森ヒロシ建築設計所

close

ブログblog

artekと二葉工業 @京都

アルテックの家具を日本に初めて紹介した京都の二葉工業からもらった三十年前のカタログ、ボクのお宝。それ以来ずっとお付き合いしている、信頼する家具屋さん。オリジナルの家具もなかなかいいんだな、京都に行ったらよってごらん!

二葉工業 https://www.futabakagu.com

横向きのトグルスイッチを付けた。

トグルスイッチを玄関に付けてみた。説明書では取り付け時間八分、もり君は二十分掛かってしまった、悔し。パチンパチンといい感触ではある、けど格好いいかは微妙。ボクは電気屋さんではないので、たぶん電気工事士法違反、自己責任なり!

トグルスイッチ https://www.r-toolbox.jp/service/トグルスイッチ/

柳宗理さんがデザインした棚。

金沢の柳宗理記念デザイン研究所で見たときから一度はやってみたかったんですよ、柳宗理さんがデザインした木目、白、黒の収納棚。日本の市松模様、コルビジェ、リートフェルト、モンドリアンの思い起こすデザイン。またジャン・プルーベの本棚やシャルロット・ペリアンによる丹下健三さん設計旧東京都庁舎知事室の飾り棚もよく似たモジュールで柳さんの原型だろうと思う。と言うことで、間のなく完成する二階堂の家のCDが2990枚入る棚の面材はこれに決定!

柳宗理記念デザイン研究所 https://www.kanazawa-bidai.ac.jp/yanagi/

春の闇にうかぶエントランス。

鎌倉と藤沢の境に建つ、プランテック総合計画事務所が設計した巨大な武田薬品の旧湘南研究所。二週間ほど前に偶然通りかかったら「武田」の看板を取り外して「湘南アイパーク」に取り替えている最中でした。春の闇にうかんだ日本離れした平屋のエントランスが美しいこと。あらためてエントランス、玄関は夜の明かり、演出が大事だなと思いました。人が暮らす家だって、帰宅して外灯や家の明かりを見れば安心できるはずです、かならず!

湘南アイパーク https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/mag/btomail/18/04/24/00377/

スタンドの電球を小型化する。

アルネ・ヤコブセンのフロアースタンドにつけていた発光ダイオードの電球がデカすぎてフードの下から光源が見えるのが気になって気になって。そこで陶器のアダプターを取りつけて小さな発光ダイオードを入れるや、アズス〜ンアズ、光源が見えずいい案配。ホンの少しのことなのですが気になることはお直しする!

3Gから4Gのガラフォンに!

あと、三年弱で使っているガラフォンの電波が停止されて使えなくなってしまう。そろそろ、生産中止になる前にフォージー用のインフォバーをキープしておかないと、と思ったのでショップに行ってカタログをもらってくる。三年はスリージーを使い続け、インフォバーを先に買って仕舞っておく意味が微妙に訳が分からない気もする今日なのでした。

INFOBAR xv https://www.au.com/mobile/product/featurephone/infobarxv/

日本茶でコーヒーブレイク。

南部鉄器でお湯を沸かす、沸いたらお湯をポットに移す、六十度になるまで冷ます、葉は大さじ二杯、お湯は大さじ五杯半、九十秒蒸らして茶碗に注ぐ、ぬるいから二口で飲み干す、手間の割に五秒で終了、これではブレイクにならず。

おひるの家庭料理 @塩らーめん

午後から杉並で打合せ、塩らーめんで早弁する。早めに家を出てビーフン東でかに玉ビーフンを食べるか、食べてから出かけて帰りに夜限定のあんかけビーフン紹興酒をいただくか、ホントに迷って後者にする。どうでもいいとお思いでしょうが、ボクには肝心要、仕事をキッチリするためのモチベーションっていうやつなんですね。

ビーフン東 http://www.bi-fun.jp

日永かな @鎌倉

日が長くなり得した気分になります。夕方五時半にセットした外灯は一時間点くのを遅らせましょう。ご近所から晩ごはんのニオイが漂ってきました。早めに晩ごはんを食べて、海岸をお散歩するのもいい、かな、かも。

Amy Winehouseを聴きながら。

快晴の鎌倉、でもちょっと足下が寒い気もします。ここのところ半袖で仕事をしていたら冷えちゃって風邪気味、気をつけないといけませんね。ボクはエイミー・ワインハウスを聴きながら、奥さんとアニーは二階でエドを聴きながら、それぞれの音がある暮らしは落ち着きます。二人掛けソファーの袖机にあるのは四十年前に代官山で買ったパピエ・プリュスのペン立て、そしてアレッシの置き時計とiPod touch 4th。

