるところ、通りがかりでいいから状況を見て欲しいと三段スライド梯子を運んで来てもらう。小雨の中、梯子で樋をのぞくとこれが、野球ボールが排水口にパコっとはまってあふれ出したのだった。日ごろからの地元つながり、カッパを着た職人さんに感謝です❗️

洪水の偵察 @茂原

土曜日の夕方、二十年前に茂原で設計した建て主さんから悲痛なお電話。どうも川が氾濫して浸水したので相談したいとのこと、今日は朝早くに車で湾岸線、アクアライン、圏央道を通って茂原市内に入るとすごいことに、道路脇は浸水した家財、道路は砂埃。さいわいに床下浸水でベタ基礎の床下に三センチほど浸みただけでした。浸水は三十センチほど、基礎の高さは三十五センチで超ギリギリ。この家はOMソーラーを採用していたため基礎と土台が気密パッキンで密着していたため換気口がなかったのが幸いでした。通常の基礎だったら床下が満水になっていたはずです。ともだちの電気屋さんからアドバイスをもらいながら漏電のチェック、床下の排水と乾燥、消毒のアドバイスをして、安心していただきました。こんな時は焦りますよね、大丈夫です❗️

Jean-Michel Basquiat Made in Japan

脳味噌が飛び散るジャン=ミシェル・バスキアの作品を見に行ってきました。ちょうど高校の時から、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、ルー・リード、アンディ・ウォーホル、ジュリアン・シュナーベル、キース・ヘリング、大竹伸朗、そしてバスキアとギャラリーワタリ。元木工部、美術部で建築学科の学生、悩んでかぶれて夢中でした。同年代のバスキアを今見て、あの頃を思いだしながら行ってよかった。前澤友作くん、ARIGATOUですね。来年はバンクシー、が楽しみ!

Julian Schnabel  http://www.julianschnabel.com

バンクシー https://ilovebanksy.com

光明寺 十夜法要 @材木座

山門特別公開は今日まで、午前10時から午後4時です。山門楼上の釈迦三尊、四天王、十六羅漢にお会いして相模湾の絶景を一望です!

十夜法要 http://komyoji-kamakura.or.jp/光明寺十夜法要/

颱風一過の朝 @鎌倉

東の空から朝日がギラギラの朝七時、材木座、二階堂、佐助、長谷を偵察、崖や川に面した建主さんの家は無事でひと安心。うちのすぐ近所はカーブミラーが根元からポッキリ、屋上の物置が吹き飛び、あちこちで塀が損傷、九品寺の裏門が半壊。材木座の中華屋さん、薊のオヤジさんは元お店の前に座って日向ぼっこ、お元気でしたよ❗️昨夜の鎌倉は二十一時頃から颱風のピーク、今回はすごかった、うちの大きな硝子窓が吹っ飛びそうでヒヤヒヤ。設計者の自宅が壊れたらシャレになりません。朝起きて知った災害を見て、気持ちのいい家を設計するための冒険心が萎縮した、と言う訳にはいかない。暴風雨の中、窓、雨戸、屋根、そしてコストのことを考えていました、とてもまじめに。

颱風で、カップヌードル。

差し入れを頂きました。食べたい訳ではないのですが、何故かカップヌードルにワクワクするのは、怪しからん❗️

颱風、大潮、高波 @R134号線

南東からの風が強くなってきました。R134号線(飯島トンネル~小動交差点)が通行止めです❗️

颱風、大潮、高波 @材木座海岸

R134号線まで波がキテイマス。

颱風、そなえる防災。

颱風、ただ事ではないさまを表している漢字だ。いま土曜日の十時、鎌倉は無風で小雨、材木座に高潮警報がでました。大潮と台風が近づく十六時頃がヤバそうです。海岸と河川に接する地域のみなさん、ご用心下さい。避難のときのためにベスパ用のカッパ、フェス用のポンチョを出してきました。あってよかった、とならないことを願う。

そなえる防災 https://www.nhk.or.jp/sonae/qa/typhoon_suigai.html

Xiang Xiang @2019.10.04

くもり、無風、嵐の前の不気味な鎌倉。充電していますか、お風呂にお水を貯めましたか、外のものを片づけましたか。ひどいことにならないことを祈って、Xiang Xiangでなごむ!

