森ヒロシ建築設計所

神奈川県・鎌倉の建築家 森ヒロシ建築設計所

HOME

「木の家」をデザインする。
国産材の杉材と白い漆喰で家づくりをしている鎌倉の建築家です。

風土にあった「日本の家」「普段着の家」を職人たちとつくる家づくり。豪華な家ではないけれど、長持ちするシンプルな素材を選んだ家、家族が持っている暮らし方を反映させたコンパクトな家。目立たず出しゃばらず、そ〜っと以前から建っていたかのよう地域に馴染む家をつくりたい。その上で超!格好良くつくる。

余白のある「木の家」に暮らす。
家の設計というのはやりすぎてはいけないと思っています。装飾的すぎるのではなく、どこか「白い余白を残した暮らしの場」。だから木の家も、さまざまな種類の木材を使って素材感を主張するのではなく、さりげなく木の質感がいかされたようなほうがいい。やっぱり「家族が暮らす場」ですからね。ちょっと物足りないぐらいで、「暮らす人の個性」を受け入れる余白が必要だと思っています。ものが少なかった昭和の暮らしみたいに、シンプルなんだけど何か満ち足りているような幸せ感がある木の家。そんな暮らしのあたたかさのようなものを現代の家で表現していきたいですね。
      
鎌倉・逗子・葉山・藤沢・茅ヶ崎・平塚・大磯・小田原・秦野・横浜・川崎、東京、このほか埼玉、千葉、静岡、長野、宮崎で設計してきました。赤いmini やでっかいBike、近くは歩き、自転車、Vespa、あるときは超特急新幹線、旅客機で元気に飛び回っております。(H.M)

森ヒロシ建築設計所TOP