森ヒロシ建築設計所

close

ブログblog

アンティーク家具のある家

神奈川県鎌倉市の建築家が書いたブログです。

銭洗い弁天の近くでアンティーク家具がたくさんある家の設計をしています。1階は和室以外は土間のまま、ここに茶箪笥や階段タンスなど6棹を配置する間取りです。天井は梁を表しにして2階の床板が見えている古民家風のデザイン、外部と内部に使う建具も古材を調達します。問題はどこまでコストを抑えられるか、古材を使うことで敷居・鴨居をつくるのに手間が出ますので心配です。とてもコスト管理の難易度が高い設計で今から涙目です。

↑PAGE TOP