パンダ https://www.ueno-panda.jp

ミニマムな厨房を考えながら。

ボクならこうする、こう使う、こうデザインすると言うのは見てきたもの、経験してきたこと、嗜好から考えることは比較的容易である。ところがクライアントの希望を今時の言葉で忖度すると迷いが出ちゃう。これはどんな設計でも同じで、ボクの考えを押しつけたくない気持ちがあるから毎度のことではあるのだ。お任せっていう仕事は好きではないですね。設計する過程を共有するすることで、クライアントは出来たものに満足感が得られると信じているから。ミニマルな、必要最小限なカフェの厨房で迷いながらもこんな事例に出会うとイメージがどんどん膨らんでくる。「書を捨てよ、町へ出よう」、ちょっと違うけどそんな気持ちの秋。外に出て考えよう、まじめ!

evam Eva http://evameva-yamanashi.com

STING、My Songs Tour @幕張メッセ

01. Message in a Bottle
02. If I Ever Lose My Faith in You
03. Englishman in New York
04. If You Love Somebody Set Them Free
05. Every Little Thing She Does Is Magic
06. Brand New Day
07. Seven Days
08. Whenever I Say Your Name
09. Fields of Gold
10. If You Can’t Find Love
11. Shape of My Heart
12. Wrapped Around Your Finger
13. Walking on the Moon
14. So Lonely
15. Desert Rose
16. Every Breath You Take

encore
17. King of Pain
18. Roxanne
19. Driven to Tears
20. Fragile

https://www.youtube.com/watch?v=s2o4zxtqNZ4

秋の宮崎に帰郷 #6

タビの余韻 @Tokyo International Airport

BB-8™ ANA JET B777-300
R2-D2™ ANA JET B787-9
C-3PO™ ANA JET B777-200。

Tokyo International Airport https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp

ANA STAR WARS™ PROJECT https://www.ana-sw.com/jets

秋の宮崎に帰郷 #5

親子でチョコッと贅沢、たまにはね、いいでしょ!

一心鮨 光洋 http://www.isshinzushi.com

 

秋の宮崎に帰郷 #4

波乗りで知られるお倉ヶ浜と金が浜がある日向市。宮崎から車で一時間、人口六万人の小さな街に内藤廣さんが設計した市役所が出来ました。十年前には同じく内藤さんが設計し、鉄道デザインの国際デザインコンペティション「ブルネル賞」で、建築部門の最優秀賞を受賞した日向駅が出来ている。どちらも地元の杉材をタップリ使った建築で地産地消。なぜか設計した建築家の内藤さんは鎌倉のひと。杉の香りがする市庁舎を見学して羨むばかり、鎌倉市役所の移転計画はだれが設計するのだろうか。鎌倉市民を説得するマスタープランのプレゼンばかり、それはいいから設計者はゼネコンなのか建築家なのかそこが肝心なのですよ。ショボい鎌倉駅舎と比べたら、日向駅舎が勝っているのは間違えないのがさびしい。ボクに設計させてくれ、出来るよ!

日向市役所 http://www.hyugacity.jp/tempimg/20190523163246.pdf

日向駅 http://design-prize.sakura.ne.jp/archives/result/51

秋の宮崎に帰郷 #3

宮崎に帰郷して恋しく、絶対に外せないのが庶民のささやかなご馳走。グリル爛漫のチキン南蛮、ラーメンきむらの卵ラーメン、大盛りうどんのいりこ出汁卵入り肉うどんの三皿、実に安上がりな男なのである。爛漫のオーナーシェフが健在、行く度にヒヤヒヤします。地方で、洋食屋さんに出かけて食べるご飯のご馳走感、東京者には分からんでしょ。

グリル爛漫 http://www.grill-ranman.net/aboutus.htm

きむら http://kimura-r.co.jp

大盛りうどん https://oomoriudon.stores.jp

秋の宮崎に帰郷 #2

エアバス機の座席についているモニターから流れる機内安全ビデオが歌舞伎、これは傑作必見です。何事も工夫次第で啓蒙できるのですよ、普段チラリとも見ないのにガン見してしまいましたよ。取りあえずは、youtubeでご覧あれ!

機内安全ビデオ https://www.youtube.com/watch?time_continue=30&v=T0Zkey8LMHU

秋の宮崎に帰郷 #1

秋の宮崎、定例の親孝行で帰郷でした。順調に、元気よく歳をとる親子なのです。毎回役所関係の手続き、電池の交換、電球の交換、買い物を手伝って、ちょっとドライブに連れ出して気分転換。今回のお出かけは内藤廣さんの設計で完成した日向市役所の見学をしに、宮崎から一時間のドライブ。行きの飛行機はいつも通り右側の窓側、三保の松原上空から見た富士山が見事、機内食は虎屋の新栗と日本茶。着陸は西風向かい風で海からアプローチ。見慣れた宮崎のシンボル、四十三階建てのフェニックス・シーガイア・リゾートを見ながら帰郷!

フェニックス・シーガイア・リゾート https://seagaia.co.jp

↑PAGE TOP