雨樋の組み合わせを考える。

大きな屋根なので雨樋は120mm巾で縦樋は75φで決まり。ゴテゴテした飾り升はあり得ないとして、外壁がグレーなのでパナソニックの塩ビ樋とタニタハウジングウェア謹製ガルガリウムの集水升の組み合わせで決まり。若干色の違いが微妙ですけどこれで決まり。野球少年三人の家なので、ボールでボコボコになるかもで、ガルバの縦樋を使わない、忖度なのです。

タニタハウジングウェア https://www.tanita-hw.co.jp/product/md2-sid37.html

近くにある和菓子屋さん。

小雨の鎌倉でさびしい一日のおやつ。大町四つ角の御菓子司大くにの「あんだんごもち」で、コーヒーブレイクは大切ですね。適度なサイズのお団子、甘さ控えめのサッパリした餡が最強。どんな街に旅してもあるのが和菓子屋さん、うちの近くにもあってよかったぁ!

BRAUNのコーヒーメーカー。

家電はブラウンって時がいっときあって、時計、調理器具、シェーバーと売っていた製品を随分と集めたものでした。二十年以上使ってきたフレーバーセレクトのヒーターが故障、どんどん家の中から優秀なデザインのブラウン製品がなくなっていくのが寂しい、な。今はバルミューダがいいね。

BRAUN https://br-time.jp/about/

 

人造大理石とクルミのキッチン。

今日の現場。家具の師匠、工房丹の川上さんにお願いしたクルミ材のキッチン、天板は人造大理石でジョイントを強力に接着中、このあと研磨して出来上がり。最近は天板の先端を薄く見せるスッキリした形状にデザイン、今回は人造大理石そのものの厚さ十三ミリ。ステンレスの時は限界の六ミリにする。節ありでワイルドな表情のクルミがきれいです!

 

磯崎新さんの本を読む @湘南T-SITE

プリツカー賞を受賞した御大、磯崎新さんの本でお勉強。一冊目が「国家の建築」という主題で二冊目は国立問題から建築家の役割について、磯崎さんの文章はとにかく難解なので分かるまで反すうする。現在、磯崎さんは沖縄に住んでるんですって、なんかヒントをもらった気がする!

建築家・磯崎新 https://www.bbc.com/japanese/47466992

今日もピクニック @葉山の一色海岸

朝のうちに現場回りしてからアラジンのレッドチェック水筒にコーヒーを入れてお弁当を買ってピクニック。六月になると雨、水無月になると暑すぎるからピクニックは今、なのです。鳥の声と波の音を聞きながら本を読んでウツラウツラ、お昼寝。もうすぐアジサイの季節です、シトシト雨もわるくない!

快晴の鎌倉 @春

気持ちのいい一日でした。スワニーに生地を買いに行ったら女性たちで満員、レジ待ちがすごかった。結局、お目当て無しで大町四つ角の和菓子屋さんでみたらし団子を買って退散。

「旅」の本 @岡本仁さん

鎌倉駅西口にあるたらば書房で見つけた岡本仁さんの新刊「マタタビ」ではなく「また旅」。「旅」とつくタイトルの本に弱いんだな。岡本さんの優しい文章と印象に残る写真がとてもいいんですよ、夫婦でと言うよりもひとりでブラッと「旅」に出たくなる、そんな本です!

BOSEのスピーカーが復活 #2

家を建ててもうすぐ二十年、窓が透き通ってスピーカーが復活して気持ちがいいです。閑じゃないのでお仕事してますが、映画を見る楽しみが出来ました。相変わらずレンタル屋さんで借りてくるアナログ派ですが、インターネットでダウンロードするのも便利なんでしょうね。壁に吊っているスピーカーは十センチほどと小さいのですが業務用アンプのおかげで大迫力、暮らしに「音」って大事ですね!

まちの社員食堂 @お昼ごはん

ボクの体はカレーで出来ている。和尚さまがこさえた「恵温カレー」をいただきました。ちょっとピリッと、柔らかなチキン、旬のタケノコがシャキシャキと春の食感が素敵です。浄智寺のお庭で竹がニョキニョキしていましたが自家製のタケノコですね。おいしかったぁ、ごちそうさまでした!

