森ヒロシ建築設計所

神奈川県・鎌倉の建築家 森ヒロシ建築設計所

「食べる・はたらく・遊ぶ」家

屋根にのぼると江ノ島が見える高台にあり、北側は松林の谷になっている敷地。これを生かすために松林を望む北に吹き抜けのあるダイニングを配置しリビングとキッチンをつなげました。リビングの大きなガラスの木製引き戸はすべて引き込めるようにして広いデッキと一体となる空間にしました。2階の子供部屋は壁をつくらず造り付け家具で仕切り、ダイニングの吹き抜けに面して回遊できるようにして子供たちの気配が1階に伝わるように設計しました。 内部の仕上げは天井と壁はしっくい塗り、床はナラ材で床暖房を入れています。柱や枠はすべて国産の杉材です。

建築面積:55.06㎡ 延床面積:104.57㎡ 1階:55.06㎡ 2階:49.51㎡
大人2人+子供3人(その後、もう1人増えました!2013年一部リフォーム)

リビングとフラットにつながるデッキ
リビングとフラットにつながるデッキ

建具屋さんが製作したガラス戸はすべて引き込まれ、
戸袋からは木製の網戸が出てきて、
フルオープンでデッキとつながります。

ダイニングルーム
北側の松を取り込んだダイニングルーム

大きなガラス窓はペアガラス、通風は障子のある窓から取っています。
階段の壁には大小ののぞき窓、ブックエンドをつくりました。
 

夕方のダイニング
夕方のダイニングルーム

リビングルーム
リビングルーム

リビングとつながるダイニングとキッチン。
左の太い柱はケヤキの大黒柱、床は無垢のナラ材、壁と天井は白いしっくい塗り。

一段下がったキッチン
一段下がったキッチン

リビング側から座れるようにキッチンの床を一段下げました。
子供の勉強コーナーになるアイランドキッチン。

キッチンの収納
キッチンの収納

正面にある食品庫の引き戸を開けたところ。
3枚の引き戸を閉めると中を隠すことができます。

床暖房されたキッチン
床暖房されたキッチン

床は濡れても大丈夫なように床暖房対応のタイル貼り。

ダイニングの上は吹き抜け
ダイニングの上は吹き抜け

1階のリビング・ダイニング、キッチンと2階の子供室をつなげる吹き抜け。
どこからでも子供たちの気配が伝わります。

吹き抜けと階段
吹き抜けと階段

吹き抜けに面した階段、上り下りするときも楽しく!

リビングとつながるデッキ
リビングとつながるデッキ

FRP製の格子に囲まれたデッキでランチ!

 

屋上に出るスライドする窓
屋上に出るスライドする窓

2階から階段を上ると周辺で一番高い展望台が現れます。

 

江ノ島が見える屋上
江ノ島が見える屋上

耐久性を考えて屋上の壁は屋根と一体につくり、木のデッキ部分は取り替えられるように切り離しました。

 

玄関の門
玄関の門

庭の目隠しと同じデザインで門扉、錆びない亜鉛メッキした鉄とFRP製の格子で
製作しました。外灯、表札、チャイム、ポストをきれいにレイアウト。


↑PAGE TOP