まちの社員食堂 https://kamakura-shashoku.machino.co

満開のオルレア。

快晴の鎌倉、秋に種が地面の落ちたオルレアが盛大に満開。ポットで植えたものより、種から育ったオルレアは茎も太く背いも高くたくましいですね。自然の生命力を感じる立夏です。

BOSEのスピーカーが復活 #1

家を建ててもうすぐ二十年、オーディオ機器のアンプが壊れていろいろ物色していたのでした。今時はブルートゥースやら超多機能になって大きさが肥大化して棚に入る機種が見当たりません。そこで、中古の安い小型アンプを手に入れました。機能は単純で音を出すだけの業務用アンプ。スピーカーケーブルに繋げて映画の音を出したらものすごいパワーにビックリ、さすが業務用。あらゆる物がインターネットに繋がるって、必要ですかね?

BOSE 1705Ⅱ https://probose.jp/wp-content/uploads/2015/03/1705ii_spec.pdf

3M™Scotchtint™を貼り替える。

家を建ててもうすぐ二十年、大きなガラスに貼っていた飛散防止のフィルムが紫外線で白く濁ってしまったため朝から貼り替え、二時間半ほどの作業でした。お値段は九万円ほど。二十年間の進化はすごくて、紫外線透過ゼロ、日射熱が半減の遮熱効果、夜間の防虫効果そして飛散防止となかなかの優れものです。

3M™Scotchtint™ http://www.mmm.co.jp/cmd/scotchtint/professional/about/index.html

立夏、職人さんはお仕事。

黄金週間さいごの日は立夏。日差しが強くて紫外線がすごいですね、ちょっとベスパを乗っただけなのに腕が赤いです。職人さんに祝日は関係なし、現場の状況に合わせて頑張ってくれ感謝するばかり。二階のリビングルームが臨時の家具工房と化しております。頑張れ、師匠!

ピクニック @葉山の一色海岸

快晴のこどもの日、アラジンのレッドチェック水筒にコーヒーを入れてベスパで葉山の一色海岸に行ってピクニックです。森戸海岸のダブルサンドウィッチでカジキマグロをはさんだグリルドアヒサンドとひよこ豆のお団子と野菜がたっぷり入ったファラフェルサンドを買っておひるする。鎌倉の海とちがって松の木の木陰があるのがここのいいところ、お昼寝にピッタリ。

Double Sandwich https://macaro-ni.jp/13786

六本木でコーヒーブレイク @国際文化会館

前川國男、坂倉準三、吉村順三さんが共同で設計した国際文化会館、なんと贅沢な建築のカフェでひと休み、ボク的に穴場中の穴場。坂倉さんがデザインした椅子でコーヒーブレイクするっていいですよ。ここはカリカリのシュークリームがお目当て。ナイフとフォークで食べる、これが超難関なのだよ。ボクは上を手でつかんでクリームをつけていただく、下だけナイフを使うとうまく食べられる、試しにやってごらん、難しいよ!

国際文化会館 https://www.i-house.or.jp/facilities/tealounge/

麻布十番でおひる @更科堀井

○と□、温と冷、麻布十番の創業寛政元年「更科堀井」のかけそばともりそばなり。ボクは出汁を味わうために必ず○と□を注文して味見する、今日は○を注文しているのはボクだけでした。

更科堀井 https://www.sarashina-horii.com/about/

白金でお買い物 @YAECA HOME STORE

ヤマモトヨウジさんのドキュメント、見ましたか。服が与えてくれる力、コレクションのテーマで苦悩する姿から形作る過程、そして完成した充足感は「衣」と「住」はおんなじだなと感じました。きょうは結婚記念と誕生日を兼ねて、日頃のご愛顧で奥ちゃんのおともで白金のヤエカホームストアー。このお店は住まいのような佇まい、欲しいものを伝えないと出てこない敷居の高さ。心地よい空間がそんな緊張感もいいなと思わせてくれます。展示してあるもの、家具はすべて売り物、ただし値札はなし。正直に「いいですね、これはおいくらですか」と聞くことが肝心、慣れると買い物が楽しくなりますよ。今は春夏用薄手のデニムと白いシャツがおすすめです。

YAECA http://www.yaeca.com

黄金週間の鎌倉 #3

ロングトラックフーズのアイスが絶品、販売者を見たら「ランドスケーププロダクツ」、あれ、岡本さんかな?製造者は鹿児島の花の木冷菓堂、やっぱり岡本仁さんでしょ!レシピはお菓子研究家の福田里香さんとランドスケーププロダクツだそう。すっごく美味しいよ、食べてごらん!

mikaned http://www.nikoand.jp/uni9ue_sense/1383/

LONG TRACK FOODS https://longtrackfoods.com

黄金週間の鎌倉 #2

快晴の鎌倉でノンビリお散歩してラスカルでフォー。今日は「かにとトマトのフォー」と「ハルマキ」でお腹いっぱい、でタップリお昼寝!

↑PAGE TOP